2代目プリウスの評価

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


2代目プリウスの評価

プリウス(2代目) トヨタの2代目プリウスを実際に購入した方の評価内容を公開いたします。

「満足度」の点数は、愛車の満足度を100点満点評価です。
「次の乗り換え」のパーセント値は、次にハイブリッドカーに乗り換える確率です。

この評価内容は、アンケートサイトで情報投稿された内容ですので、あくまで参考としてご覧ください。

投稿者
J・K様 (2009/10/7)
年式グレード
2003年式 S
年間走行距離
16000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
26.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
鹿児島県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
100%
良かった点
とにかくガソリンの消費量が激減しました。
自分の場合、毎日片道33kmの国道を通勤しているのですが、信号で停止するポイントが2~3カ所しかなく、また通勤時間帯が朝6時台と夕方7時台のため流れが非常に速いため、燃費が向上する要素が揃っているようです。
以前は2400ccのイプサムで、燃費はリッターあたり12km行けば御の字でしたので、この燃費向上はありがたい限りです。
またいざという時には加速も鋭いので、不便はありません。
悪かった点
乗り心地があまり良いとは言えず、また軽量化優先で剛性が犠牲になっていると感じるときがよくあります。
自分の車はマイナー前車両ですので、特にリア周りの剛性が決定的に不足しています。
走行距離が10万km近いために各部のガタピシ音も増えており、時間を見つけては手を入れているものの、なかなか改善せず残念な思いをしています。
また、85000km走行時にダンパーは交換したのですが、新しいダンパーにヤレたボディがついていけない、という感じのようです。
SEV等のグッズで改善すれば良いのですが。
投稿者
ごちたぬき様 (2009/10/12)
年式グレード
2009年式 S-10thアニバーサリー
年間走行距離
20000km
市街地燃費
21km/L
平均燃費
25km/L
高速燃費
24km/L
都道府県
新潟県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
95%
良かった点
燃費が良いところ。ガソリン満タンで1000kmは楽勝。
装備が充実(クルーズコントロール、キーフリー、ライトオートコントロール、HDDナビ、HIDなど)
室内は意外に広いです。
ハッチバックは開口部が広いので荷物の取り出しなど便利。
悪かった点
やはりモーター走行に切り替え時のぎくしゃく感があるところ。
高速走行時はそれほど燃費が伸びない。
走って楽しい車ではない。
もう少し荷室が広い(長い)と良かった。
車とは関係ないが、ディーラー整備のレベルの低さ(取りつけの悪さ)
投稿者
はるお様 (2009/10/31)
年式グレード
2003年式 G
年間走行距離
12000km
市街地燃費
25km/L
平均燃費
23.5km/L
高速燃費
21km/L
都道府県
大阪府
運転状況
郊外走行
満足度
97点
次の乗り換え
98%
良かった点
機構が先進的(ギヤが遊星歯車、電動エアコン、フライバイワイヤ、自動車庫入れ、キーレスエントリー、ボタン始動)。
音が静か(とまっている時にエンジンがかからないので静かのはわかるが走行中も、最低限のエンジンしか回さないので通常はとても静か)。
燃費がよい(結果として、通常の車に比べてとても燃費がよい)。
運転していて疲れない。
燃費を上げるゲーム感覚が楽しい。
9万キロを超えてもまだまだ乗れるタフで、足回りが結構へたらないところ。
空気抵抗が少ないので、高速でも安定している。
悪かった点
運転していて盛り上がり感や面白みや官能的ではない。
補助バッテリー(12V)が高い(室内用のため)。
フルアクセルにすると音ががさつになる。
もっとボディ剛性があればと思う。
いかんせん室内空間は狭い。
エンジンがかかるときのぶるっとする振動が激しい。
スタイルがもっとよければと思う。
吸音材が少ないためか、エンジンがかかっているときは静かでない。
投稿者
koyaさん様 (2009/11/7)
年式グレード
2005年式 Gツーリング
年間走行距離
8000km
市街地燃費
19km/L
平均燃費
20km/L
高速燃費
18km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
なんと言っても、燃費のよさです。
今まで乗っていた車より格段燃費がよく、ガソリンのメーターが全然減らず、給油回数も減り、お財布に大変優しく助かっています。
それと、エンジンがかかっていない時の、静けさは最高です。
モーターのみ走行はとても気持ち良く、今までに味わったことの無い感覚で感激しビックリしました。
それと、環境にもいいことなので、現在の社会状況にマッチしていて大変よろしいかとも思います。
環境にいいことをしていると感じられることも、運転していて◎です。
悪かった点
悪かったところ 燃費ですが、とても良いのですが、カタログの数値には、全く届かず、少し期待外れでした。
少しでも燃費えお伸ばそうとすると、運転に気を使わなければならず、少々ストレスがたまります。
モーターでの走行時は歩行者になかなか気付かれず、注意が必要なところは?です。
システムのコストが掛っているせいか、室内の作りが安っぽいのが気になります。
また、同じ排気量の車に比べると割高なのが難点です。
いくら気燃費がよくても元をとることはできないと思います。
もう少し安くなるといいのですが。
投稿者
今 一人様 (2009/12/3)
年式グレード
2006年式 Sセレクション
年間走行距離
13000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
29.0km/L
高速燃費
25.5km/L
都道府県
埼玉県
運転状況
ドライブ
満足度
85点
次の乗り換え
97%
良かった点
毎週 遠出する私にとって、燃費がダントツに良く、毎月のガソリン代が1/3になったところが最大の良かった点です。
次に、走行時の静かさ。音楽を聴くとき、今までは走行時の騒音でボリュームを上げないと聞こえなかったり、強弱の弱の部分が聞こえなかったりしていたのですが、普通に走っていて静かに音楽が楽しめることです。
第三に 後部座席を倒すことにより、172cmの私が足を伸ばして寝られること。
おかげて、今年の夏北海道を一週間もぶらり旅することができました。
悪かった点
一番の弱点は、トランクの横幅が狭いことです。ゴルフ好きの私にとってゴルフバックを二つ積め難い。
二つ目は、スタートダッシュの加速がイマイチ(良くすると燃費が悪くなるのかな?)。もう少し加速の力が欲しい。
三つ目は、エンジンのある前部が重い性なのか、前輪のタイヤが後輪のタイヤと比較してかなり摩耗が早いので、小まめに定期的にタイヤのローテーションをしなければならない事です。
投稿者
kazuma様 (2009/12/6)
年式グレード
2004年式 Gツーリング
年間走行距離
8000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
熊本県
運転状況
通勤
満足度
15点
次の乗り換え
5%
良かった点
最初は乗っている人も少なく、ものめずらしさで購入しましたが、すぐに飽きてしまい購入した事を後悔していました。
しかし、ここ最近のガソリン高騰の際は買ってよかったと実感しました。
でも、やはり乗っていて面白い車が欲しいと思う事もありますが、再び転勤になって通勤にクルマを使用せざるをえない状況となり、ガソリン代を考えるとハイブリッドで良かったのかなぁと考えております。
まぁ、良かったところは、率直に言えば燃費のみですね。
悪かった点
今まで乗っていたクルマが、運転を楽しめるクルマであり、サーキット走行等も楽しんでおりましたが、上記に書いた様に物珍しさで購入しました。
日常のアシとして考えれば、これ以上のクルマは無いと思いますが、やはり物足りない事この上ないです。
アシと遊び用で、2台以上のクルマを所有できるくらいの経済力があれば別ですが、次回ハイブリッドを購入する可能性は非常に低いです。
あと、カタログ値と比較すると燃費が悪い。
ハイブリッドでなければ、10・15モードと同等の燃費で走れますが、ハイブリッドでは非常識なくらいの走行をしなければとても無理です。 満足度 = 15
投稿者
ごーちゃん様 (2009/12/9)
年式グレード
2005年式 Sセレクション
年間走行距離
15000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
一番の気に入りは、大阪ー横浜の移動にガソリンの残量を気にしなくてよくなった点です。
年2~3回横浜の実家に帰りますが、前の車では高速道で補給を必ずしていました。
石油会社につとめていたので、会社のブランドのスタンドを目指して、走らなければいけないといった、精神的な縛りもあって、苦労していましたが、今は全くなくなりました。
前の車のときは、月々の請求が2万円でしたが、今は1万円と半減しました。
