初代フィットハイブリッドの評価

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


初代フィットハイブリッドの評価

初代フィットハイブリッド ホンダの初代フィットハイブリッドを実際に購入した方の評価内容を公開いたします。

「満足度」の点数は、愛車の満足度を100点満点評価です。
「次の乗り換え」のパーセント値は、次にハイブリッドカーに乗り換える確率です。

この評価内容は、アンケートサイトで情報投稿された内容ですので、あくまで参考としてご覧ください。

投稿者
よっしー様 (2011/2/4)
年式グレード
2011年式 GP1
年間走行距離
9000km
市街地燃費
16.5km/L
平均燃費
16.5km/L
高速燃費
16.5km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
95%
良かった点
当然のことではあるが燃費がガソリン車に比べ格段に善いと言う事だと思います。
それからホンダ独自のシステムを搭載したナビゲーションシステムがあり、これが自宅のパソコンと連結しているため、点検日や各種パーツの交換日なども家に居ながらにして判ると言うシステムである。(インターナビ・プレミアム・クラブ)
これまでに乗っていたフィット(5年もの)と比べ、視界性も上がっており安全面にかなり気を配った車に仕上がっていると感じております。
アイドリングストップもあり、地球に優しい仕上がりになっている。
なお掲載した各燃費が同じなのは、現在鳴らし運転中であることに起因します。
悪かった点
ホンダのハイブリッドはトヨタなどとは趣向が異なるのではないかと感じます。
いかに低燃費で速く走れるかがこの車を作ったコンセプトではないだろうか?
そのような感じが強く感じられる車ではないだろうかと思う。
以上のことから低燃費をトヨタ「プリウス」などと比べると到底敵わないだろうと思う。
また、アイドリングストップに慣れるまで止まる度に少々戸惑うと思う。
また上り坂などはアイドリングストップがあるために、サイド合わせをしないと下がってしまい、後続の車にぶつかる可能性もあるので、ここのところはユーザーそれぞれが慣れる必要がある。
投稿者
よっしー様 (2011/6/13)
年式グレード
2011年式 GP1
年間走行距離
900km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
17.8km/L
高速燃費
16.8km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
さてさてやっと慣らし運転も終わりそろそろ回転も上げたくなるところ。
慣らしの間はどう言う訳かチョイ乗りが多く、あまりいい燃費ではありませんでしたが、各部品の当たりも取れてきたのでしょうか、燃費も少しずつ上向きになっております。
そろそろハイブリッドの本領発揮と言うところでしょうかね。
エコモードをセレクトすると、停車するたびにアイドリングストップするので、停車で燃費が下がることがないのがいいですね。
またホンダ独自のハイブリッドは、エンジンへのアシストと言う意味が強いと思います。
低回転でもそこそこスピードが出ます。
それと標準装備のナビを選択し導入したら携帯と連動してて、電話を手にすることなく会話が出来ます。この辺は素晴しい!!
