3代目プリウスの評価

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


3代目プリウスの評価

プリウス(3代目) トヨタの3代目プリウスを実際に購入した方の評価内容を公開いたします。

「満足度」の点数は、愛車の満足度を100点満点評価です。
「次の乗り換え」のパーセント値は、次にハイブリッドカーに乗り換える確率です。

この評価内容は、アンケートサイトで情報投稿された内容ですので、あくまで参考としてご覧ください。

投稿者
ひろ様 (2009/10/7)
年式グレード
2009年式
年間走行距離
11000km
市街地燃費
--km/L
平均燃費
18.3km/L
高速燃費
--km/L
都道府県
愛知県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
100%
良かった点
ハイブリッドカーは、ガソリン車と比べましても燃費がよく、以前の車の2倍くらい燃費がいいです。
走行中も静かなので、ラジオ等の音楽もよく聞こえます。
環境にもやさしいので、地球温暖化に微力ではありますが貢献できていると思います。
悪かった点
ハイブリッドカーを購入して悪かったところは、まだまだガソリン車と比べましても価格が高いと感じられます。
いま現在はエコカー減税等の補助を受けることができますが、それでも高いです。
また、燃費をよくするために出だしが悪く、右折時等は気をつけないと対向車と衝突してしまう可能性があると思います。
投稿者
たか様 (2009/10/15)
年式グレード
2009年式 L
年間走行距離
20000km
市街地燃費
29.0km/L
平均燃費
25.5km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
群馬県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
70%
良かった点
燃費がいいことと、仕事で使っているが、客先に行っても受けがいいこと、スタイルもいいと思う。
空気抵抗が考えられているためか、高速道路の安定性がすごくいい。
アクセルをちゃんと踏めば、思っていたよりいい加速をした。
燃費のモニターなど、いろいろなインフォメーションがあるのもいいと思う。
また、売れている車種の為か、いろいろな改造パーツが出ていることもこれからの楽しみがあっていい。
この車は、運転仕方でものすごく燃費が変わってくる、燃費のいい運転をすることも一つの楽しみになる。
とりあえず、乗ってみて思ったのは、とろとろと加速しないで、一気に加速して、加速し終わったら、アクセルを離してエンジンを止めた状態で、モーター走行 をするのが、一番燃費がいい運転だと思う。
悪かった点
スポーツカーのような楽しみは、期待できない。
思ったより、車重の重さを感じることもある。
安いグレードの為か、足回りは安っぽさを感じる。
全体的によくできているとは思うが、内装とかは所詮200万前半で買える車だと思った。
ブレーキの感覚は、なれるまで違和感を感じた。
わかっていて買ったのだが、車両の金額と、ガソリン代を考えたらそれほど、安くもないと思う。
本当に安く車を維持したいのなら、1リットルあたり、20キロ走る軽自動車とか、または、120万ぐらいのコンパクトカーがベスト選択だと思う。
投稿者
タムオ様 (2009/10/17)
年式グレード
2009年式 Gツーリングセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
30.4km/L
平均燃費
34.5km/L
高速燃費
35.5km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
燃費が良くさらに自動車税減税対象で自動車税の家計への負担が大幅に減ったところです。
また環境に優しく日本の25%CO2削減目標に貢献し、日本の政治に参加しているという意識が持てることもあります。
近年の地球温暖化によるゲリラ雷雨やエルニーニョ現象などのような気象変化に地球の危機感を感じ、我々にできることは何かを考えて、不景気にも関わらず思い切って購入しました。
悪かった点
スポーツタイプのマニュアル車と異なり、うまく加速が効かず従来の車の走行感が感じられないところです。
購入前までは高速道路ではいつでもと言って良いほど、一番右の追い越し車線を走っていたのですが、この車では他の車に迷惑がかかってしまうので、いつも左の走行車線で安全運転しています。
あと車体の大きさの割には社内が狭く感じる部分も購入して初めてわかったことです。
もう少し試乗を重ねて購入すればよかったと思うところが反省点です。
投稿者
Sプリちゃん様 (2009/10/26)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
6000km
市街地燃費
23.4km/L
平均燃費
25.5km/L
高速燃費
18.8km/L
都道府県
静岡県
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
ハイブリッドカーは高額だと思っていましたが、価格も下がり一般の車と大差なく、性能的にも実際の排気量以上との事で満足しています。
また、購入時に補助金制度も適用され大変ありがたいです。
今まで乗っていた車(2000cc)の燃費が平均11km/Lでしたが、ハイブリッドカーは平均燃費が20km/Lをほとんど切ることが無く経済的に良いことで家計にも大変助かります。
また、モーターのみで走るとき音が静かなことです。そのため、早朝に出かける時や深夜に帰って来たとき近隣に迷惑を掛けないで済みます。
悪かった点
ボディが流線型(燃費向上のため仕方がないと思われるのだが・・・)のため、前後の視界が悪く(特に後方)、コーナーセンサーやバックモニター等が ないと、車庫入れや駐車する時に苦労します。
それらはオプションのため、付けるとなると安価ではないので余分な出費となり悩みます。(若ければ、すぐに慣れると思うが年を取って来るとなかなか大変です)
モーターのみで走れる距離が短い。(せめて10km位走れるようになればと思います)
投稿者
とっとろ様 (2009/11/30)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
12000km
市街地燃費
24km/L
平均燃費
23km/L
高速燃費
25km/L
都道府県
愛知県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
75%
良かった点
まずプリウスに換えてから毎日の通勤時の渋滞がつらく無くなりました。 アイドリングストップのおかげでエンジンが切れるのでうるさくなく、ガソリンを気にせずにいられるためです。
また、燃費を気にしながら走るので運転に対して集中できるようになりました。
過度のエコ運転は周りにストレスをあたえますが、適度にすれば、危険回避になり安全につながると思います。
燃費もよく、長距離を走れて気分がいいです。満タンだと私の運転でも800km以上無給油で走れます。
ガソリンスタンドへ行く回数がぐんと減りました。
乗り心地は17インチタイヤなので凄く良いわけではないですが、カーブでのドシっとした安定感にうれしくなりました、シートのホールド性も私的には十分満足です。
前の車が1300ccのコンパクトカーだったので動力性能的にも満足です。
たまにパワーモードにして流してます・・楽しいです(笑)
最近はエンジンが停止している時に窓を開け車外の音を聞くようにしています。
前の車では聞こえなかったいろんな音が聞こえてくるのが面白いです。
そしてなにより車体全体の空力デザインがカッコイイです。ココ重要です!!