月々、まとめた請求で、燃量代の減少を実感しています。
悪かった点
瞬時燃費が表示されるので、燃費がいつも気になってメータを見ながら走ることが多くなった。(わき見運転の時間割合が増えた。)
また、燃費のいい状態をキープしようと、加速・減速が緩くなって、後続車からせかされるようになった。
ガソリン補給をするときに、トータルの燃費を見て、今回の走りは良かった、悪かったと思い、今回こそ最高燃費が出るようにと意識が向いてしまう。
改善意識が燃費に向かうのは、普段はいいが、運転中はあまり感心できないと思う。
投稿者
ハイド様 (2009/12/12)
年式グレード
2007年式 S10thアニバーサリー
年間走行距離
8000km
市街地燃費
21.5km/L
平均燃費
22.4km/L
高速燃費
23.2km/L
都道府県
奈良県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
電気走行ができるのが一番の醍醐味です。
なにより、ハイブリッドに乗ることで、いい人に思われる。
運転しだいで、燃費をさらに伸ばすことが可能である。(停車時からエンジンを掛けずにスタートし、ある程度のスピードにのるまでエンジンを使用する。そして、周りのスピードにのる事ができたら、よくいう滑空を使用する。)
これらを、うまく使うことで、燃費のいい、静かな運転が可能になります。
なにより、すぐにプリウスとわかるスタイリング、これがいいですね。
悪かった点
電気走行を多用してしまうと、みるみるうちにEVバッテリーがなくなってしまいます。
そして、冬場の暖房使用時はどうしてもエンジンが常にまわるので、普通のガソリン車に近いぐらいの燃費になってしまいます。
エンジンのパワーが少し弱いため、急な坂道などはエンジン音が少しうるさいです。
そして、空力を極めるスタイルのために、少し後席が狭い。(特に、後席のヘッドクリアランスが無い)。
売れすぎてしまったので、街中にあふれてきたことが最も、つらいところです。
投稿者
masterpiece?様 (2010/1/9)
年式グレード
2006年式 Sセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
愛知県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
先代のプリウス・ツーリングセレクション(タイヤ16インチ仕様)に乗っております。
コンスタントに20km/L以上走ってくれる非常に優秀なクルマです。
また走りについても、ボデー剛性の弱さは軽量化の為、致し方ない部分もありますが、車両トータルでの走る・止まる・曲がるはまずまずといった所、また初代プリウスとは異なりバッテリー残量不足に伴うエンジン出力制限などもなく、動力については、まず如何なる場面においても不満ないと思っております。
一番気に入っている点は、ハイブリッドカー故のスタートダッシュの速さの点ですかね。
モーターのトルク感はかなりのものがありますよ!!
悪かった点
まず、ハイブリッドカーにとっては宿命ですが、エンジンが休止する状態になった際にどうしても他の音(ロードノイズ・風きり音・モーター音)が気になります。
また、現行プリウスは改善されている様ですが、冬場の燃費悪化が非常に残念です。
温度低下に伴いエアコンを使用した場合に水温維持の為、エンジンが休止できずに稼動し続けてしまいます。
こうなると燃費は、楽に20km/Lを切ってしまい、限りなく10km/Lに近づいてしまう事すらあります。
その他にも細かい事をあげれば何点かありますが、良かったところに比べれば、あまり気にならないですね。
投稿者
N様 (2010/1/11)
年式グレード
2007年式 Gツーリングセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
20.5km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
茨城県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
モーターで走るクルマは遠い未来に登場するものだと思っていたのですが、それが現実に発売され、自分で操作できることです。
モーターで走行する領域のアクセルの感覚を身につけ、先を読んだ運転をしたり、エネルギーモニターを見ながら燃費を伸ばすことが楽しくなったり、という新しいクルマの楽しさを発見できたと思います。
また、近頃は減税等の優遇措置によって世間からの認識が高まったことで、プリウスに乗っていることで注目を浴びるようになった点も挙げられます。
悪かった点
モーター走行時に静かすぎて、周囲の歩行者に気づいてもらえないことです。
特にハイブリッドが出始めの頃は、世間にもそういったクルマがあることの感覚が少なく、ひやっとした経験は少なからずあります。
また、スポーティに走れるクルマが選べないのが難点です。
MTでもハイブリッドの恩恵にあずかれるようなクルマが出てくると嬉しいです。
そうすることで、モータースポーツの世界も大きく変わってくるし、環境負荷も減らせると思います。
投稿者
たかしーま様 (2010/1/13)
年式グレード
2006年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
街乗り
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
日産シーマ(V8)からの乗り換えだったのですが、室内空間もシーマとほとんど変わりなく、後席が狭いということもありませんでした。
パワーに関しても思ったよりモーターの力があり、市街地の加速では必要十分といった感じです。
また走行中の騒音(エンジン音・タイヤの音・風切り音)は非常に静かで快適といえると思います。
そしてなんと言っても燃費の良さには驚きました!
一度乗ったら普通のガソリン車は乗れなくなります。
悪かった点
個人的には不満ではないのですが、プリウスやインサイトのハイブリット車らしい形が苦手な人も多いようです。
室内だと余り気にはならないのですが、プリウスのエンジンのガラガラ音はイマイチだと思います。
もっと振動が少なく滑らかに静かに回るエンジンだといいのですが・・・。
正直これ位しか悪い所が無いです・・・。
投稿者
市倉 諭様 (2010/1/24)
年式グレード
2004年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
11.0km/L
平均燃費
15.5km/L
高速燃費
17.0km/L
都道府県
群馬県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
やはり燃費がほかのクルマと比べて断然にいいところでしょう。
ガソリンスタンドに行く回数も、今までは週一だったのが、月2回で済むようになったこと。
他にはモーターで走行している最中は、車内に騒音や振動がこないこと。
一番面白いのが、パーキングアシストという車庫入れや縦列駐車の際にクルマが勝手に車庫入れをしてくれるところですかね。
初めて使ったときは自分が操作しないで入っていくから、正直不気味に感じましたが、今はもう車庫入れや縦列駐車が楽しくて仕方ありません。
悪かった点
やはりハッチバックのスタイルですかね。
一応リヤシートが畳めて大き目の荷物は入りますが、ワゴンと比べると思ったほど積めません。
ワゴンボディでハイブリッドなら、もっとよかったかもしれません。
他には街中で加速したときにエンジン音が無いため、外の人が殆ど気がつかないこと。
これはやはり神経を使いますね。
あとは私だけかもしれませんが、シフトレバーがショボいところですね。
投稿者
fifteen様 (2010/1/27)
年式グレード
2004年式 S
年間走行距離
25000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
良いですよー ハイブリッド。というかむしろプリウスがいい。
「購入して」とのことですが、まずは実は自分で選んで購入したわけではないことを申しておきます。
今乗っております20型前期プリウスは私の祖父が購入したもので、偉い渋い色にナビなしのジジイ仕様です。
フォグランプもリアワイパーもない所は実は後々感謝した。
買いはしたが、不摂生がたたって車に乗る体力を失った爺様に代わって私が乗っております。
まずこれだけ話題の車に乗っていられることに誇りを感じますね。ちょっとミーハーやけど。
それにもましてプリウスが本当に良く出来ていること。これに尽きる。
THSの制御、動力分割機構の動作、車としての挙動。知れば知るほど良く出来ており、博識なプリウス乗りの方とオフ会でお話していますと関心し通しです。
世界を制した車、どれほどの出来かお確かめ下さい。
悪かった点
悪かったところといわれても、もう愛してるから悪いということにはならないんですよ。
そりゃ足回りは良くないかもしれない。でも普通に走れるぜ?(TRDのサスに換えたけどな!)
そりゃエンジン音もヘボイかも知れない。でも割と静かだしあんまりエンジン掛からんぜ?(TOM'Sのマフラーに替えたけどな!)
そりゃエアコンかけたら20km/Lしか走らないかもしれない。高速走行も苦手かもしれない。冬は燃費も冬の時代かもしれない。でも短距離競技なら40km/Lとか50km/Lとかバンバン出るぜ?(最近燃費は極道だがな!)