悪かった点
最初、何も知らずトヨタのハイブリッドのイメージである程度走り出したら、後は電動になりもっと燃費が伸びるのかと思っていましたが、チョット違いました(^^;
ホンダはホンダの良さを出したハイブリッドです。
他のメーカーとかは違う発想で作られておりますので、それを理解した上で購入を考えられると善いと思います。
だから別に悪いところと言う風な書き方はちょっと違うと思っています。
今後ハイブリッドを導入しようと考えている皆さんは、それぞれのメーカーの車を研究しバンバン試乗してから決められたら良いと思います。
投稿者
さみや様 (2011/10/12)
年式グレード
2010年式 プレミアムナビセレクション
年間走行距離
30000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
17.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
通勤
満足度
75点
次の乗り換え
50%
良かった点
まずなんと言っても一番は燃費の良でしょう。
フィットはガソリン車も在るため比較が出来るので、良いと思います。
あまりハイブリットハイブリットとハイブリット感を全面に押し出した感じが嫌いだったので、スタイル的にも満足しています。購入時の減税等も良かったですかねぇ。
ホンダのハイブリットはエンジンが主なので。乗り味は普通車とあまり変わらないと思います。
特に気を使う事も無いですし、至って普通のエンジン車と変わらないとですねぇ。
悪かった点
まずは思ったほど燃費が伸びなかった事ですかねぇ。30km/Lなんて夢のまた夢ですねぇ。
グッズをいろいろ試してますが、なかなか簡単にはあがらないですねぇ…運転方法等秘策が在れば教えて欲しいです。
後はホンダのハイブリットはエンジンが主なので、ハイブリット車って言う実感が薄いです。
知人が乗っても気付かない事が多いです。それが少し残念でもあります。
また出荷台数が多いので街に溢れているのも、すこし残念です。本体価格も高いです。
投稿者
ぴーちゃん様 (2011/10/16)
年式グレード
2011年式 スマートセレクション
年間走行距離
7000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
21.5km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
以前は2000ccのガソリン車に乗っていました。
この車は都市部郊外に住んでいた時に購入しましたので、居住当時はさほど燃費の悪さを感じませんでした。
しかし、都市部に引っ越すことになり、同じように乗っていましたが、信号待ちが大変多くなり、結果燃費の悪さが際立つようになりました。
郊外ではリッターあたり10km程度だったのが、都市部では7km程度となり、維持費もかかることからハイブリッド車に買い替えをしました。
買い換えた感想は、2000ccの時とは違い走りに余裕があまりなく、出だしのもたつき感や馬力不足は否めませんが、それ以上に燃費が約3倍になったことから、給油回数も1カ月に2回(60リッタータンク)から2カ月に1回(40リッタータンク)になり、経済的にも負担が軽減されました。
結果的には、ダウンサイジングで若干物足りなさは感じるものの、買い替えをして正解だったと思っています。
車にもエコ運転を促すティーチング機能が付いていますから、習慣的にあまり車に負荷のかからない運転をするようになりました。
これからは、どんどんハイブリッド車が開発されて、もっと燃費の良い車が登場すると思います。
次に買うのは10年後位になろうかと思いますが、またハイブリッド車を買いたいと思います。
悪かった点
2000ccからのダウンサイジングで、出だしや加速時の際、若干のもたつき感やトルク不足を感じます。
また、車内が狭くなったこと、荷室が狭くなったことに不満を感じます。
ホンダのフィットハイブリッドを買いましたが、値段を抑えるためか内装の質がいまいち高級感を出しきれていません。
シフトレバーやサイドブレーキは革製ではなくウレタン製で、安っぽく見えます。
以前の車はこのような装備は標準で革製であったことから、値段を抑えた分はこういうところに現われているのだなぁと思いました。
これで標準装備であれば、また違った感想になったかと思います。
投稿者
なぎ様 (2012/1/24)
年式グレード
2010年式 ナビプレミアムセレクション
年間走行距離
5000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
山梨県
運転状況
通勤
満足度
98点
次の乗り換え
50%
良かった点
ゆっくり走れば、それ相応に燃費が伸びる。
坂道などでアクセルを踏み込むと、モーターアシストがあり、十分なパワーが得られる。
燃費を向上させる走りもできれば、モーターパワーを使ったトルクフルな走りもでき、どちらも満足できるため走っていて楽しい。
フィットの場合は、サスペンションも引き締められていて、不快な揺れも無し。
前席も後席も広く、ラゲッジルームも十分と、日常的な使い勝手は申し分ない。
これ一台で通勤からレジャーまで何もかもができてしまう。よく出来た車だとつくづく思う。
ナビプレミアムエディションの場合、全席はシートヒーターが装備されるが、これがまた大変優れもの。寒い冬はとても重宝する。
これもハイブリッドで大きなバッテリーを積んでいる恩恵である。
悪かった点
装備をたくさんつけると購入価格が高くなるが、これはどの車にも当てはまることなので、一概に悪いとは言えない。
悪いところがなかなか見当たらないが、挙げるとすればこの車を購入時点では、リモコンスターターがオプションで選択できなかったこと(今は可能 だが)と、4輪駆動が選べないこと、後輪がディスクブレーキではない(必要十分とは言え、少々さみしい)ことくらいか。
またノーマルで乗るには良いが、車が趣味で改造するとなると、ちょっと異質な感じがしてしまう。
投稿者
Mr.J様 (2012/1/28)
年式グレード
2011年式 ---
年間走行距離
10000km
市街地燃費
17.5km/L
平均燃費
18.5km/L
高速燃費
20.5km/L
都道府県
熊本県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
99%
良かった点
2000ccからの買い替えですが、渋滞時でも17km/L位なので財布に優しく大助かりです。
先日、1泊旅行で熊本から岡山方面へ行きましたが、1100km位走って60L使わなかった事に驚きました。
車体価格が割高!?って言われますが、総額で185万(地デジナビ・ETC含)なので価格面でも不満は全くありません。
悪かった点
1300ccだからかもしれないけど、パワー不足は否めないです。
加速は悪く、特に高速道路走行時、115km/h以上出す時は相当アクセル踏み込んでるかと思います。
プリウスならばそういう事は無かったかもしれないですね。
カタログでは30km/Lと記載されてるが、実際に30km/Lいった事は2.3回あるかな!?