先代は少しマイルドな丸デザインでしたので、だいぶ四角くなりました。
もっともっとこの車を理解していきたいです。
悪かった点
・コスト削減に軽量化のおかげ?で、ビビリ音が気になります。
静か過ぎるせいで特にエンジン停止走行時には・・・
デッドニングをしてみようかな~と考えてます。
・あとは日中、駐車場などで前を歩いてる人に気づいてもらえない事です。
対処としては気がつくまでガマンですね(クラクションを鳴らすのは気が引けるので)
・17インチタイヤだから仕方ないですが、モーターで発進するので、出足が重く感じます。
エコ運転だと裏に迷惑っぽい遅さです。
同様にエコモードもアンマリ使わないですね。
・シートの表面デザインがキライです。
穴がたくさん空いているのでなにか気にいらないです。
シートカバーをかぶせるのを検討中。
・これは実体験ですが、ブレーキをゆるくかけている時に段差などで前輪がはねると。 回生ブレーキが解除されるみたいで、いきなり加速したみたいになりビックリします。
これきっと今後問題になりそうな予感がしますが・・・。
投稿者
Dialsow様 (2009/12/7)
年式グレード
2009年式 Sセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
26.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
大きく二つハイブリッド車を買って良かったと感じるところがあります。 以前から車の維持費の中で大きなウェイトを占める「ガソリン代」についての悩みを一気に解決してくれるような燃費の良さがまず一つ目です。
最近衝撃だったのが横浜から大阪間といった長距離の移動をしてみましたが、給油を全くしなくても済んだというところです。
特に燃費に気を遣った運転をせずとも、リッター20km以上が簡単に出るのは圧巻です。
二つ目にモーターによる電気的なトルクの加速と減速だと思います。
アクセルを踏んだ瞬間瞬く間に反応する電気的な応答が加速の楽しみを与えてくれます。
ブレーキを踏むと電車の減速するような音と共に充電されているような電気的な感触が伝わり、減速する喜びまで与えてくれます。
悪かった点
燃費優先の車の設計なのか内装について妥協点が多く感じました。
例えば内部は全体的にプラスティックな雰囲気が漂い、高級感まではいかないまでも「質感」は犠牲になっているところが多いと感じました。
高速道路のような高速走行をすると車体が軽いのかフワフワ感がしたり、地に足がついているドライビングがし難いような印象があります。
ここはスポーティーな走りとエコな走りを天秤にかけるお話で難しいと思いますが、今後のハイブリッドカーに期待したいところです。
投稿者
MK様 (2009/12/14)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
27.0km/L
平均燃費
28.0km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
通勤
満足度
64点
次の乗り換え
30%
良かった点
1.燃費、2.静音性、3.加速、4.補助金制度
1.文句のつけようが無いです。給油量が前車に比べ3分の1になりました。
2.特にEVモードはバッテリーのみの走行なので、立ち上がりから非常に静かです。夜勤があるので、夜間~朝方に帰ってくる私にはとても重宝してます。モニターも 車の刻々と変化する情報が見られて運転が楽しいです。
3.ハイブリッドと言えども私には重要。以前インサイトを試乗しましたが、プリウスの方が加速が良いです。(ただしフル充電時)また、巡航時のスピード感がなく 気づけば70キロくらい出ている事も しばしばです。 独特の、かすかなモーター音だけで スルスルと 滑り出す感覚は 電車みたいで 優越感に浸ってますブレーキの利きも 申し分なし。
4.購買意欲が沸きます。現状は恩恵待ち状態ですが、購入の決め手の一つで浮いたお金で外付けのナビを買う事が出来ました。
悪かった点
・パワステがダイレクト感に欠ける。アクセルを多めに踏み込むとそれまでの静けさとは急変し四気筒らしい雑で大きな音が室内に入ってくる。
・運転して楽しいと思える部分がほとんどありません。
・静か過ぎて歩行者に気づかれない点。
・納期が遅い。
・簡単言うとコストダウンの跡が見える部分が多くなった。
インテリアで、ほぼ全てが樹脂打ちっぱなしの部品になったので柔らかモノと硬いものの合わせがなくなり、合わせの隙間が結構目立つようになった。
・性能では、バッテリーの容量にやはり不満がある。もっと強力で容量が大きいとよりエコに使えると思う。将来改良されたバッテリーが出来たときには現在のものと乗せかえるキットを作ってほしい。
・停止時の回生ブレーキのノイズが気になる。
・高速走行時の遮音性は最悪。
・ディスプレイには、エコな運転状態を示すゲージバーが表示されますが、エコの領域に入るように運転していては、周りの交通状況に迷惑をかけます。
・エコモードで運転するとアクセルを深く踏まないとなかなか加速しません。
投稿者
ジェットマン様 (2010/1/9)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
24000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
24.5km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
97点
次の乗り換え
100%
良かった点
今までのミニバンに比べると燃料費が3分の1くらいしかかからないので、納車直後の年末年始に大活躍でした。
早速宮城から千葉にあるねずみの国まで、ちょっと長めの慣らし運転に行ったのですが、高速での安定感もバッチリでロングドライブも苦にならないですね。
子供が大きくなったので、乗り換えする踏ん切りをつけたかったのですが、いまいち決断できずに、だらだらと数年間、無駄にミニバンで過ごしていました。
自民党が実施した減税、補助金が、後ろから背中を押してくれて、踏ん切り付けることが出来ました。
車内は狭くなりましたが、無駄に広いミニバンよりも、ちょっとタイトな車内で家族の会話と一体感が増して、父としては、とても嬉しく感じております。
また、娘が友達に自慢しちゃって、乗せて乗せてとせがむのも嬉しいですね。
これから楽しい思い出をハイブリッドカーと共にたくさん作りたいですね。
悪かった点
納車されてまだ3週間ですが、4000キロも走ってしまいました。
ハイブリッドカーを購入して悪かったというよりは、新型プリウスの違和感のあるブレーキシステムが気になりますね。
すでにアメリカで当局に報告が入ったらしいですが、回生ブレーキと機械式ブレーキ併用による不具合。通称ブレーキ抜けが問題ですね。
私も5度経験しましたが、ブレーキが一時的に短時間効かない。約0.5秒ほどですが凍結路等で切り替え時に頻繁に発生する。
車間距離を十分にとっていますので、私は大丈夫ですが、妻には乗せられませんね。
今後改良、改善されると思いますが、初期ロットはやはり問題ありあり何ですね。
投稿者
takahiro様 (2010/1/14)
年式グレード
2009年式 Sツーリングセレクション
年間走行距離
17000km
市街地燃費
20.1km/L
平均燃費
22.2km/L
高速燃費
25.5km/L
都道府県
愛知県
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
100%
良かった点
(1) エアコンを着け運転しても楽に20km/Lを超える燃費性能・・・やはり燃費が良い!!事です。前車(先代日産エクストレイル)の燃費が約7km/Lでしたので単純にガソリン代が3分の1になりました。
(2) 広い室内・・・180cmの自分が前席を調節して、後席に自分と同じくらいの体格の友人が座っても余裕があります。海釣りが趣味なのですが、道具一式を積んでもラゲッジスペースにも不満はありません。
(3) 丁寧に運転するようになった・・・モニターにある燃費計をチラッと見て運転するようになり、省燃費運転をするようになりました。
(4) 想像以上の走りの良さ・・・正直、プリウスを購入するまでは、「ハイブリッドカーはノロい。」というイメージがありましたが、乗ってみると意外に速い!!体感的には、カタログに書いてある2.4Lクラスの加速というよりは、1.8Lターボのような感じです。(わかりにくくてスミマセン・・・)
(5) 未来的な外装、内装・・・似ている車が少ないことと、ナビ回りのデザインです。スイッチ類の配置など使いやすいです。
悪かった点
(1) 内装の質感・・・全体的にプラスチッキーな内装パネル、開け閉めの音が安っぽいセンターコンソールBOX、そして窓を開け閉めするとドアパネルがパコパコ動くのは、200万円クラスの車のものとは思えません・・・。あと10万円高くても良いから、内装の質感を何とかして欲しかったです。音漏れも酷く、デッドニング加工をしています。
(2) 内装の軋み音・・・段差やカーブでダッシュボードの端からギシギシ音が聞こえてきます。せっかく静かさも魅力のプリウスなのに・・・と思います。
(3) エアコン(暖房)使用時の燃費・・・暖房を使用すると大体2割程度燃費が悪くなります。冷房ではあまり悪化しなかったので、驚いています。
(4) 後方視界の悪さ・・・特に斜め後ろの視界が悪く、斜め後ろが見えるようにドアミラー調節したら、原付など、横から来るバイクの死角が大きくなり何回もヒヤっとしました・・・空力を求めたデザインの代償なんでしょうが・・・。