アレですが最近のプリウス乗りもパーツメーカーもなっとらん。
ルーフスポイラーとか何で進んで空力悪くしてんの?バネ下重量軽くしたらn倍燃費良くなるかボケ!
昔はプリウス乗りは自分たちがマイノリティであることを自覚し、誰にも作ってもらえないなら自分でパーツ作る!というようなハングリーな気概があった!
新型乗ってる人にはもっと勉強してもらって、更なる高みを自らの手で目指してもらいたい。
投稿者
hide様 (2010/1/28)
年式グレード
2007年式 S
年間走行距離
5000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
京都府
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
95%
良かった点
なにより静かなこと。深夜帰宅 早朝出発でも回りに気兼ねなく走らせることができる。
あたりまえのことであるが、燃費がよい 満タンで1000kmはいける。これは驚異的なことだ。京都から蓼科を往復してもまだまだ余裕だ。
驚くことに いつエンジンからモーターに、またモーターからエンジンに替わったか全くわからない。
スムーズそのものでごく自然に移行している。すごい技術だと思う。
とにかく 運転が エコ運転がたまらなく楽しい。
悪かった点
燃費が思ったほど伸びない。バッテリーの経年変化か。でも ガソリン車とは比較できないほどよいが。
大きい電池を積んでいるから当然だけれど車体が重い。駆動用の電池はうまく動き続けているが 車内灯などの電池の能力は不足だと思う。
走行距離が少ないときは充電不足になるようだ。バッテリーあがりで新品に換えた。
投稿者
プリプリ様 (2010/2/3)
年式グレード
2009年式 10thアニバーサリー
年間走行距離
20000km
市街地燃費
22.6km/L
平均燃費
21.1km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
香川県
運転状況
帰省
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
妻の実家(片道105km)まで、週一で帰省しています。
お義父さんの介護で毎週通う必要があったので、1年前に思い切ってハイブリッドカーにしました。
もちろん燃費目当てですが、月に2万5千円くらいかかっていたガソリン代が1万円を超えなくなりました。
これは素直に良かったと思います。
悪かった点
納車が2009年3月でしたが、発注契約は2008年10月でした。
この時点では新型プリウスの発売時期は分からず、2代目も納車半年待ちでしたが、納車時にはすでに新型が発表されており、4月にはエコカー減税も始まるなど、納車タイミングが少し悪かったです。
もっとも、納車1ヶ月後にはディーラーから10万円のキャッシュバックがありましたが(さすがに申し訳なく思ったようです)。
投稿者
はやて様 (2010/2/5)
年式グレード
2003年式 Gツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
東京都
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
80%
良かった点
とにかく、燃費が良いです。 以前の車だと、街乗りで平均8Km/L走れば良かったのが、プリウスに変えたら平均20Km走るようになった。
また、燃費を気にして走るようになったおかげで、地球に優しい運転が出来るようになった。
あとは、燃費が良いのでガソリンを入れる回数が激減して家計もエコになった。
最後に、スマートなフォルムに近未来的な内装やシステム、以外にパワーがあり発進時や高速でも同じ3ナンバーセダンと遜色なく走る。
悪かった点
モーターで走行中は静か過ぎて怖いです。
特に、住宅街を走行しているときや夜間はかなり注意しながら運転しています。
あと、峠など走行しているときは少し不安定かなと感じます。
また、後ろは非常に見ずらいです。なれないと、車線変更などは怖いです。
最後に、同じ車を街でよく見かけるので新鮮味がないです。
投稿者
YASU様 (2010/2/7)
年式グレード
2005年式 G
年間走行距離
20000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
18.0km/L
高速燃費
19.0km/L
都道府県
広島県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
90%
良かった点
クラウン170系からの乗り換えです。
やっぱり燃費が倍近く伸びたことが、メリットの最大点だと思います。
次に、今まではエアロを付けたり 19インチに変えたり マフラー、車高調等を取り付けてましたが、プリウスに乗り換えてからは一切その様な事にお金を費やすことがバカバカしくなり行ってません。
これも、私自身 家庭に取ってもメリットでは無いでしょうか。
年間20000キロも走るので、燃料費も考えれば家庭にはプラスだと考えます。
悪かった点
クルマを今まで、一つの個性としてイジってましたが それをしなくなる事で、クルマ(プリウス)は、移動のためのアイテムとしてしか考えることが出来なくなってます。
新プリウスはスポーツモードなるものも付いてると聞いてますが、遊び心を持ったクルマを購入すれば良かったかなと、たまに思うことも有ります。
投稿者
ハンニバル様 (2010/4/5)
年式グレード
2006年式 Sツーリングセレクション
年間走行距離
5000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
20.0
高速燃費
25.0km/L
都道府県
埼玉県
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
100%
良かった点
※父親の車ですが、しょっちゅう(自分の車とほぼ半々の頻度)借りて乗ってる為代理で投稿させて頂きました。
やはり燃費の良さに限ります。
以前父親が乗っていた1500カローラと比べ、市街地中心で10km/Lだったのが約倍の20km/Lととてもお財布に優しい車です。
あまり高速乗りませんが、それでも前車の15km/Lと比べ25km/Lと大幅に向上してます。
それと停車中はアイドリングストップのおかげでとても静かです。
今の所メンテなどの維持費も普通のガソリン車と同程度で済んでます。
悪かった点
もう慣れましたが、最初は回生ブレーキに戸惑いました。
それと出足の悪さです。
踏めばそれなりに出足はいいのですが、常に燃費を気にしてるので我慢してます。
強めの加速した時のエンジン音はうるさいです。
投稿者
しろうま様 (2010/5/5)
年式グレード
2008年式 10th アニバーサリー
年間走行距離
31000km
市街地燃費
20.5km/L
平均燃費
21.5km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
長野県
運転状況
郊外走行
満足度
98点
次の乗り換え
100%
良かった点
燃費が良いため、1回の給油でかなり乗れます。基本的には満タン(40L程度)にすると、約860km程度走ります。
山間部に住んでいるため、起伏が激しい道でこの燃費はとても良いほうだと思います。
また、上り坂での追い越し等も十分なくらいにトルクがあり、踏込めば即座に車が反応するので、追い越しが楽に行えます。
購入前に思っていた以上に動力性能が高いことに驚きました。
また、これからの季節に必要なクーラーを使用しても、燃費が悪くならないので、とても気に入っています。
悪かった点
悪いと思うところは、発進時に車体重量が重いせいか、グッと踏み込まないと遅い。
燃費を気にするあまり踏み込みがあまいところもあるとは思いますが・・・。
また、夏とは逆に冬はヒーターを入れなければならず、燃費が悪くなるのが残念です。
その他は窓を全開にして走ると、原因不明なのですが、ファンファンというような変な走行音(風切音?ロードノイズ?)が発生し、非常に不快感があります。
天気の良い日には、風を感じながら走るのが好きなので無くなればいいなと思っています。
投稿者
おそれ山様 (2010/6/20)
年式グレード
2005年式 G
年間走行距離
12000km
市街地燃費
26.0km/L
平均燃費
24.5km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
長崎県
運転状況
郊外走行
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
以前乗っていましたのが軽自動車ということもあって、エンジン音自体が非常に静かです。電気走行になると当然ですが、音がなくなります。
走行中、自分の車よりも隣の車のエンジン音が気になることがあるのは、プリウスに乗っている人ならばよくあることではないでしょうか。
信号待ち時にアイドリングがないのもいいです。夏のエアコン使用時も、バッテリーに電気が十分あればエンジンはかかりません。
燃費はカタログほどあればいいですが、実際には25km/Lくらいですが、ほかの自動車に比べれば、かなりいいと思います。
特に中速(40~60km/h)で走行することができれば、30km/Lくらいになります。
整備は通常の自動車と同じで、定期的に整備していれば壊れることはないと思います。
ちなみに、同じ走行距離でも、エンジンがかかりっぱなしの普通の車とくらべ、エンジンの起動が少なくなるため、整備間隔が長くなり、こちらもエコと思います。