投稿者
よっしー様 (2012/2/6)
年式グレード
2011年式 DAA-GP1
年間走行距離
8000km
市街地燃費
16.0km/L
平均燃費
15.0km/L
高速燃費
17.0km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
65%
良かった点
環境に優しい。この一言に尽きるでしょう。
それから、最近の車ではハイブリッドでなくても、停車時のエンジンオートストップ機能が付いている物もありますが、以前乗っていた車はそうではなかったので、停車する度に、無駄な燃料消費だと考えていました。
ハイブリッド車には当然付いているエンジンオートストップ機能は、財布にも環境にも優しい機能だと思います。
また。スピードメーターの照明の色の変化で、燃料の消費量が無駄かどうか判るので、不要な踏み込みが少なくなりました。
メーカーの考え方の違いで、同じハイブリッドでも作り方が違いますが、ホンダのハイブリッドは完全に電池だけで走るものではなく、エンジンをアシストすると言う考え方なので、走行時にプリウスが抱えているような無音走行(街中では人に気づかれずに危険)ではないので、安心です。
そう言う機能の車なので本当に微妙ですが、ガソリンスタンドに行く頻度も下がりました。
悪かった点
車種によっては、思ったほど燃費が伸びない・・・。
現行のハイブリッドで言えば、どの車種がと言いにくいですが・・・・。
ハイブリッドに乗ったからと言って絶対的、圧倒的に燃費が伸びるかと言えば、それはそうではありません。
つまり、ハイブリッド車に乗っても、その車に応じた運転の仕方に合わせない限り燃費は伸びてくれません。
ハイブリッドを導入、購入して、さて費用対効果はどうなのかと言えば、燃費のいいガソリン車に負ける車もあります。
高い買い物をして採算が取れるまで乗り続けることは、難しいと思います。
つまり、費用対効果を考えるのであれば、ハイブリッドだけを眼中に入れるのではなく、燃費のいいガソリン車も射程内に入れて考えるべきなのかも知れません。
投稿者
エラヤッチャ犬蔵様 (2012/4/7)
年式グレード
2012年式 GP2
年間走行距離
10000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
山形県
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
100%
良かった点
やっぱり、給油回数がハイブリットにする前に比べ、半分になったことです。
原油高でガソリン代はばかになりませんが、さほど気にする必要がなくなりました。
インターナビ仕様では、燃費情報が毎日インターネットにアップされます。
燃費順位を確認し、上位に食い込む様な運転をする楽しみ、CO2削減量もネット上で確認できますので、環境に貢献している実感。
そして何よりも、運転にゆとりを持てるようになりました。
急いで運転しても結局、信号で停止して差ほど先へは進めません。
だったら、環境にやさしい運転を実施して、ガソリン代も節約した方がいいと思えるようになり、赤信号なのにスピードを出している人が愚かにみえます。
悪かった点
毎日の燃費を気にするあまり、アクセルを踏み込めずに、後続車をイライラさせてしまうこともしばしばあります。
ハイブリットでも運転の仕方で燃費には相当差が出ます。
初期に加速では、それらを気にかけずに運転をしても、あまり燃費に影響しないように進化して欲しいものです。
投稿者
メキシコパーマ様 (2012/7/16)
年式グレード
2011年式 ---
年間走行距離
30000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
23.2km/L
高速燃費
29.4km/L
都道府県
東京都
運転状況
ドライブ
満足度
35点
次の乗り換え
3%
良かった点
燃費が良い。車内がとても静か。
アイドリングストップのお蔭で、渋滞などの運転中でもガソリンの消費が少ない分ストレスも少なくなる。
マフラー音、エンジン音もとても静かなため、夜中に住宅街を走っていても気兼ねがしない。
お出かけの際もガソリンを気にせず走れるのはとても心強い。
山中に入ろうが、ガソリンスタンドのなさそうな田舎を走ろうが、変な心配は一切ない。
ハイブリットカーはすべて燃費計が付いているので、燃料の計算をしながら走れる。お出かけの計画・計算も立てやすい。
悪かった点