投稿者
プリやすし様 (2010/1/23)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
三重県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
何といっても燃費の良さです。
冬シーズンに購入したため、現在20km/L程度ですが、春の燃費が楽しみです。
また、燃費を意識する為に運転方法も以前と変わってきてECOになりました。
最近のエコカー運転は、エコ記録を競うといった楽しみがある事もハイブリッドカーの魅力のひとつですね。
さらに、車として一番大切な「走り」の部分を切り捨てることなく十分満足させてくれています。
悪かった点
全体的に不満は少ないのですが、強いて上げると、モーター走行時に静かすぎて歩行者が気付きにくい事。
ハイブリッドシステムがやられると(カプラーはずれでも)エンジンが始動しても走行できない事。
軽量化のためドアやボディーが薄っぺらい事。
契約から納車まで時間がかかった事。
バッテリーが高価な事。
投稿者
たか様 (2010/1/25)
年式グレード
2009年式 L
年間走行距離
20000km
市街地燃費
24.8km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
群馬県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
85%
良かった点
燃費がいいことと、仕事で使っているが、客先に行っても受けがいいこと、スタイルもいいと思う。
空気抵抗が考えられているためか、高速道路の安定性がすごくいい。
アクセルをちゃんと踏めば、思っていたよりいい加速をした。
燃費のモニターなど、いろいろなインフォメーションがあるのもいいと思う。
また、売れている車種の為か、いろいろな改造パーツが出ていることもこれからの楽しみがあっていい。
この車は、運転仕方でものすごく燃費が変わってくる、燃費のいい運転をすることも一つの楽しみになる。
とりあえず、乗ってみて思ったのは、とろとろと加速しないで、一気に加速して、加速し終わったら、アクセルを離してエンジンを止めた状態で、モーター走行 をするのが、一番燃費がいい運転だと思う。
悪かった点
スポーツカーのような楽しみは、期待できない。
思ったより、車重の重さを感じることもある。
安いグレードの為か、足回りは安っぽさを感じる。
全体的によくできているとは思うが、内装とかは所詮200万前半で買える車だと思った。
ブレーキの感覚は、なれるまで違和感を感じた。
わかっていて買ったのだが、車両の金額と、ガソリン代を考えたらそれほど、安くもないと思う。
本当に安く車を維持したいのなら、1リットルあたり、20キロ走る軽自動車とか、または、120万ぐらいのコンパクトカーがベスト選択だと思う。
投稿者
skuri様 (2010/1/25)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
300km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
18.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
乗り方で「燃費」が変わるところがゲーム感覚で面白いと思います。
これまでとは違った「車との対話」が新鮮で、新しい楽しみ方を発見した思いです。
この車以外に「フェアレディーZ33」と「NOTE」に乗っていますが、それぞれに違う特徴があり、この30プリウスは「家電商品」のようなイメージを受けました。
出足も緩慢で、レスポンスもスポーツカーのようにはいきませんが、他の車にはない、燃費、車との対話を毎日通勤時に楽しんでいます。
また、燃費だけに特化した車でもなく、エクステリアも斬新な印象で、何よりインテリアも中々高級感を感じています。
特にシートの大きさ(座面)も満足しており、乗り心地も良好で、ボディ剛性も昔の車とは違ってシッカリ感がありますね。
ヘッドランプもLEDで、とても明るく、所謂「青色HID」のような色でなく、クリアな明るさにも交換を持っています。
タイヤ(ホイール)やマフラーにも合格点が与える事ができ、いつもならすぐに交換してしまうのですが、このままでいこうかと思っているところです。
私の場合、予約から納車まで「8ヶ月」もかかってしまい、途中でキャンセルしようかと考えた時もありましたが、今となっては、「待った甲斐があった!?」と思っています。これからも長く付き合っていけそうな車ですね!
悪かった点
「出足の悪さ」には閉口しています(慣れればアクセルワークも上手になって来るのでしょうが)。
思った以上にスピートが出ず、踏み込むとそれなりには出るのですが、如何せん「燃費の悪化」にすぐにつながり、チョッと面白くないですね。
コンパクトカーのNOTE程、「キビキビ感」がなく、消化不良のイメージです。
動き出しの時には、電気のみでスタートするためでしょうが、もう少しキビキビとしたところが欲しいです。
次に不満な点ですが、「タコメーター」が無いことです。
冬の朝一の「暖機運転」ですが(慣らしのときもそうですが)ハイブリッドカーの場合ディーラーでは「暖機運転」は必要ないとの事ですが、やはり昔の人間である私は(笑)エンジンや各部のクリアランスのことを考えると不可欠だと考えてしまい、何だか釈然としない気分です。
特に「慣らし運転」(只今慣らしの真っ最中です)のときには、タコメーターが不可欠で、どれくらい踏み込めば回転数がどれ位なのか、全く分からず、とても不安です。
しかも電気走行から急にエンジン始動となるわけですので、回転数も急激に上がるということも考えられますので、「タコメーター」はぜひとも欲しいものです。
最後になりますが、夜のインテリアの照明(メーター類等の)が「貧弱」な印象で、エアコン等のスイッチ類も暗い「緑色」なのがイマイチ納得できませんね。
ヘッドライトにLEDを使っているくらいなのですから、計器類の照明ももう少し知恵を絞って、色々な色の明るいイメージが望まれるところです。v 電動ドアミラースイッチ」のあたりと、シフトのあたりが特に暗く、ここにLED照明が欲しいところです。
以上色々と書きましたが、相対的に考えて「良くできた」車だと思っています。
投稿者
そのだ様 (2010/1/28)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
4000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
29.0km/L
都道府県
大分県
運転状況
通勤
満足度
75点
次の乗り換え
100%
良かった点
前車が燃費が悪く3km/Lくらいでしたので、わらにもすがるきもちで購入しました。
燃費は思ったよりかは、のびて好調です乗り心地もふわふわと思いきや結構しっかりしてますこれなら、スポーツ走行も恐くないし楽しいばかりです。
燃費は市街地のほうが燃費が延びます。理由はゴーストップが多いのかと思います。
詳しいことはわかりませんがなんとなくそんなかんじがします。
前車とくらべて、視界も広がって運転しやすくあぶない場面がかなり減って、おお助かりですね。とりあえずこんなかんじかな。
前のくるまはハイオク仕様だったので、これはレギュラーでおお助かりですね。
しかも、オイルの劣化も遅くて交換スパンが長いのは財布にもやさしいですね。
悪かった点
悪いところは正直ありません値段が、たかすぎることでしょうか。300万円近いのはどうかとおもいます。
加速は思ったより、遅いです前車が約470馬力でしたので、さすがにかったるく蹴っ飛ばしたくなりますが、そのへんは大人ですので、ほどほどにしてます。
あとは、シガーが変なとこにあるのはいまいちですね!自分で配線加工して新規に作り直しました。すっきりとおさまりました。
あとは、LEDウィンカーをつけようとしたら、リレーがへんなとこにあり、内装パネル外して、大変な作業でした。
前の型はかんたんなのに新型は難しかったです。
純正のナビが地デジがついてなく、別に購入しないといけないのが、喧嘩売ってるね。
仕方なくオプションを買ってます。トヨタはぼったくりだ。
投稿者
kimatyan様 (2010/1/29)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
12000km
市街地燃費
13.5km/L
平均燃費
14.5km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
95%
良かった点
やはり燃費がいいですね。
先のデーターは現在の状態ですが、ほとんど暖房に取られていますので、それが無ければ、22km/L前後です。
平地、大人4人乗車で300km(気温マイナス10度前後)で、25km/L近いデーターが出ました。
もっと温暖な時期なら、27km/Lはいくかと思います。
インジケーターがいいですね。
見ていて飽きないです。
この車はやはり、燃費・エコに尽きます。
悪かった点
燃費重視の車のため、エンジン・走行音・風きり・タイヤノイズその他すべてにおいてうるさいです。
ドア等の開閉音が、安っぽく壊れそうな音がします。
ドア・ボディの鉄板が薄すぎる。
軽くドアが当たっただけで凹みます。すでに3箇所!!やわすぎです。
暖房が不十分です。マイナス10度以下で、エンジンが止まらず燃費が落ちる上、非常に寒いです。
電源の充電が満タンで、暖房のみにエンジンが掛かりますので無駄!
