プリウスとインサイトの比較

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


プリウスとインサイトの比較

プリウスとインサイトの比較

ハイブリッドカーの中で、最初に人気を二分したのはトヨタのプリウスとホンダのインサイトです。
皆さんが一番興味を持っているトヨタのプリウスとホンダのインサイトを比較しました。

車種 プリウス インサイト
グレード L G
全長(mm) 4460 4390
全幅(mm) 1745 1695
全高(mm) 1490 1425
ホイールペース(mm) 2700 2550
トレッド前(mm) 1525 1490
トレッド後(mm) 1520 1475
室内長(mm) 1905 1935
室内幅(mm) 1470 1430
室内高(mm) 1225 1150
車重(kg) 1310 1190
最小回転半径(m) 5.2 5.0
排気量 1797 1339
パワートレーン 直4DOHC+モーター 直4SOHC+モーター
エンジン最高出力
(kW[ps]/rpm)
73[99]/5200 65[88]/5800
エンジン最大トルク
([N・m[㎏-m]/rpm)
142[14.5] 121[12.3]/4500
燃料タンク容量(L) 45 40
モーター最高出力
(kW[ps])
60[82] 10[14]/1500
モーター最大トルク
(N・m[㎏-m])
207[21.1] 78[8.O]/1000
バッテリー種類 ニッケル水素 ニッケル水素
個数 28 7
容量(3時間率)(Ah) 6.5 5.75
10・15モード燃費(km/L) 38.0 30.0
JC08モード燃費(km/L) 32.6 26.0
ステアリング形式 ラック&ピニオンン ラック&ピニオンン
サスペンション(フロント) ストラット ストラット
サスペンション(リア) トーションビーム トーションビーム
ブレーキ(フロント) ベンチレーテッドディスク ディスク
ブレーキ(リア) ディスク ドラム
タイヤサイズ 185/65R15 175/65R15
ホイール 15×6Jアルミホイール スチールホイール
エアバッグ 運転席+助手席+
前席サイド+カーテンシールド
運転席+助手席
ABS EBD付きABS&
ブレーキアシスト
EBD付きABS&
ブレーキアシスト
横滑り制御 S-VSC オプション
ヘッドライト プロジェクター式ハロゲン プロジェクター式ハロゲン
ドアミラー サイドターンランプ付き オプションにも無し
ナビゲーションシステム オプション オプション
スマートキーシステム 運転席のみ オプション
価格(税込・万円) 205 189

プリウスとインサイトのオススメ

傾向として、インサイトよりプリウスの方が1ランク上のクラスの車となります。
サイズや排気量、装備や品質感などは、プリウスの方が上です。

その代わりインサイトは、プリウスよりコンパクトで軽量ですし、スポーティー感がプリウスより上です。
若くて後席は時々しか使用せず、スポーティーさを求めるのであればインサイト、オールマイティーで後席の利用も多く、上質感を得たいのであれば、プリウスをオススメします。

プリウスとインサイトのコストパフォーマンス比較

プリウスとインサイトの一番下のグレードで比較しましたが、プリウスの方が装備も良く、価格も16万円ほど高い設定になっています。
一見するとインサイトの方が安くてお得な感じがしますが、実際に装備の差とオプション価格を調べてみると、驚く結果となります。

インサイトにプリウスで標準装備されている「スマートキーシステム」「VSA(ABS+TCS+横滑り制御)」「前席サイド+カーテンシールド」をメーカーオプションで付けてみると、驚くことに「2,189,250円」となり、プリウスの205万円よりも約14万円も高くなります。

さらにプリウスはアルミホイールが標準ですし、サイドターンランプ付きのドアミラーも標準装備です。
となると、コストパフォーマンスで比較すると、プリウスの方が圧倒的に上であることがわかると思います。

スポンサードリンク