ハイブリッドカーのデメリット

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


ハイブリッドカーのデメリット

ハイブリッドカーのデメリット ハイブリッドカーには、ハイブリッドカーならではのデメリットが存在します。
現在はメリットの部分にばかり目がいきがちですが、デメリットも確認しておく必要があります。
しかし近い将来、ハイブリッドカーのデメリットは研究開発や量産化により解決されてくると思います。

ハイブリッドカーは機構が複雑である

通常のエンジン車と比べると、モーターや発電機・バッテリー・その他関連する制御装置が装備されます。
このため機構が複雑になり、また新開発の機構が多くなるので、故障の原因や確率も高くなる可能性があります。

ハイブリッドカーは車両本体価格が高い

機構が複雑であるので、当然車両本体価格が高くなります。
通常モデルとハイブリッドカーの価格差と、実際に消費する燃料費の節減分の価格をトータールに比べないと、トータールコストは下がらない可能性もあります。
しかし最近では、量産化によるコストダウンが進んでいるので、10万円程度のプラス価格で購入できる日が来るかもしれません。

ハイブリッドカーは車両重量が重い

モーターや発電機も重量がかさみますが、ハイブリッドカーでは大容量のバッテリーを搭載するので、通常のエンジン車より車両重量が重たくなります。
重たくなると言うことは、当然燃費にも影響しますので、色々な部品の軽量化が必要となっています。

ハイブリッドカーはラゲッジスペースが狭い

モーターや発電機はエンジンルーム内に収まりますが、大容量のバッテリーのスペースが必要となります。
当初からハイブリッド専用で開発されたモデルでは影響は少ないですが、実際にレクサスLS600hなどのトランクルームを見ると、ビックリするほど狭くなっています。
今後は、軽量コンパクトなバッテリーが開発されることで解決される可能性があります。

ハイブリッドカーは運転が楽しくない

ハイブリッドカーはエコカーのイメージが高く、スポーツ性を求めるタイプの車は一般的に少ないです。
そのため、ハイブリッドカー購入者からは「運転が楽しくない」などの感想も聞きます。
しかし2010年にはホンダがスポーツハイブリッドのCR-Zを発売する予定なので、ハイブリッドカーで運転を楽しむ日も間近だと思います。

スポンサードリンク