高出力のバッテリーは長年乗っていれば劣化し交換するのに?十万かかるようなうわさがありましたが、5年乗っていて異状はありませんし、ディーラーでもバッテリーの劣化による交換はまずないとのことでした。
悪かった点
新しいプリウスは200万を切るタイプもあるということですが、やっぱり同等の車に比べて値段は高いのではないでしょうか。(私のプリウスは310万でした)
燃費がカタログ上32km/Lとありますが、普通の街乗りではまず無理な数字だと思います。
まず、乗り始めの暖機運転はどうしようもなく、エスティマハイブリッドについているような、排気による暖機を行うような機能をつけて、暖機のための燃料消費を抑えるような工夫がほしいと思います。
また、ECUが未熟なのか、エンジン暖機のためか、走行中なんでもないのにエンジンがかかったり、停車中にアイドリングがとまらなかったりしますので、EVボタンで強制的にエンジンをストップさせることがあります。
プリウス固有の問題として、補機用バッテリーが非常に高価です。
普通の車と異なり、車内にあるため水素を抜くため特殊なバッテリーを使っているとのことで42000円しました。
後部座席の座高が低いのは致命的かもしれません。
私のような普通の座高の人でも、後部に座れば頭を傾けないと天井にあたります。
空気抵抗の向上のためやむを得ないのでしょうか。一度バッテリーがあがってしまったのですが、その際、システムを起動させることができないため、ギアを「N」にすることができず、前輪を引っ張ることができず、前輪を持ち上げ牽引されることになりました。
このときも、バッテリーの状態によらず、非常時には「N」にできるようなシステムになっていれば、牽引法を選ばずに処置できたと思います。
投稿者
はるお様 (2010/9/28)
年式グレード
2003年式 G
年間走行距離
12500km
市街地燃費
24.5km/L
平均燃費
23.5km/L
高速燃費
21.5km/L
都道府県
大阪府
運転状況
郊外走行
満足度
96点
次の乗り換え
99%
良かった点
最初は、ミッションの遊星歯車の仕組みや、電動エアコン、200V高電圧系やフライバイワイヤの仕組みなどに興味を持ちました。
実際に乗ってみて、燃費ゲームのような通常の車とは違った運転の楽しさがあります。
燃費がいいことはもちろんのこと、思ったより加速がよく、アクセルに対しての反応がいいのが良かったと思っています。
後は、極力エンジンを動作させないので、停車時など静かな所も気に入っています。
スタイルも最初はいまいちかなと思っていましたが、慣れればかわいくみえます。
家族4人の旅行でも問題なく使えるので、長く乗って行きたいと思っています。
悪かった点
仕組み的には、エンジンが暖まったときに、毎回無駄にアイドリングを行なう所が気になります。
後は、ウォーターポンプが電動でなくエンジン駆動、サスペンションの頼りなさ(荒地でばたつく。)など、今の30型のプリウスで改善されている所は、全て対応して欲しいですね。
運転的には、(トヨタ社らしく?)エンジンの盛り上がり感がなく、ハンドリングの情報不足などがあり、気持ちよくないので、改善して欲しい所です。
後、低速走行時は、エンジンが始動しないのはいいのですが、静かなため路地道での子供の飛び出しには気を使います。
今後は、プラグインハイブリッドに期待しています。
投稿者
モモのとーちゃん様 (2010/9/28)
年式グレード
2004年式 S
年間走行距離
55000km
市街地燃費
29.0km/L
平均燃費
27.5km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
茨城県
運転状況
郊外走行
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なんと言っても燃費が極めて良いことに尽きます。
乗り方や手の掛け具合、気温などで5km/Lから下手をすると10km/L以上も燃費がぶれるようですが、皆さんそれでも大体20km/L以上は走っているようですね。
私の場合は最高が33km/Lで、最低が23km/L位です。尚、いずれも300km以上走行したものです。
マフラーを交換しているため、馬力換算で140馬力を超えており、加速はかなりのものです。
普段は大人しく走っていますが、いざというときは2500ccに匹敵する走りが可能です。
乗り心地は普通ですが、高速での安定性はハイレベルで、160km/h超までは一気に加速します。スタイルも好きなタイプなので満足しています。
悪かった点
コストを抑えるため内装が少しチープですが、それなりに上手く作っていると思います。
但し、ダッシュボード周りはキズがつきやすい素材なので、この点は改善して欲しかったと思います。
また、防音性も全体的に弱く、特に足回り付近がもう少しと言ったところでしょうか。
それと最大のメリットでもある燃費ですが、気温でのブレ幅が大きいので、これがなんとか改善されると格段に良くなると思います。
収納スペースや室内スペースは特に不満はないと言ったところです。
投稿者
ペガサス様 (2010/9/29)
年式グレード
2007年式 1.5G
年間走行距離
7000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
街乗り
満足度
70点
次の乗り換え
85%
良かった点
良かったところとしては、やっぱり燃費が良いと言うのは利点だと思います。
あまりガソリンを入れに行かなくて良いのは嬉しいもので、ガソリンを入れる作業って意外と面倒なんですよね。
スタンドへ行く、ガソリンを入れる、セルフだと天候が気になるし、フルサービスだと店員が面倒だし・・・加速も良くて静かにグングンとスピードが伸びるのも爽快な感じで、スポーツカーのような感じでは無いけれども排気量の大きな車のゆとりのある加速感は気持ちが良いです。
悪かった点
まずは購入当初の値段が高かったこと。総額で300万円近くを払っていますから同クラスの車より100万円近くも多く支払っている。
100万円分のガソリンで何キロ走れるの?的な疑問はいつもあります。
なかなか慣れないのはブレーキ。コントロールが効き難いので踏めばガツンと効くし・・・バッテリーへ電気を戻してくれるのは嬉しいし楽しいんだけどもう少しコントロール性を高めて欲しい。
静かならトコトン静かに作って欲しかった。最初の出足は静かだけども、少しアクセルを踏むとエンジン始動。新車の頃は気にならなかったエンジン始動の感じも古くなると振動、音とも大きくなりがちで気にはなります。
もっと音を消しても良いんじゃないかな。もしくは心地よい音にチューニングして欲しかった。
タイヤが安く、音、振動、全てにおいて欠点を大きくしていたので、静かなタイヤに交換をしたらすごく良くなったので、最初から良いタイヤを付けておいて欲しい。
投稿者
三木 幸様 (2010/10/28)
年式グレード
2008年式 Gセレクション
年間走行距離
20000km
市街地燃費
7.5km/L
平均燃費
9.4km/L
高速燃費
13.2km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
通勤
満足度
89点
次の乗り換え
90%
良かった点
ガスのにおいが車の中でもあまりしないので、子供がとても喜んでいます。
遠距離の旅行の場合、今まではどうしてもガソリンの補充しなければならなかったのですが、ハイブリッドカーに変えてからは燃費が良いのでそれも解決しました。
ガソリンスタンドに何度も行く必要がないので、遠距離のドライブが好きになりました。
悪かった点
悪いところはほとんどありません。
ただまだハイブリッドカーが広く普及していないので、車検やそのほかの施設で車種を申し出るときに、手続きに時間がかかる時があります。
でもそれも、今後どんどん変わっていくと思っていますので、それほど大きく心配しているわけではありません。
ハイブリッドカーにすることのメリットをもっとほかの宣伝(ネット広告や車情報サイトなど)していってくださることを期待しています☆
投稿者
ハムストリング様 (2010/11/1)
年式グレード
2006年式 Gツーリングセレクションレザーパッケージ
年間走行距離
83000km
市街地燃費
26.0km/L
平均燃費
24.5km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
良かったところ = 昨年12月に2006年製のプリウス20型中古車を購入。
(1) 何よりもハイブリッドカーの本領として、燃費が非常に良い所を確認できた点。
購入時からさまざまの燃費向上対策による向上率としては、平均17.5km/Lだったのが現時点では24.5km/Lに約7%向上。
現時点での燃費満足度は80点
今までの対策とその効果は以下となっております。
・嶋電セットA2
・嶋電アース・マフラー用
この時点では少しトルクアップした感触。
・ネオジウム超!Dタイプ
この時点でもほんの少しトルクアップした感触。
・エコパワーV3
この時点ではトルクアップと共に静電気の発生が抑えられた感触。
・のびー太12V
これは補機バッテリーの長寿命化を図れた模様。
・HV-コンバータ間の14スケア×3本による増設アース(自作製)
この時点でかなりのモータトルクアップと持続性を発揮。
・ファルコン&ネプチューン
現在検証中だが顕著な変化は見られない。
これらを踏まえて、今後も更に燃費向上を図れるように挑戦したいと思っています。
これらの対策結果とすれば、大変良かったです。
自作製のアース増設については、特にお勧めと言えます!