寒冷地は、もっと電気ヒーターなどで電池を使っても、そのほうが燃費がいいと思う。
また、水温計が無いため、ヒーターの状態がわからない。
凍結路で、回生ブレーキが急に切れて空走状態にしばしばなります。危険!
車体の硬性が悪いです。アイスバーンで、リアハッチ・内装品からきしみ音が常に発生しうるさいです。
動力関係はいい車だと思いますが、反面、軽量化と思われる削減(手抜き!)がやりすぎです。せっかくの車格を落としてしまっています。
また、タコメーターが無いのが残念です。回転数を見ながら、燃費を考えて運転していましたが、今は音を頼りに運転してます。
しかし、かなり回っているようで、壊しそう・・・・
投稿者
メイプル様 (2010/1/31)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
17.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
新潟県
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
とにかく燃費が良いことです。
前に乗ってた車は1800のMTで10km/Lくらいでしたが、今は平気で20km/Lとか走ってしまいます。
あとは燃費が良いのにアクセルを踏み込んだときの加速感も良いです。
高速での安心感もさすがトヨタという感じです。
トランクの荷物の結構はいるのでこれも良いです。
良い車です。
悪かった点
プリウスは燃費などは良いのですが、車内の広さが少し狭いと感じました。
というより「もう少し広くても良い」と思います。
あとか価格が高いです。
ホンダのインサイトは価格に魅力を感じます。
スタイルも良いですし。
投稿者
ちょび様 (2010/2/21)
年式グレード
2009年式 G
年間走行距離
5000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
27.5km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
愛知県
運転状況
街乗り
満足度
78点
次の乗り換え
100%
良かった点
丁度、エコカー減税の対象だったので購入しました。
走行中の音がとても静かで、今までの車にない燃費の良さに驚きました。
また、維持費が安くて、燃料費を考えず遠出する事が出来るので、助かっています。
前回乗っていた車がスポーツタイプで燃費が悪く1Lあたり7キロぐらいしか走れなかったのですが、プリウスに変えてから一度に入れるガソリンの量も減り、燃費も3倍近くよくなっています。
プリウスにしてから、スピードを出さず、省エネモードで環境を気にしながらゆっくり走行する事ができるようになりました。
前の型よりもデザインがスタイリッシュで、カッコよく、気に入っています。
悪かった点
購入してから今までで2度ぶつけられてしまったのですが、簡単に凹んでしまったり、傷ついてしまったのでボディの強度をもっと強化したほうが良いと思います。
また、バックモニターが無いと、後ろが見えずらいという点が気になります。
前も、若干見えずらいと思います。
走行音が静か過ぎるのも、歩行者などに気づいてもらえず危ないと感じる事もあります。
一度、バックモニターのカメラがボディの中に入ってしまった事があるのですが、パーツの固定をもっとしっかりして欲しかったです。
投稿者
みやむぅ~様 (2010/3/10)
年式グレード
2009年式 Sグレード
年間走行距離
20000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
18.5km/L
都道府県
宮崎県
運転状況
通勤
満足度
88点
次の乗り換え
100%
良かった点
世界的に見てもあれだけの完成されたハイブリットシステムは無い中、200万円台というのは凄いと思う。
私はアリストからの乗換えですが、別に違和感なく乗り換える事が出来ました。
ハイブリットと言うと、いっけん遅そうなイメージがありますが、パワーモードに切り替えればビックリするほどの加速感に驚かされます。
また、燃費を良くする際にはエコモードに切り替えるなど多機能な車です。
室内の広さにも満足してます。
何よりも、燃費がよいので今までよりも遠出する事が多くなり、家族との時間が長くなりましたね。
それと、家族を守ってくれる、安全面も魅力ですね。
今まで高級車にしか付いていなかったカーテンエアバックなども標準装備されていますし、エンジンもスイッチ一つでスマートな感じです。
外観もスポーティーになり気に入ってます。
形だけではなくそれに伴い、コーナーリングも良いです。
電池がシート下に入ってるためか、低重心です。あまり、ロールがでません。
地球とお財布にもやさしい車です。
次世代の子供たちにも同じ地球を見せてあげたいものと私は思っております。
悪かった点
リコールをして回生しずらくなった事。
軽量ホイールにしないと突き上げ感がある事。
大量生産しているためか、若干チープな作りこみ部分が見受けられる。
リッター38キロは絶対にでない。
売れているだけに、買い物に行った時にどれが自分の車なのか分からなくなりそう。
エアコンなどのスイッチ類がでたらめな配置になってるので運転している際にあたりづらく、一度パーキングを押してしまった。
エコモードの出足は軽自動車より遅いので、出足だけは何とかしてもらいたい。
パーキングはボタンなのに、今だにギアを動かそうとしてしまう。
人の多い所を車で走ると、人が気が付いてくれているか不安になる。
車を降りる際にギコギコいう。
そして何よりバッテリーが高い。
投稿者
1188TOYOTA様 (2010/3/26)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
燃費が良いところが最大のメリットです。
プリウスの場合、通常の運転の仕方であれば20km/Lは確実にクリアできます。
60キロで常時走行ができれば30km/Lも夢ではありません。
当然燃費が良ければガソリンの価格が多少上がっても財布にもやさしいです。
小遣いが上がらなくても燃費が上がれば実質他で使えるお金が増えます。
旅行に行ってもお土産代はガソリンを使用しなかった分から出すこともできるし、泊まりで行けばお酒のツマミが一品増えます。
環境に優しい事は私にとってはついでです。
本当に環境に優しいのかどうかはバッテリーの事を考えると疑問なところもありますが・・・
悪かった点
購入価格の割には車が安っぽいというか、作りが今一です。
軽く作ろうという事はわかりますが、リアのドアを閉めたときに出るバンという音を聞くとショックです。
まるで、軽トラックのドアを閉めたときのような軽い音がします。
エアコンの使用時の燃費は明らかに落ちます。
特に冬はエンジンが冷えている事も燃費が落ちる原因だとは思いますが、暖房を付けると燃費が落ちるのがすごく気になります。
普段から燃費を気にして走っている分燃費が落ちるとショックです。
投稿者
toro様 (2010/3/31)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
24.5km/L
平均燃費
23.5km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
富山県
運転状況
ドライブ
満足度
80点
次の乗り換え
90%
良かった点
プリウスは普通の車のように違和感なく乗れること。
ツーリングモデルでも燃費(カタログ表記)が良い優れた車であること。
カタログ通りの燃費は難しそうだが、一般道で流れに乗れば平均燃費(メータ読み)30km/L以上の燃費走行も可能な、エコカーとして魅力を失わせない車。
ツーリング装備 先進のLEDライトは、虹色のような境界線がある不思議なライティングだが、天候に左右されず適切な明るさがあり素敵な装備だったと思う。
3種類の走行モード切替ができるプリウスは、運転者にとって必要な時にパワー、エコー、EVを提供してくれる。(特徴のある機能で無駄がない)
常時瞬間燃費が表示されるため、絶えず燃費走行をしてしまう、エコカーとして優れた車。(常時瞬間燃費が表示されていないと燃費の意識が薄れると思う)
エコカーの割りに、コーナーリングではハンドルの切れ角に合わせて適切な回頭性を見せる面白い車。(バッテリが重いからか、足回りの良さか?)