すべて電子って感じで車としての面白みが一切ない。周りに同じ車がたくさん走っているので、車への愛情が薄くなってしまう。
燃費が良いと言っても、しょせんアイドリングストップの力が大きいだけだと感じてしまう。
なぜなら、高速走行のときは、アイドリングストップ効果は関係ない上、ハイブリットバッテリーはただの重りのようなもの。
軽量のフィット(ハイブリットではない)での高速走行時と、燃費が対して変わらなかった。
ただの燃費優先カーのため、走りに特化していないのはわかるが、マフラー音も聞こえなければ、エンジン音すらない。
あまりにも寂しすぎる。他のスポーツカーが走行しているのを見ると悲しくなってしまう時が多々ある。
特に個性もなく、誰でも運転出来てしまい、足としての価値以外なくなってしまう。
その結果、アフターパーツを付けることもなくなり、車としての面白み、その他の広がりもなくなっていってしまう。
こんな車ばかりがチヤホヤされていつのだから、車業界が衰退していくのは当たり前だ。
ハイブリットカーでも、初代ホンダインサイトみたいな変態カーを作ってほしい。
フィミリカー用だとしても、車を愛せるコンセプトを打ち出した車を作ってほしい。 MTも用意してほしい。
投稿者
ぴーちゃん様 (2012/7/17)
年式グレード
2011年式 スマートセレクション
年間走行距離
7000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
90%
良かった点
フィットハイブリッドに乗り換えて1年少し経ちました。
乗り始めの頃は、2000ccからの車からの乗り換えでしたので、力不足や走りに若干の不満もありましたが、徐々に車の特性をつかんで行き、燃費が伸びて行くのも楽しくなって、フィットハイブリッドに乗ること自体が楽しくなりました。
乗り始めの頃は、どうやって燃費を伸ばして行っていいのか分からなかったのですが、自分なりに試行錯誤をして、ホンダのハイブリッドの特性をつかみ、燃費が伸びる運転の仕方を身に付けました。
お陰で、都会の街乗りメインですが、街乗りでも25km/Lの燃費が出ることもあります。
ちょっとしたバイパス道路を走れば、30km/Lの燃費も出ることもあります。
これもメーター表示の燃費なので若干の誤差はあるかと思いますが、それでもいい燃費が出ているのではないかと思います。
知らない人はよく「ホンダのハイブリッドはモーター走行は出来ない」と勘違いしていますが、モーター走行も可能です。
トヨタのハイブリッド方式とは異なりますので、長距離走行は出来ませんが、モーター走行は出来ます。
ただし、条件があり、速度が「30~50km/L」程度で、アクセルワークを良くして、バッテリーの充電が出来ている状態なら、モーター走行は短い距離ですが出来ます。
街乗りで燃費を伸ばそうと思うなら、このモーター走行は非常に役立つ部分です。
距離にしてたったの1km程度ですが、充電を繰り返して、モーター走行を多用すれば燃費は確実に伸びます。
去年はその甲斐があって、以前の車で7km/Lだった燃費が21km/Lまで伸びました。
今年はまだ1500kmの走行ですが、燃費は23.5km/Lの燃費が出ています。
この調子で、燃費を伸ばす楽しみをしながら、安全運転をして行きたいと思います。
悪かった点
私はこの10年間で車を新車で3台買い換えました。
最初は平成14年式スバル・インプレッサスポーツワゴン20Nでハイオク仕様のNA車でした。
この車は街乗りメインで、燃費が6~7km/Lでした。
次に平成21年式のスバル・フォレスターXSで、購入当初、郊外に住んでいましたので燃費は10km/L程度は出ていましたが、都会に引っ越ししてから7km/L落ち込み維持費がかかる事から車を2年で買い換えました。
そして現在乗っている平成23年式ホンダ・フィットハイブリッドスマートセレクションを買いました。
燃費は予想通り改善されましたが、2台続けて2000ccの車に乗っていた事から、馬力のなさには非常に不満を抱きました。
ストップからスタートする際、以前なら力がありましたのでスムーズに発進出来ていたのが、エコカーという事もあり燃費重視のセッティングをしていますので、出だしのもたつき感は何とも言えないぐらい、もたもたしたもので、ストレスを感じました。
高速を走行していても、上りになると急にスピードダウンして進まなくなります。
燃費を気にしなければアクセルを踏み込めばそれなりのスピードと馬力は出せるのだとは思いますが、何せメーターの色が変わって、「エコ運転していませんよ」というように青く光りますので、どうしてもメーターの色や燃費を気にして、踏み込めないのがもどかしい時があります。