(2) EMV表示と操作により、色々な設定ができる点。
(3) 少々の積雪でもトラクションコントロールが効き、不安を感じさせない点。
悪かった点
・リコールが多かった点。
・装備している時計が電波時計ではなく、普通のデジタル時計であった点。
・Gツーリングの後輪のサスペンションは非常に硬くて、ハンドル裁きが難しい点。
・急勾配では一般のエンジンブレーキとは違う操作方法(Bモード)にする必要性があり、その切り替えに伴い乗り心地として変な感触を受ける点。
・高速道路の延々と続く上り勾配では、パワー不足を感じる点。
・冬の高速道路で大量降雪によりフォグランプは覆い隠され、全く機能を発揮しなかった点。
・冬の高速道路で大量降雪によりHID下部が覆い隠されてライト下側が減光してしまい、視野が狭まり非常に危険を感じた点。
・サブウーハーを設置すると車両のアース不良により、オーディオラインからブレーキ制動装置(ABS制御)の動作音を拾ってしまい「クゥウウーン」が聞こえてしまう点。
投稿者
リック様 (2010/11/23 )
年式グレード
2007年式 S
年間走行距離
20000km
市街地燃費
27.0km/L
平均燃費
23.0km/L
高速燃費
24.0km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
とにかく燃費がよく、もう燃費の悪い車には戻れない。
自分の運転次第で燃費が変わるので、低燃費を意識して走ることができる。
静かであること。
モーター走行の時静かでオーディオがよく聞こえる。
アイドリングがない。
加速が意外とよくモーターアシストを強く感じる。
ブレーキをかけたとき回生ブレーキでモーターによって充電されてるときのおとがかっこいい。
後ろの形が好きである。故障が少ない等。
悪かった点
音が静かすぎて危ない。もっと遮音をしてほしかった。
内装が安っぽかった。
乗っている人が多く差別化が難しい。
プリウスにもGTウイングの社外エアロがほしい。
冬に燃費が悪くなる。
ハンドルが小さい感じがして、重たい。後方がとても見にくい。
バッテリーがリアにあるので、弄るときはプリウスに対応してるのかいちいち確認するのがめんどくさい。
投稿者
ペガサス様 (2011/4/11)
年式グレード
2007年式 1.5G
年間走行距離
7000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
街乗り
満足度
70点
次の乗り換え
85%
良かった点
ガソリンの入れる回数が少なくて済むのは、金額的なことよりもガソリンスタンドへ行きガソリンを入れる手間が掛からないことのほうが大きい。
きっと電気自動車になれば、もっとそのようなことは思うようになると思う。
もちろんガソリン代が掛からないことも良いことの一つだと思うが、購入した当時は込みで300万円近くしたのでガソリン代を先払いした感じで、今新しいハイブリットを買うよりもお得感は少なかった。
悪かった点
購入した当時の値段が同クラスの車に対してものすごく高かったこと。
ガソリン代を先払いしている感じで金銭的なお得感は薄かった。
今後のメインテナンス費用も不安でバッテリー交換などが必要になった際のことを考えると、あまり長くは乗れないかもと考えている。
コストダウンのためには仕方が無いのかもしれないが、タイヤがあまりにも性能が低かったために乗り心地や騒音がひどかった。
うちはタイヤを交換して燃費も良くなり、乗り心地や音もかなり小さくなって快適になったので、最初からそこそこのタイヤにしておいて欲しい。
投稿者
ハムストリング様 (2011/4/11)
年式グレード
2006年式 ツーリングセレクションレザーパッケージ
年間走行距離
16000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
24.5km/L
高速燃費
22.5km/L
都道府県
富山県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
何と言っても燃費が良くて用事がある場合等に、すぐに出かけて目的を達成できることです。
ハイブリットカーは、最初はパワー不足を感じ、それを補うためある改良を加えることにより、それを克服できるようになったので、その後は、一般の車と遜色無く、運転を楽しむことが可能となりました。
そこで、そのある事とはを皆様に報告したいと思います。
それは、ハイブリットカーならではの機能を素直に発揮できるようにする対策でした。
それに気付いたのは、サブウーファー用のオーディオアンプを駆動させるためにバッテリーマイナス端子より、5スケアの配線を直に取った際に、その延長としてエンジンルーム迄に延ばしてアースポイントに接続した後から、高速道路の上り坂で僅かでしたが、背中を押されるパワーを感じたためでした。
その後、溶接用の14スケアのゴムキャップ銅線を、駆動用バッテリーケースのボルトからエンジンルームのコンバータケースのボルト迄に配線したところ、今まで以上にパワーを感じる事が可能になったので、更に同一のケーブルを2本追加しました。
この事により、モーターを使用した時にかなりのパワーを発揮できるようになりました。
皆様もこの方法はあくまでも自己責任を心得た上で実施されましたならば、そのパワーを得られる事と思いますのでお奨めします。
また、雪道ではVSCが働き無駄に空転できないようになっていて、多少深い雪でも安心して運転ができた点も良かったです。
悪かった点
一般車と比較するとやはり価格が割高であることでしたが、片道40kmの通勤に使用する目的でしたので、長年使用する事とすれば、何とか元が取れると考えた結果、購入にいたりました。
残りの問題点は、瞬間のパワーが不足している点と、いわゆる一般道でクルーズを使わない場合である速度を一定に保とうとしても、上り坂または下り坂に際しては、そのアクセリングが一定では無く、加減が必要となって慣れるまでは若干ストレスを感じる事があった点でした。
これについては、ハイブリッドの仕組みを良く考えて大人しく運転するようにすれば、解決できるようになれます。 プリウスはフルコンピューターで動作している車なので、何らかの配線をしようとしても、直付けするポイントが難しくて、この仕様は今時の車としては標準なのでしょうが、その都度、配線図等が必要になった点も挙げられます。
また、吹雪時に高速道路を走った場合に標準のHIDやフォグランプは熱不足となり、そこに雪がベッタリ貼り付いてしまい、前方が認識できなくなる事があって非常に怖い思いをしましたので、高速道路を頻繁に使用される場合には、高熱を発するタイプのライトの方が安心できる事と思います。
投稿者
カルマン様 (2011/4/12)
年式グレード
2009年式 EX1.5
年間走行距離
10000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
宮城県
運転状況
街乗り
満足度
65点
次の乗り換え
30%
良かった点
まず、当然ですがエコカー減税の対象になりだいぶ安く買えたのが嬉しいです。
それにこれも当然ですが燃費が良く財布に優しく、加速は想像以上に良くびっくりしました。
走行音も静かで快適です。バック時エンジンが止まりスルスルっと走るのが感動しました。乗っているだけで、エコなひとに見られ優越感に浸れます。
初期型に比べブレーキを踏んだ時のギクシャク感も改善されており、走る・止まるが非常に楽です。
渋滞にハマっても極端に燃費が悪化しないのはさすがです。
悪かった点
矛盾してますが、やはりガソリン車に比べて静かすぎて物足りないです。
加速も充分なのですが、出だしがちょっと悪い感じがします。
図に乗って高速で飛ばしていると12km前後の時があった(当然か)フルモデルチェンジをしても平行して発売していた旧モデルを購入しましたが、だいぶ値下げしてるとは言え、走り・装備・質感を考えるとやっぱりちょっと高いと思います。
初めてのハイブリッドですが、時代に逆行してると言われそうですが、私は次の買い換え時にはまたガソリン車を買うと思います。
ガソリン車で燃費向上グッズを試しながら走る方が楽しいですし、ガソリン車が動物だとすると、やっぱりハイブリッドカーはロボット的な雰囲気がします。
投稿者
yo様 (2011/4/12)
年式グレード
2004年式 S
年間走行距離
20000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
20.0 km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
郊外走行
満足度
90点
次の乗り換え
80%
良かった点
ブレーキパッドやタイミングベルトなどの長期保有中の交換部品が、13万キロ走行で一切発生しませんでした。
これは予想もしていなかったことですが、運動エネルギーや坂道での位置エネルギーも電力に回生する仕組みのお陰ですし、モーターが負荷の多くを受け持っているからに他なりません。