悪かった点
余りにもエンジンルームが窮屈で手も入れようがない。(ポジションランプを落としてしまい取るのに苦労した)
乗る頻度が低く、補機バッテリーが上がらないか購入時にとても悩み、現在利用しない時は小さなソーラーパネルから給電している。
最近は、補機バッテリーが高いことに気が付き不安に思っている。(トヨタの回答 1週間乗らないと補機バッテリーが上がりますとのこと)プリウスは、電気の心配が耐えない車。
LEDライトは、明るさが優れているが、上にはまったく光が行かないため、市街地の暗い場所では、人の認識が遅れ(足から見え始める)とても怖い。 対策のため市街地ではフォグランプを点灯を心がけている。
購入後のブレーキ問題の不安だったが、ソフトで直るということで安堵した。
万が一の時、車内から救出してもらえるか不安。
投稿者
skuri様 (2010/4/18)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
12,000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
次の乗り換え
%
良かった点
別に3500ccに乗っていることもあり、通勤時の交通費を考えて購入しました。
やはりハイブリッドだけあり、燃費には満足しています。
一度ガソリンを入れれば、1か月ほどはもちそうなので心強いです(笑)。
30プリウスは思っていた以上に「高級感」もあり、乗り心地も「剛性感」あるドッシリとしたところが気に入っています。
高速走行時でも静かで、直進性も悪くなく、落ち着いて運転できて疲れにくい点も購入して良かったと思っています。(Sツーリングはタイヤも17インチで、腰のしっかりとした印象は高得点が与えられると思っています)
ヘッドライトもこれまでにない「LED」で、明るくて見やすいですね。
ブレーキランプ等にもLEDが使われており、電気の節約には一役買っているのではないでしょうか。
操縦方法等は最初のうちは戸惑いましたが、これは慣れの問題ですね。 今では何の問題もなく使っています。
悪かった点
やはり出足のパワー不足が一番気になりますね。
ハイブリッドだから仕方のないところでしょうが、もう少しパワーがほしいところです。
また「ノーマルモード」では山坂道ではチョッとしんどいですね。 これは「パワーモード」に切り替えれば結構走ってくれますので、問題はありませんが。
あと、夜間の車内の暗さです。 手元も暗く、特にドアミラーの格納スイッチ等は点灯しませんので、手探りでスイッチを探さねばなりません。 これは本当に改善をお願いしたいところですね。
また、アクセルの位置なのですが、どうも「寝すぎ」ている感じがしてなりません。
踏み込もうとしても、足のつま先が引っかかってしまい、少し足を手前にずらさねばならないので、とても使いずらく感じています。(おそらくあまり踏み込まないようにされているのでしょうが(燃費のため)、とても使いにくいと感じています。
最後になりますが、ウインドウガラスの厚みももう少し「厚み」のあるものの方が良いのではないかと感じています。
チョッと下げて走っていると、付近から「ガタガタ音」が出やすく、また外からの音も侵入しやすいですので、この点も改善してほしい点ですね。
投稿者
marumaru様 (2010/5/4)
年式グレード
2009年式 Sツーリングセレクション
年間走行距離
10000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
23.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
もちろん、燃費です。
以前、乗っていた125ccのスクーター並の燃費には驚きです。
私は省燃費走行をある程度、心がけていますが、そんなことを気にしなくても20km/l弱ぐらいは、走ると思います。
全開加速も独特で、モーターによるトルクフルなアシストを感じることが出来ます。
そして、静粛性ですね。
エンジンが止まっている時はもちろん、動作中でも室内に入ってくる音は非常に小さく、逆にタイヤからのロードノイズが気になってしまいます。
それとモーターでの走行が出来ることです。
夜間の住宅地やバッテリーのチャージが満に近い時などに使用しますが、当然ながらガソリン車との違いを一番感じる時です。
悪かった点
モーター走行時は、とても静かで「良かったところ」でも書いた通り、メリットですが、この静かさが逆にデメリットにもなり、駐車場などをモーターで走行する時、クルマの接近に気づいてもらえない(特に年配の方)ことで、何度か接触しそうになったことがありました。
リコール対策をして、かなりマシにはなりましたが、やはりブレーキを踏んだ時の感覚には、いまだに少し違和感を感じます。
強く減速する場合はあまり気にはなりませんが、ゆっくり減速する場合、止まる少し前に感じることが多いです。
補助バッテリー(通常の12Vバッテリー)が高く、5万円以上するとのこと。
ガソリン車と違いエンジンルームではなく、室内にあるので、きっと特殊なんだと思いますが、せめて2万円代で買えるようになって欲しいです。
投稿者
まあや様 (2010/6/18)
年式グレード
2009年式 G
年間走行距離
35000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
郊外走行
満足度
70点
次の乗り換え
70%
良かった点
何といっても燃費です。
この前にはリッター4キロの車に乗っていた為、かなり財布に優しいです。
あとは、乗り換え時に前の車が13年以上経っていたことと、各種補助金のおかげもあり、お買い得だったと思います。
ガソリンスタンドへ行く回数も格段に減り、出先でガソリンスタンドを探し回ることもなくなりました。
悪かった点
動力性能(特に高速道路)と運転している楽しさがないところでしょうか。
まるで家電のように単なる移動手段としてみてしまいます。通勤では燃費がよいので使用していますが、旅行や400キロ以上の遠出する際には使いません。
燃費が良くても道中の運転している楽しみが感じられないからです。
あとは、女性からおとなしい男に見られることですね(笑
投稿者
Ayk007様 (2010/6/28)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
11000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
プリウスに関してですが、停車中又は駐車中にエンジンがかかっていないにも係わらず、エアコンが稼働している点です。
自分は暑がりなので、直ぐにエアコンはONの状態です。
子どもの迎えに行くとき、時間前に到着します。
どうしても暑さは耐えきれませんので、ONにしてしまいますが無音状態でのエアコンは廻りの人に迷惑を掛けません。
そして、エアコンの電源は駆動用の電池からですので、殆ど走行に影響を受けません。
何よりもエアコンの冷気がかなり冷たいのが実感出来ます。
一般走行に関してですが、渋滞中のECOモードはかなり効果があります。
10km/h程度の速度で、走ったり止まったりする状態では殆どエンジンは掛かりません(駆動用の充電状態が良ければですが)
電池が無くなりかけても、直ぐにエンジンで充電して2~3分ほどで3~4目盛りまで復帰します。(エアコンONの場合)
田舎なので、あまり渋滞はしませんが通常ではノーマルモードで十分です。
高速走行に関してですが、IC、PA等から進入する時に気を遣いますが走行車線に入ってしまえば走行音も静かですし、一定速度で走行すれば高燃費も期待出来ます。
坂道や、追い越しをかけたい場合は、パワーモードにすると一気に豹変してかなり加速します。
エンジン音はアクセルを踏み込むに従って大きくなりますが、それほど気になる音では無いと思います。
しかし何と言っても、燃費が良いので1回満タンにしてしまうと850km以上は確実に、走行できます。(個人差はあります)
車両は少し高いですが、下取りの時とランニングコストを考慮すれば、これほど良い車は無いと思います。
悪かった点
が、走り出してしまえば問題ないですが、一度速度が落ちてしまうと(前車の右折待ち等)元の速度に戻るのに時間と燃費が悪化します。
特に登り坂での速度復帰が、得意では無いです。
それと、特にゼロ発進が得意ではありません。
まして、ECOモード(渋滞ではない時)だと殆ど加速しませんから、ノーマルモード以上が推奨です。
高速走行に関してですが、エンジンブレーキが、ガソリンエンジンに比べて若干利きが悪いです。
チェンジレバーをBにシフトすればよいの一般走行に関してですが・・・
電池が車両後方に搭載しているため、山道のコーナーとか高速でのレールチェンジでは、ピタッと収まらないような気がします。
ハイブリッドカーの中で、プリウスしか乗った事が無いため他社の車両との比較は出来ませんが、(ツーリング系)ならば良いかもしれません。
投稿者
晴れたらいいね様 (2010/8/13)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
24.5km/L
平均燃費
24.5km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
長野県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
90%
良かった点
1.静寂性
起動時、停車時、低速走行時はモータのみになるのでビックリするくらい静か、夜遅くの帰宅の際も近所に気を使わなくなりました。(歩行者に気づいてもらえないということもありますが...)