全体としては出来のいい車だと思いますが、燃費重視で走るとどうしてもゆっくりした走りしか出来ないのが、弱点でしょうか。
まあ、安全運転できていると思えばそれでいいのでしょうが、たまに前に乗っていたインプレッサの走りを味わいたいという衝動にかられることもあります。
今は慣れてしまいましたが、馬力がもう少しあればなあと思うような車です。
ハイブリッドカーに買い換えて、唯一この力の無さが不満点です。
投稿者
まる様 (2013/1/17)
年式グレード
2012年式 ---
年間走行距離
25000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
17.5km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
80%
良かった点
通勤で使用しておりますが、年間約25000km走行する為、燃費重視のハイブリッドにしました。
(1) モーターのお蔭で、低速トルクがあり、発進時の加速が良い。
(2) アイドリングストップが有り、無駄な燃料を消費しない。
(3) 燃費が良い。 少し遠出をすると、23km/L以上は確実にいく。
(4) エコカー減税のお蔭で、安く購入出来た。
悪かった点
バッテリーが無くなると、坂道でも走行充電を行うので、一気にパワーが無くなる。
バッテリーが無くなっても、走行充電は行わず、回生するまでは走行充電はしないようにして欲しい。
また、ブレーキ時に、回生が終わるとブレーキが抜ける感じがして、再度、踏み足しないといけない。まー、仕方ないかな。
カタログ燃費より、67%程度であり、80%前後に近くなうように改善して欲しい。
投稿者
和美様 (2013/5/31)
年式グレード
2011年式 ---
年間走行距離
12000km
市街地燃費
16.0km/L
平均燃費
17.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
香川県
運転状況
街乗り
満足度
99点
次の乗り換え
99%
良かった点
環境に優しい車という意識で、無理な運転は決してしない。
アイドリングストップで、無駄なガソリンは使わない。
ブレーキはなせばすぐスタートすることが出来る。裏切らない。
電源を別に積んであるから、バッテリー上がりを気にしなくて良い。
普段使いでも少し燃費がいいが、遠出すればこれで本当かという燃費。
軽を走らせるより食わないで走れる。
悪かった点
ふんわりスタートをする習慣が、坂道の山間部などではまったくパワーを感じないです。
アイドリングストップも前車が中途半端に停車するといったとき。
渋滞ぎみでブレーキ踏んで減速かけいったんエンジンストップしてても、一回ブレーキ離すとエンジン再動、もう一回ブレーキ踏みなおして完全停車してもかかったままでとまらない。
ハイブリッドだから、バッテリーの寿命時の交換が怖いです。
投稿者
iso様 (2013/9/6)
年式グレード
2011年式 ---
年間走行距離
7000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
新潟県
運転状況
郊外走行
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
燃費とパワーの両立です。
普段は燃費良く、踏めばパワフルな感じが最高です。
モーターターボ??見たいな感じです。
静かさもありますし、ホンダのハイブリッドは値段もあまり高くなく割りと広く最高です。
燃費が良いといっぱい走りたくなってきます。
ただ、ハイブリット全てにおいて言えるのですが、ギクシャク感があります。
がギクシャク感はある程度慣れます。
悪かった点
ハイブリット全てにおいて言えるのですが、ギクシャク感があります。
特に発進時に感じます。
走っていてのギクシャク?も感じますが、発進時が一番出ますね。
がギクシャク感はある程度慣れます。
高速での燃費がもっと上がるといいな。
アイドリングストップ時にエアコンが止まって送風はちょっと辛いです。
今のアコードやフィット3代目ハイブリッドと比べると全てが古くなってしましました。
家電的ですね。
でも、この車はこの車でいっぱいいいところあるので、ずっと乗っていきたいです。
投稿者
あおいちゃんのパパ様 (2013/10/21)
年式グレード
2010年式 ナビプレミアム?