以前のドイツ車ではありえないことで、パッドは1.5万キロごと、タイミングベルトも7万キロごとに変えたものです。
また燃料代だけでなく、騒音も低めで、遠乗りが気兼ねなくできて、趣味のドライブが30~40年ぶりに復活しました。
悪かった点
遠乗りや長時間ドライブの機会が増えたため、プリウス特有の足回りの弱点や、シートのホールド感の弱さから、ドライブ疲れが以前より気になります。
17年間ドイツのクルマに乗ってきたため、よけいに乗り心地の落差が目立ちます。
高速道路では、70km/hで走るときと120km/hで走るときで燃費の差が大きく、ついエコランをしてしまい、ドライブの楽しみや、早く着くという本来のクルマの機能が若干損なわれていると思います。
そのほか、アトキンソンサイクルの高効率エンジンに期待していたのですが、当初は静かさに感動しましたが、6~7万キロ辺りからノイジーになり、13万キロを超えた今では、弱く頼りない騒音があまり嬉しくありません。
音質も含めてドライバーの期待に応えるシステムであって欲しいです。
圧縮比が13もあるなら、ハイオク使えば少しは音質も変わるものだろうかと疑問を感じています。
投稿者
おそれ山様 (2011/4/19)
年式グレード
2005年式 G
年間走行距離
12000km
市街地燃費
26.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
長崎県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
以前乗っていましたのが軽自動車ということもあって、エンジン音自体が非常に静かです。電気走行になると当然ですが、音がなくなります。
走行中、自分の車よりも隣の車のエンジン音が気になることがあるのは、プリウスに乗っている人ならばよくあることではないでしょうか。
信号待ち時にアイドリングがないのもいいです。夏のエアコン使用時も、バッテリーに電気が十分あればエンジンはかかりません。
燃費はカタログほどあればいいですが、実際には25km/Lくらいですが、ほかの自動車に比べれば、かなりいいと思います。
特に中速(40~60km/h)で走行することができれば、30km/Lくらいになります。
整備は通常の自動車と同じで、定期的に整備していれば壊れることはないと思います。 ちなみに、同じ走行距離でも、エンジンがかかりっぱなしの普通の車とくらべ、エンジンの起動が少なくなるため、整備間隔が長くなり、こちらもエコと思います。
高出力のバッテリーは長年乗っていれば劣化し交換するのに?十万かかるようなうわさがありましたが、5年乗っていて異状はありませんし、ディーラーでもバッテリーの劣化による交換はまずないとのことでした。
悪かった点
新しいプリウスは200万を切るタイプもあるということですが、やっぱり同等の車に比べて値段は高いのではないでしょうか。(私のプリウスは310万でした)
燃費がカタログ上32km/Lとありますが、普通の街乗りではまず無理な数字だと思います。
まず、乗り始めの暖機運転はどうしようもなく、エスティマハイブリッドについているような、排気による暖機を行うような機能をつけて、暖機のための燃料消費を抑えるような工夫がほしいと思います。
また、ECUが未熟なのか、エンジン暖機のためか、走行中なんでもないのにエンジンがかかったり、停車中にアイドリングがとまらなかったりしますので、EVボタンで強制的にエンジンをストップさせることがあります。
プリウス固有の問題として、補機用バッテリーが非常に高価です。
普通の車と異なり、車内にあるため水素を抜くため特殊なバッテリーを使っているとのことで42,000円しました。
後部座席の座高が低いのは致命的かもしれません。
私のような普通の座高の人でも、後部に座れば頭を傾けないと天井にあたります。
空気抵抗の向上のためやむを得ないのでしょうか。一度バッテリーがあがってしまったのですが、その際、システムを起動させることができないため、ギアを「N」にすることができず、前輪を引っ張ることができず、前輪を持ち上げ牽引されることになりました。
このときも、バッテリーの状態によらず、非常時には「N」にできるようなシステムになっていれば、牽引法を選ばずに処置できたと思います。
投稿者
MK様 (2011/4/28)
年式グレード
2005年式 S
年間走行距離
16720km
市街地燃費
27.0km/L
平均燃費
26.2km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
青森県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
以前のように心惹かれるクルマがない今日この頃です。(歳かな?)
それまで12年間乗っていたランクル・プラドからの乗り換えで、冒険のつもりでプリウスにしました。
その結果、燃料代がだいぶ節約できるようになりました。
さらにそれをきっかけに燃費運転やエコについて努力する気持ちを持つようになり、そのことが生活やものの考え方、価値観まで変えたように思います。
悪かった点
ハイブリッドカーはパワフルではありませんし、私の住んでいる青森の冬はエアコン(暖房)が不十分です。(燃費優先ですので一人乗りのときは暖房は使っていませんが(笑))
ハイブリッドでこれですからEVは考えられません。
パワーについては・・・以前はスカGで飛ばしたりランクルでアウトドアしたりとアクティブでしたが、前述したように価値観が変わって、遊び方も変わってきました。
子供たちが手元を離れた今となって、は少し落ち着いてもいいのですが、もうすこしビビッドに走って欲しいときもあります。
エアコン(暖房)については・・・これはメーカーの課題でしょう。
もともとハイブリッドに限らず、寒冷地・積雪地への配慮は改善されないものだと思っていますが、クルマを作る人が自作車で極寒地で数年暮らしてみれば驚くと思います。
ハイブリッドやEVは注目されているだけに、ちゃんとして欲しいと思います。
投稿者
よこまま様 (2011/6/27)
年式グレード
2005年式 S
年間走行距離
5000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
宮城県
運転状況
街乗り
満足度
85点
次の乗り換え
90%
良かった点
約2万キロ走行車を親戚から譲り受けました。
ハイブリッドカーは初めてでしたが、思っていたより乗りやすく出足も良く、装備も不自由なくビックリです。
一番ビックリしたことは当然ですが、ガソリン代が凄く節約出来てます。
ゆっくり走行している時やバックの時エンジンが止まり静かなので、不思議な感覚で、未来の車に乗っている感じが新鮮です。
週末買い物に出掛けた時頻繁に渋滞にはまることが多いのですが、エアコンを入れっぱなしでも極端にガソリンが減る訳でもなく、今までどうして早く購入しなかったのか後悔しております。
悪かった点
ここからは矛盾していることばかりですが・・・。
音が静かで車を運転していると言う感覚がなく多少物足りません。
また、静か過ぎるので歩行者や自転車の方がこちらに気づかず、お互いにビックリすることもしばしばあります。
売れているからしょうがありませんが、街で同じ車を見過ぎます。
ハイブリッドだからと言って過信して高速で飛ばすと、結構ガソリンの消耗が激しいです。
逆に渋滞にはまった方がガソリンを喰いません。
これはハイブリッドと言うよりプリウスだけですが、今まではセダンが多かったので、後ろが見えにくくバックの時見えにくいです。
投稿者
BANBOO様 (2011/7/1)
年式グレード
2007年式 レザーパッケージ
年間走行距離
3000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
ドライブ
満足度
150点
次の乗り換え
100%
良かった点
中古で購入したのですが、結構程度がよくてハイクラスに入るんじゃないかなって思っています。
やっぱり燃費が今までの車と違っていいですね。
ただ、残念なことに私は購入してから1年ほど乗っただけで、昨年の4月から病気で、運転に神経が集中できなくなり運転すること自体が怖くなり、代わりに妻が土日に運転してくれています。
今のところ、高速でもそんなに伸びないんですが、こんなもんなんですかね。
でも渋滞のときとかはEV走行に切り替えたりしているので、そんなに落ちることはないですね。早く、病気を治して運転でるようになりたいなあ。
悪かった点
今のところありません。
少しキズがあったところを直して、ガラスコーティングしてもらいました。10万円余りかかったかな。
自分では中古という感じは全くしなくて、エンジンオイルもバッテリーも購入先で永遠に無償交換してくれるので大変助かっています。
それまでの車イブサムを最高額で取ってくれたので、そこで購入することに決めたのです。