2.高速安定性
空気抵抗を抑えるデザインの為か以前の車より安心して高速巡航ができました。
3.経済性
以前乗っていた車からすると2倍、またエンジンオイルの交換は1万kでよいらしい。
年間走行距離が多いため、経済性は抜群です。
4.エコカー減税
100%減税を受けることができたので少しお得に買うことができました。
5.最新の装備
サイドエアバック、エレクトロシフトマチック、スマートエントリー&スタートシステムなど。
悪かった点
1.低速トルクの無さ
発進時にパワーモードに入れないと、前の車に付いていけない。登り坂も同様低速走行時のモーター走行中に立体駐車場の急な坂の途中で停止しする ほどなかった。(この時は一回バックして勢いを付けたら登れましたが...)
2.インテリア
シートが妙に安っぽい。
3.後方視界の悪さ
デザイン的に後ろを絞っているので仕方がないのかもしれませんが、バックする時に最も確認したいところ後ろ斜めが見えないところ。
投稿者
skuri様 (2010/9/30)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
次の乗り換え
%
良かった点
初めてのハイブリッドカーですが、特に「燃費」に関して満足しています。
1500cc(NOTE)も所有していますが、およそ1.8倍の燃費向上で助かっています。
車自体の完成度についてですが、ドッシリとした乗り心地で走行音も静かですし、とても245万円(車両本体価格)の車とは思えないほどの造りで満足しています。
シートの作りも、大きめで、長時間乗っていても疲れない程度の緩やかさを感じます。
特に後部座席の足元の広さもあり、大人4人が寛いで移動できるのが良いですね。
最初は戸惑いを感じた「シフトノブ」ですが、色合いも含めて「ハイブリッドカー」を意識できるもので、今では違和感もなくなり結構満足しています。
パワーについてですが、いつもは「ノーマル」を利用しています。最初は少し「カッタルさ」を感じていましたが(特に出足のパワー不足)、スピードが乗ると普通の車位の「動力性能」は持っているので特に不足は感じません。
山坂道等で利用する時には「PWRモード」に切り替えて利用するのですが、このモードでは、まるで「ターボ」がかかったような力強さを感じることができ、力不足は無いですね。
スポーツを楽しむ時にも利用していますが、燃費を気にしなければいつもこのモードにしたいくらいです(笑)。
最後になりますが、車全体のフォルムについても、これまでの車とはちょっと違ったもので、ボディ面の面取り(特に屋根の部分の面取り)には、これまでの国産車にはないものを感じ、とても気に入っています。
車格感を出すのにも大いに役立っているように思え、この3代目の「プリウス」は購入して良かったと思っています。
悪かった点
これ以外に「アウディTTロードスター」「日産NOTE」を所有しており、それぞれの特徴を理解しているつもりなので、特に「悪かったところ」はあまりないのですが、「気になったところ」は何点かありますので、それを報告したいと思います。
先ずは「燃費」についてですが、カタログデーターでは軽く「30km/L超」であるのに、実質燃費は平均21km/L前後であるという事ですね。
夏場はそれほどでもなかったのですが、冬場(納車された時期が1月でした)の燃費は良くないですね。夏場は21km/L位はいくのですが、冬場は丁寧な運転をしていても18km/L前後でした。
ヒーターをつける機会が増えるので仕方のないことかもしれませんが、あまりにもカタログデーターとは違うので故障しているのかな?と思ったくらいです。
「燃費」にとても期待していたこともあるのですが、シビアに見て大体25km/L位かなあと考えていたのですが、もう少しこの点に関してユーザーに「正確なデータ」を提供してほしいと思います。(21km/Lでもかなりの低燃費なのですが(笑))
燃費以外で気になる点は、意外と暗い「夜間の車内」ですね。
ドアミラーの開閉スイッチなど、夜間の車内は真っ暗なので、何処にあるのか明かりもついていないので探すのに苦労します。(何度かヘッドランプウオッシャー」を押してしまい、ビックリしたことがあります)
せめて各スイッチ類は暗闇でもわかるように、点灯してもらいたいところです。
後、気になるところは、「エアコン作動時」にエンジン辺りから聞こえてくる「異様に大きな音」ですね。
所謂エンジン音ではないのですが、電気の「ブーン」というこもった音で、それもとても大きなものなので、故障したのかな?と思うくらいです。
今度ディーラーで診てもらうつもりですが、これは大丈夫なのでしょうかね??
以上が気になった点です。
投稿者
あるる様 (2010/10/15)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
22.5km/L
平均燃費
24.1km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
奈良県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
とにかく燃費が良い!!