年間走行距離
20000km
市街地燃費
12.0km/L
平均燃費
15.0km/L
高速燃費
9.0km/L
都道府県
宮城県
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
90%
良かった点
とりあえず他の人とおなじは嫌だったのと、通勤、ドライブ等を快適に過ごせるようになりました。
エンジン始動時セル特有のキュキュキュが無いので、エンジンをかけるときも静かで深夜や朝方も気にしなくていいです。
最近おとなしめに運転してるんですが、おとなしく運転してもハイブリッドに乗っている優越感?みたいなものが多少あって全然イライラすることがなくなりました。おかげで燃費も素晴らしく向上しました。
パドルシフトもたまにマニュアル気分を味わえるので好きです。
最初からグリル、ヘッドライト、バックライトもカスタムのようなライトブルーってのもお気に入りです。
悪かった点
アクセルのつきが悪いので、発信時に加速時にイライラすることがあります。
嫁がエスティマハイブリッドに乗っているので、フィットハイブリッドはなんかモーターアシストが弱いと言われる。
フィット3ハイブリッドのモーターが、自分の車の倍の容量になってショックでした。
最近、発進時、アクセルオフからの加速時にガクガクなることが出てきました。
以前から多少あって我慢していたのですが、ネットで調べると同じような事例がいくつも有りディーラー様でコンピューターの書き換えをしてもらいました。
エスティマハイブリッドもそうなんですが、メンテナンスに無駄に手間がかかるような印象を受けてます。
それと今更ながらカスタムに目覚めたのですが、ハイブリッド車だからでしょうか?カスタムパーツの特に吸気系、排気系のパーツが少ないので自分でちょいと加工しないと流用できなかったりすることが多々有り、色々と諦めたりしないとならないところもマイナス点です。
今は燃費向上と走りを両立させるべくガナドールのマフラーと
零1000チャンバーを加工して付けています。フィーリングはなかなか良いです。
投稿者
ヤマノススム様 (2015/12/23)
年式グレード
2011年式 ---
年間走行距離
11000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
滋賀県
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
60%
良かった点
燃費がガソリン車に比べ良いところ。
モーターのトルクで低速の加速が良く運転が楽にできます。
内装・外観がノーマルと違ってい、て少し先進感が味わえて、長く乗っていても優越感があります。
運転の仕方によってエンジン・モーターが自動で切り替わりモニターで確認できるので面白いです。
エンジン音が静かで等でしていても、あまり疲労感がないと思われ快適だと思います。
トータル的に以前乗っていた2000ccミニバンの2倍以上の燃費と動力性能も同等ぐらいあり、とても良い選択だと思います。
悪かった点
購入して最初はわからなかったが、年数がたってきたのかエンジン・モーターの切り替えのショックが気になるようになってきたのが少しギクシャク感が感じられ、そこがハイブリッドの欠点かなとも思います。
また電池の寿命がいつまで持つのか心配です。
エアコン使用時と冬場の燃費がガタ落ちになり、良い季節と悪い季節の差が大きすぎるのが、もう少し何とかならないかと思います。
燃費対策なのかアクセルレスポンスが悪く、スロコン取り付けて解消しています。
またバッテリー・モーターによる車重の増大によるハンドリングの悪化が感じられ、車体軽量化をもっとしてほしかったと思います。

スポンサードリンク