ちょうど、新型プリウスの出る前でしたが、おおよそどういったデザインの車になるかは雑誌等で分かっていたので、自分としてはそれほど変わっていないなあと思っていましたので、偶然その店で展示していたプリウスを見て、妻と一緒にそれに決めちゃいました。
投稿者
マルヘ様 (2011/7/4)
年式グレード
2007年式 アニバーサリー特別仕様車
年間走行距離
15000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
26.4km/L
高速燃費
28.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
郊外走行
満足度
85点
次の乗り換え
95%
良かった点
マニュアル車からの転向でであったが、回生ブレーキの多用は、マニュアル痔でのエンジンブレーキ多用と変わらず、また、回生ブレーキもエンジンもモーターも使用していない状況での走行が、マニュアル時のニュートラルと同じような状況であったため、マニュアル時と同じような運転が出来たため、比較的楽であった。
ヘルニアを患ってから、右足が半分しびれた状況になり、足の裏が痛いので、あまり強くペダルが踏めないが、プリウスは少し踏めば、前に使用していた車より加速するし、良く減速する。
CVTであるので、クリープ現象が小さいので、低速での恐怖心が少なかった。
比較的高価な車であるので、標準設備が整っているので、ライトについては、オートにしておけるので安心。
悪かった点
比較的高価なところ、3代目の方が当初高くなると思ったのに、安くなったこと。
高速での速度を90キロ前後で巡航しないで、100キロ以上の速度を出すと極端に燃費が下がること。
オートエアコンの温度設定が、32度までしかないこと、自分個人としては、35度まであった方が良かった。
また、除湿も付いている方がいいなと思う。
ディーラーオプションのサンシールドに熱戦反射タイプがないこと。
熱戦吸収ガラスでは、ガラス自体が熱くなれば、その熱が車内に伝わり、結果、車内が熱くなるので、もっと夏に対して配慮がほしい。
フロントドアガラスにしてある撥水処理を前面ガラスにもしてほしい。
フォグランプは、ほとんど使わないのでいらなかった。
投稿者
ハムトストリング様 (2011/8/10)
年式グレード
2006年式 Gツーリングセレクションレザーパッケージ
年間走行距離
20000km
市街地燃費
27.0km/L
平均燃費
26.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
燃費は最初は余り良くなくて冬場で17km/L前後でしたが、様々な燃費グッズを取り付けて、且つ、一番良かったのは駆動バッテリーの筺体アースからハイブリッドコンバーターの筺体アース間に14スケアの銅線3本を接続した事によってモーター駆動能力が倍増し、少々の上り坂でも背中を押される感じの加速力を得て、クーラー常時ONでも、現在の燃費を確保できた点です。
今後は更に燃費向上を図りたいため、取り付けていない燃費向上グッズを取り入れて行きたいと思っています。
悪かった点
ハイブリッドカーの燃費が良いのは、運転方法において滑空走行(エンジンもモーターも使用せず現在のスピードを惰性で走行できる機能)が可能となっているため、その切り替え点のアクセスコントロールが非常に微妙で、加えて、道路の走行状況により、無駄なブレーキを掛けずに延々と走行できるように持って行くことなのですが、普通の車は一定のアクセルを保てば、同一速度で走行可能なところを、ハイブリッドカーでは、60km/h以上ではクルーズコントロールを使えますが、それ以下は使えない仕様となっているので、それを一定速度に持って行くには、やはり、アクセスコントロールで切り替えして同一スピード保たなければいけないところです。
よって、逆に、真剣な運転が必要になり、睡魔に襲われることは無いところが、少し救われる点もあります。
投稿者
木原 由光様 (2011/11/1)
年式グレード
2005年式 レザーパッケージ
年間走行距離
3000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
街乗り
満足度
99点
次の乗り換え
99%
良かった点
中古で購入したのですが、やはり燃費性能が、これまで乗ってきた車(トヨタイブサム)より3倍ほど良くなりました。
エンジンをかけた時の音も、全く気にならないほどの静かさで、快適そのものです。
乗り心地も身体にしっくりとしていて、妻も時々運転するのですが、燃料メーターのなかなか落ちないので、びっくりしています。
近頃では、私よりも妻の方がハンドルを握ることが多くなり、遠乗りできないのが残念ですが、私が元気になれば、どこへでも連れて行ってあげれるのが楽しみです。
ハイブリッドはやはり、すごいなあと実感しています。
悪かった点
欲を言うようですが、25km/Lはいくかなあと思っていましたが、私が運転できるようになれば、チャレンジしてみたいと思っています。
それと、これも欲ですが、EV走行が余り出来ないのも残念です。
もうひとつ欲を言えば、アイドリングストップのないことでしょうか。
アイドリングストップは今ではこの種の車であれば、普通に装備されていてもおかしくないのではと思っています。
本当に欲ばかりで申し訳ありませんが、それほど良く出来た車なのではと一人で思っています。
投稿者
白くまジュン様 (2012/6/11)
年式グレード
2003年式 ---
年間走行距離
15000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
60点
次の乗り換え
50%
良かった点
・経年変化が少ない:2003年に購入したプリウスに乗りつづけています。年間の走行距離は1500km程度と少ないですが、購入から8年以上たっていますが外装・内装とも大変きれいです。
・燃費の変化がすくない:驚いているのは、燃費もほとんど変化がありません。東京と神奈川の県境で私が車を使うのは、平日の昼頃が多いので燃費には有利な条件ですが、いまのところ燃費が極端に悪くなるようなことがありません。
・燃費:冷房・暖房を使用する燃費の悪い時期でも16~17km/L走行します。冷暖房を使用しない5~6月には、22km/L程度走行します。最新のハイブリット車よりすこし落ちるかもしれませんが、充分に燃費が良いという実感です。
・安定性:高速走行時は燃費は空いた道をながしているときと比べ、すごく伸びることはないですが、電池の重さのためか?安定して走ることができます。高速では、燃費とともに安定性が良いことが良いことが魅力です。
・静か:アイドリングがストップすると静かです。長く乗っていても疲れない印象です。
・たくさん走っている:古くなっても同じ型の車がたくさん走っているので古く感じないです。
悪かった点
・タイヤがひび割れやすいように思う:2代目プリウスのタイヤは、185/65R15が標準で装着されています。車量重量に対して、少し細いように思います。燃費は良くなりそうですが、3年程でサイドのひび割れが目立つようになってしまい、いままでに2回タイヤを交換しました。
・車両価格が高い:私の場合、走行距離が少ないので燃料の節約分で車両が割安に感じるためには20年以上乗らないと・・・といって笑っています。当然ですが、走行距離がかなり多くないと、車両価格の差額を燃料費の差額でうめられないと思います。
・もっと燃費が良いとうれしい:新しい車の燃費が良くなると、もっと燃費がよければ良いなと思います。
・ナビの調子が悪い:8年たったので仕方ないかな?と思いますが、VICSの受信が不安定で調子が悪いことがあります。Mapのアップグレードとともに、メインテナンス出きるとうれしいです。簡単にできないと言わるのが残念です。
投稿者
ちげ様 (2012/7/16)
年式グレード
2008年式 Gセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
18.1km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
東京都
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
100%
良かった点
燃費がよく、静かなところ。
トヨタで購入したのでメンテナンスも定期的に行い調子がよい。
平均燃費が常に表示されているので、オイルの銘柄をかえたり、粘度をかえたりすると明確にわかるのでおもしろい。
一回の給油で長距離はしれる。
初めてのハイブリッドカーですが、運転の楽しみがたくさん溢れています。
燃費を伸ばすためのエコを意識した運転や、高速道路でのエンジン+モーターの力強い加速など。
悪かった点
インチアップしてタイヤをかえたら燃費が2km/L落ちた。
高速走行をすると燃費が極端におちる、エンジンを回すとうるさい。
モーターで走っていると静かなので、歩行者にきずかれないので危ない。
モーターからエンジンへと切り替わるときのショックが大きい。
モデルチェンジ間近だったので、ナビの基本性能が古く交換しようと思ったら高額になるりました。