モーター駆動の時ものすごく静かマフラーを変えているので急にうるさくなって面白い。
軽量ホイール、燃費アップマフラー(ガナドール)と交換しましたが、20km/Lから一気に24km/Lに上がり、やればやるほど燃費が上がるのが良い。
燃費を気にして走るので安全運転になった。
でも踏めばかなり走ります。
トヨタの整備の人に聞いたのですが、プリウスは駆動以外は、すべてバッテリーに充電してからヘッドライトやエアコン、ルームランプに使っているらしくヘッドライトをHID、ルームランプバックランプ等をLED化すると消費を抑えた分駆動に回せるので燃費が良くなるそうです。
実際私もヘッドライトのHID化、ウィンカー以外のランプをLED化しています。
次はウィンカーと足回りの交換を考えています。
悪かった点
正直不満は、まったくないです。
あえて言うなら燃費を気にするあまり、周りのドライバーに迷惑をかけているかもしれません。
スポーティな走りも全くしなくなりました。
パワーモードに入れたことさえありません。
なのでパワーモードが使えない(笑)
もう十分燃費が良いのに、もっともっと良くしたくなってしまう。
遅いプリウスが多いのか普通に走ってても煽られる。
空力を気にするあまり後方確認がしにくい、バックカメラは必ず付けたほうが良いです。
軽量化のためか、後方ドアの閉まる音が軽いちゃちなおとがする。
5人乗りなのでプリウスと同じ機構のミニバンが欲しくなってしまう。
投稿者
dara93様 (2010/10/19)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
18000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
26.0km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
岩手県
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
90%
良かった点
まだ、購入後半年足らずですが、前車(ノア)の2倍の燃費で、ほぼ満足しています。
後付けで、燃費マネージャーも購入して、毎日にらめっこしながら運転しています。
高燃費走行に気をつけるようになり、無駄な急加速・減速等が以前より減ったと思います。
今現在、いろいろ後付け中(遮音・LED化)なのですが、給油もほぼ月一となっており、年明けには費用対効果もはっきりしてくるのではないかと期待しています。
ブレーキ問題などいろいろありましたが、なんだかんだいっても21世紀のカローラ化していて、走れば必ず10台以上にめぐり合います。
悪かった点
あまり、バリバリの運転が出来なくなりました(良かったところかな)。
北東北なので、これからの冬燃費がちょっと心配ですが…初冬を何とか乗り越えたいと思います。
エンジンなど駆動系が静かなので、ロードノイズなど雑音が目立ちます。
サスペンションの設定なのか、段差等でバタバタ感があります。
エアコン等もあまり使用しないため(燃費重視)なのか、フロントガラスが少し曇りやすいと思います。
ハイブリッドシステム以外のつくりが、少々チープかなと思われます。
投稿者
マック様 (2010/11/4)
年式グレード
2009年式 ST
年間走行距離
10000km
市街地燃費
18.7km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.4km/L
都道府県
愛知県
運転状況
街乗り
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
・やはり、低燃費運転を意識しなくても、普通に走って軽自動車以上に燃費がよいこと。
・回生ブレーキが強力で、消耗品のブレーキパッドの交換時期が非常に長く経済的。
・低速時は、超高級車のように静粛性が高いこと。
・税制面でも優遇され、補助金も受け取ることができたこと。
・わざわざ燃料補給のために郊外の安いガソリンスタンドに行く回数が激減し、1回の給油代もお財布に優しい。(満タン4千円/800km)
・多分、数年後でも普通のクルマよりは、リセールバリューが圧倒的に高いと思う。
・運転状態を表示するインジケータのおかげで長距離をドライブしていても飽きがこない。
・更なるエコを追求したくなり、結果、安全運転を自然に行っている。
悪かった点
・電子部品の固まりであるためトラブルが起きた時に一般の自動車整備工場では対応できない。(今のところトラブルは全く無いが・・)
・DIYでいじるところが少ない。
・低速時、歩行者に接近しても静かすぎて気付いてくれない。
・バッテリーの寿命が心配。
・走行時に充電状態のになると、エンジンパワーが発電機に食われて非力になる。
・購入して間もないころは、インジケーターに見入ってしまい前方不注意に陥りやすい。
投稿者
プププリウス様 (2010/11/7)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
12000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
19.2km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
宮城県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
(1) アイドリングストップや、モーター走行時など他の車にはない静かな瞬間があること。
(2) ハイブリッドカーにしかない燃費性能。
(3) 外国車と並んでも引け目を感じない(主観)数少ない国産車。
(4) エコカー減税や補助金の恩恵受けることができて大分お得に買うことができました。
(5) サイドエアバック、エレクトロシフトマチック、スマートエントリースタートシステムなど最新の装備が満載。
(6) 回生ブレーキお陰で、ブレーキパッドの消耗が少ない。
悪かった点
(1) 車両価格に比例しない、車両自体の安価な造り。
(2) プリウスに関して、回生ブレーキが前輪にある為ABSとの連携が悪いこと。
(3) 期待したほど燃費は良くなかった。(期待値25km/L)
(4) 後方視界(特に左後ろ)が悪い。
投稿者
teru様 (2010/11/15)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
20000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
18.0km/L
高速燃費
19.0km/L
都道府県
愛媛県
運転状況
通勤
満足度
50点
次の乗り換え
1%
良かった点
隣県に単身赴任していたとき高速を使用せず一般道を4時間かけて往復していたが、そのようなロングドライブでは燃費は30km/L以上あり、これまでの最高燃費は33.4km/Lでカタログ値にせまっていた。
また山道の下りでは、エンジンブレーキの感覚で充電しながら走行できガソリンの消費もほとんどゼロだった。
高速では燃費は落ちたが19km/Lはあり妥協できた。
燃費は悪くなるが山道の上がりで、後続にスポーティーカーがいる場合でもスポーツモードで楽に加速でき、煽られることはなかった。
エンジンとモーターが2つ頑張っていると、エンジンが2基あるような優越感があった。
悪かった点
単身赴任から開放されて自宅通勤となってからは、片道10kmていどの走行の毎日で、通勤時の後続車に配慮すると、燃費をよくするためにゆっくりと加速することもできず、アクセルを踏み込むとエンジンが始動し、電気だけの走行ができない。
結果、燃費が17km/Lから18km/Lとなり、カタログ値の燃費が35.5km/Lなのに自宅通勤で一度も20km/Lにも満たない現状に不満である。
燃費が悪いと、これまで妥協していた車の重さが気になって、燃費もダメな重くて遅い、後方視界も悪い、カッコもさほどよくないリコールでケチのついた車と思ってしまう。
インサイトのほうが軽いだけ、実質の燃費は良いのではないだろうかと、自分の選択を後悔してしまう。トヨタに裏切られた思い。
投稿者
SSP406様 (2010/11/19)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
20000km
市街地燃費
23.6km/L
平均燃費
26.5km/L
高速燃費
27.4km/L
都道府県
兵庫県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
85%
良かった点
燃費の向上によりガソリン代の節約が一番効果を実感できる部分ですが、それに伴い燃費向上を必然的に意識させられることで安全運転(急発進、急停車、追い越し、黄色信号を無理して突っ込む等をしなくなった)に変化してきたことは大きなメリットと思います。
また、エンジン音が少ない事(停車中にエンジンが停止し無音状態になる事)や燃費に関する情報が細かく得られる事、走り方によって燃費の変化がはっきり実感できる事等今までの車とは違う楽しみを見出すことができた事も良かったと感じています。
悪かった点
燃費の向上を意識するあまり停止から発進、加速と他のガソリン車と比べるとかなりスローなスタートとなるため、後続車に迷惑と感じさせているところは否定できないと思います。
同じく登り坂においても、パワーモードを極力使わずに走行しようとすると後続車に気を使いながらの運転になってしまうので、自分の意識の持ち方だとは思いますが、少しそういった意味ではストレスを感じます。
その他には燃費向上をさせるため使用素材を軽くしているのは仕方ないのですが、特に後部座席のドアの開閉の際、音があまりにもちゃちな感じがして横から何か当たってきた時に本当に大丈夫か?と思いたくなる様な感じがして恥ずかしくなる。
あとは荷物を乗せるスペースが少ない(狭い)ので不便を感じる。
投稿者