それとAピラーが寝てるので、左右の見切りが悪いです。
峠の上り極端に燃費がおちます。
下りは電池が満タンになりますが、最後にクルコンにアイサイトみたいな機能がついていればよかったかな。
投稿者
白くま様 (2012/7/25)
年式グレード
2003年式 ---
年間走行距離
6000km
市街地燃費
18.8km/L
平均燃費
20.1km/L
高速燃費
21.1km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
60点
次の乗り換え
70%
良かった点
(1) ハイブリット車を購入した後にガソリン価格が急騰したので、ハイブリッド車にして本当に良かったと思いました。
それは1Lで何キロ走るという数字の問題ではなく、給油に行く回数が4分の1以下になったことです。
実際に財布からお金を出す回数が激減したことには感激しました。
(2) 2003年の購入ですが、いまでも、春の条件の良い時期は、20km/Lを上回るので燃費で走ることができることに満足です。
もっと早い時期に電池の性能が落ちて、燃費の悪化や電池の交換の必要性が生じると思っていましたが、私のように走行距離が少ない場合は、いまだに電池の性能が低下を実感することは無いようです。
(3) ハイブリッドの電動アシストのためか予想以上に加速性能が良いです。
また電池の重量が車のバランスの低い位置にあるためか高速走行での安定性が良いことです。
エコ走行しているにも関わらず、走行性能が意外に良いことも気に入っています。
(4) 比較的内装がしっかりしていて、長年乗っていても古びた感じがしないのが良いです。
しっかりできている感じがします。
(5) デザインがあまり変わらないうえ、たくさんのプリウスが走っているので、スタイルも古く感じないのも良い所だと思います。
悪かった点
(1) 年間の走行距離が多い年でも1万キロ以下なので、燃費が良いといっても、車両価格が高かった分のもとはとれていないと思います。
特に2代目プリウスは車両価格が高すぎたように思います。
(2) 最近、EVなどさらに走行経済性の高い車がでてきて、買い換えたいけどせめて元をとるまで乗ろうかな?と思うと買い換えの気持ちになりません。
いまの燃費でも同じクラスのガソリン車と比べてまだかなり燃費が良いですから、買い換えたいけどもったいない、ちょっと複雑な気持ちです。
(3) 同じような車が多すぎるように思います。
2代目プリウスも3代目プリウスもたくさんはしていますし、他社のハイブリッドも設計上の問題なのか似たような形をしているので走っていて同じような形の車が多すぎます。
もうすこし、それぞれの車の特徴をもたせた形にして欲しいと思います。
(4) ハッチバックタイプなので、バックの時に後ろが見にくいです。
モニターになれないうちはバックするとき後ろの長さがわかりにくかった。
私の車はバックモニターが付けているのでまだ良いのですが、目視ではなくモニターを見ながらバックするのが好きでは無いので、形そのものが後ろの長さを感覚的につかみやすいようになっている方が良いように思います。
(5) タイヤが車重に対して、すこし細すぎるように思います。
今までに2回タイヤを交換しました。
エコタイヤでしかも車重が重めなのでサイドウオ?ルがひび割れしやすいように思います。
投稿者
ろき様 (2013/4/8)
年式グレード
2004年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
15.0km/L
平均燃費
17.0km/L
高速燃費
19.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
通勤
満足度
50点
次の乗り換え
10%
良かった点
とにかくガソリンが減らない。ガソリンが高い今の時代には非常に助かる。
ガソリンスタンドに行く回数も減るので、手間が省ける。
遠出する際には一気に目的地に行けるので給油に気を使わずに済む。
モーターのみで走行している時はとにかく静か。
モーターとエンジン全開の加速は意外と速い。
排気量から考えると悪くない。
ちょっとならモーターのみで走行できるので、夜中に自宅に帰る際に近所に気を使わなくてよい。
自己満足だが地球環境に少しでも貢献している気分になれる。
車検が安かった。(免税だか減税だか)
悪かった点
乗っていて違和感は未だにある。
エンジン⇔モーターの切替時や、モーターがアシストするまでのタイムラグ、ショックなどは本当に気持ち悪い。
運転の楽しさや音など、車としての本質は最低と言ってもいいくらいにダメ。
運転を楽しみたい人には絶対オススメできない。
車を改造して楽しみたい人にも向かない。
弄れる部分は見た目くらいで、エンジン性能がウンヌンは一切無理と言える。
モーターのみでの走行は超カッタルイ。力がなさすぎるし、航続距離も気持ち程度。
電気自動車じゃないので当然だが・・・エンジンとモーターという中途半端な感じがメリットでもありデメリットでもある。
個人的には次はリーフかな。
投稿者
白くま様 (2013/6/11)
年式グレード
2003年式 ---
年間走行距離
5000km
市街地燃費
19.5km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
郊外走行
満足度
60点
次の乗り換え
80%
良かった点
2代目プリウスに乗っています。購入から9年経ちますが、いまだに平均燃費で20km/L走ります。
季節によっては、21~22km/L走るので、素晴らしい数字だな!と思います。
まだまだ2代目プリウスも街なかで見かけるので、古くても頑張って走らせています。
ボディーのサビが全くでないのも良いです。(2005年にM社の車を買ったのですが、そちらはリアアンテナにサビが出てきました。)
もう少し乗りたいと思っています。
それでも次の車も、ハイブリットか電気にすると思います。
ガソリン代が安いのはうれいいですし、すこしエコに協力している気分が味わえるのは良いと思います。
プリウスのもうひとつの良い所は、形があまり変わらなかったことだと思います。
償却のためには、ながーく乗らないと・・・!
まだまだ乗るぞ!っと思えるところが、プリウスの良い所かも知れません。
悪かった点
私の家のプリウスは、圧倒的に走行距離が少ないです。
ガソリン代の節約分で車体価格が高かった分を回収するには、あと10年以上のらないと・・・?なんて思っちゃいます。
最近、ハイブリッド車も安くなっていますが、2代目プリウスは高かった!!!
早い時期に割高の車を買ってその利益が開発費になって、いまのハイブリットカーがあるのだから、下取り価格で相当優遇して欲しいです。
先日ディーラーに行った時、ちょっとだけ買い換えの話だでたのですが、9年立っている車としては、かなり高額な査定なのは認めます。
それでも安いよね・・・!
正確な査定はしてもらってないからわかりませんが、次のハイブリッド車に乗り換える時は、特別な優遇措置をして欲しいと思います。
あと、純正ナビの地図のアップグレードをしましたが、それでもちょっと調子が悪いです。
郊外の道は問題ないのですが、都心はナビの調子がおかしくなって落ちゃいます。
私の車だけかな?VICSのシステムが古くて、受信がうまく行かないようです。
投稿者
モモのとーちやん様 (2014/4/8)
年式グレード
2008年式 Sツーリング
年間走行距離
45000km
市街地燃費
27.0km/L
平均燃費
26.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
茨城県
運転状況
郊外走行
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
2台目に中古を買い替えたばかりです。先週納車されました。
この前も20プリウスでしたが、一度ハイブリッドに乗ると燃費が良過ぎて普通の車には戻れませんね。
前の車は25万キロまでトラブルも無く、多少バッテリーが弱っていたようですが、それでも23キロは超えていままだした。
改めて完成度の高さに脱帽です。
今度の車はまだ何もやっておらず走行も11万キロですが、それでも燃費へ27キロスタートですので今後が楽しみです。
また、マイナーチェンジ後のモデルですが、乗り心地も多少良くなっているのでしょうか?違いを感じます。
悪かった点
特に欠点は感じませんが、あえて言えばハイブリッドシステムになかなか手を入れづらいということでしょうか?
電気の知識があれば苦にはならないかも知れませんが、素人には高圧注意という表示を見ただけでびびってしまいます。
同様にもし故障したらどうしようと時々不安になるのも普通の車では無かった感覚で、普通のエンジン車であれば多少の修理も出来ますが、ハイブリッドシステムの故障だと全くのお手上げになりますから、可能性は低いにしても遠出の時などは気になることがあります。
でも実際には全く大丈夫なんですが。

スポンサードリンク