大山 功様 (2010/12/4)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
12000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
27.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
通勤
満足度
97点
次の乗り換え
85%
良かった点
二代目のプリウスを126000キロ走りました。諸経費を入れて300万を超える車を買ったのは初めてで、私としてはとても高級車でした。
しかしプリウスはその価格にふさわしい満足を与えてくれました。とにかく乗っていて愉しい車です。
世界の最先端を行く環境車に乗っている自負心もあります。
一番気にかけたのは瞬間燃費計に出てくる燃費です。少し荒い運転をするととたんに燃費が悪くなります。
当たり前のことですが、、、、おかげで運転がとても大人しくなりました。
それは燃費に確実に反映し6年半乗った平均燃費は多分25km/Lを超えていると思います。
そして今年の9月に三代目に変えました。下取りは30万でした。
ただ性能が二代目よりもいろんな面で良く成っていると聞いていた割には、燃費は3000キロ走って25km/L。
これからエンジンも調子が出て来て良く成るかなと期待していますが、いまのところちょっと、、、がっかり。
それで燃費向上グッズに目をつけて、改善をしようとしているところです。
悪かった点
二代目から三代目にかけて130000キロを走って悪いと思ったところは、走り始めて5分から10分間くらいの燃費の悪さです。
冬はもちろんの事、夏場でもそうです。車の事は詳しくはないのですが、多分自重の重さじゃないかと勘ぐります。
もしプリウスの燃費の良さに弾かれてこの車を買って、近距離の買い物程度に使うのなら辞めておいた方が無難ですね。
多分同クラスの車より燃費は悪いと思います。わたしは通勤距離が往復で40キロあり時間にして50分ほどかかりましたから、燃費がのびたのだと思います。
それともう一つの欠点ですが、車の部品にしろメンテナンスにしろ何かと「プリウス用」と言う奇怪千万なものがありまして、これが市価よりもかなり高い。
しかもトヨタにしかない、オイルしかり、車検の時にバッテリーを変えましたら、プリウス用で市価の倍近くしました。
だから全体的に維持費は高いとの印象があります。
でもまあ乗っていて愉しい車ですよ、どこが愉しいかって、それは乗ってみれば分かりますよ。
私なんか貧乏だしこんな高級車に乗るとは思っていなかったのですが、買って良かったと思っています。
投稿者
zenzen様 (2010/12/6)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
25.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
福井県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
80%
良かった点
燃費がよいので通勤や出張の旅費が浮いてくることがよい。
大都市であればあるほど、渋滞が大きければ大きいほど、他のガソリン車と比べて相対的な実用燃費はよくなります。
また音が静かなので運転中は乗り心地がよい。
さらに、スタイルがよいので乗っていても楽しい。
スイッチ類の位置、配置がとても手を差し伸べたちょうど良い楽な位置にある。
また、最近世間で騒がれている、省エネルギーや環境対策に協力しているという充実感もある。
悪かった点
音が静か過ぎて特に出発時の近くにいる歩行者や走行時の自転車に乗っている人に気づかれにくく、危険性を感ずることがたびたびある。
車体が低いため小さな段差や急激な坂道から平坦な道路に出るときなど、車体の腹の部分をこすってしまう。
また斜め後方の死角がひどすぎます。これが致命的な欠点です。
アクセル感覚は良いが、ブレーキの感覚が普通のエンジン載せてる車と比べると、違和感がある。
ブレーキを踏もうかといつもの車と同じ感覚で踏むと、急ブレーキに近いような感じでかかるので、モーターはトルクが高いから仕方ないのかもしれないが、もうちょっと考えて欲しい。
投稿者
こうすけ様 (2010/12/16)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
9600km
市街地燃費
18.5km/L
平均燃費
20.8km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
東京都
運転状況
街乗り
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
毎日の買い物や送り迎えでほとんど片道2~3kmしか走らない待ち乗り中心。それに郊外の住宅街なのでアップ&ダウン多い地域です。
今まで軽自動車でも12km/Lが最高燃費でした。GSには月平均3~4回給油。
近くのGSはガソリンが高いので、わざわざ遠くの安いガソリンを給油しに行ってました。
プリウスに乗り変えてから気付いた点は、街乗りなのに19km/L以上走るのにエコモードでもパワーを失わないで気持ちよく走れる事です。
それにノーマルモードはもっとパワフルに走り♪パワーモードではターボ?見たいにモリモリハイスピードが・・・。
ちょっと怖い位エンジンパワー+モーターパワー!!まるで別の車に乗っているみたいです。
この3種類のモードを楽しみながら平均20km/L以上の燃費!
パワーと燃費は相反するものと考えていた僕にとって夢の様な車です。
今度遠出に出て高速での燃費がとっても楽しみです。
悪かった点
トヨタさんは早くハイブリッド車を世に出したかった結果だと思いますが、室内の作りがチープです。
初代プリウスの様なブレーキフィーリングは大分改良してきましたが、スタイリングがもうちょっと未来的でない。
普通の車のスタイリングで×です。
確かにバッテリー?の小型化で少しはトランクスペースは確保出来てるけど、リヤ?バック?後方の視界は最悪でリヤワイパーなんて無くても良い位役立たずだし、バックモニターが付いて無ければ、車庫入れやバックでの駐車する時は充分な運転の慣れ?か感が鋭くなければ怖いと思います。
投稿者
やま様 (2010/12/18)
年式グレード
2010年式 L
年間走行距離
10000km
市街地燃費
22.1km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
26.5km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
通勤
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
今年の7月にプリウスを購入。それまでは、ホンダのステップワゴンに乗っていたので、燃費が全然違うのがいい。
それまでは、市街地で8km/L、高速で10km/Lだったので、プリウスにして1月当たりのガソリン代が60%くらいカットできた。
子供が東京と福井にいるので、遊びに行こうとと思っても、ガソリン代がバカにならないので、回数をセーブしていたけど、7月からは、あまり気にせずドライブできるようになりました。
また、走行時や信号待ちの静寂性もとても気にいってます。
悪かった点
はっきり言って、不満は無いです。
あえていうなら、最近寒くなったせいか若干燃費が落ちたかなと思っています。
今月に入ってスタッドレスタイヤに換えたのと気候が寒いのが原因か?来年の3月にタイヤ交換したら又元に戻ることを期待しています。
また、駐車中はエンジンが回転していないので、冬の朝は車に乗って5分くらいは車内は寒い事。
もう一点は、郊外のスパーなんかの駐車場を走る時、あまりに静かなので歩行者が気がつかない事。
こちらが近づいても、全然気づかず、気ずいてくれるまで、ゆっくり走ってます。
投稿者
hiro様 (2011/1/1)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
8000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
山口県
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
以前、ディーゼル車に乗っていた頃、ラジオやCD音が聞き難くボリュームを少し上げて聞いてましたが (雑音も多い) ハイブリッド車はエンジン音が非常に静かであるせいか非常に音が聴きやすく音響も素晴らしく良いようです。
この間、往復で約260km走行しましたが、なんと燃費計が31.6Lと出ているでわないですかさすがプリウス。
この様に、ハイブリッド車はいろいろと自分の運転方法でかなり良い燃費が出せる車なので気に入ってます。
悪かった点
かなり燃費を意識した車である事が良く分かる車だと思います。
モーターからエンジンに以降した時のトルクの低さで後ろの車に迷惑がかかり、自分自身もストレスになります。
パワーモード走行だと、良い走りをするのですが燃費がかなり悪くなりハイブリッドの良さが無くなる様で、またモーター走行だけでの走行も後車に迷惑がかかり普通モード走行だとかなりストレスを感じる車だと思います。
投稿者
ミスターマック様 (2011/1/10)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
7000km
市街地燃費
15.7km/L
平均燃費
18.4km/L
高速燃費
22.6km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
70%
良かった点
以前に乗っていた車は、全てハイオク仕様となっていた上、6気筒のため燃費が良くなく平均7.0~8.0km/Lでガス代が結構負担となっていた。
今回購入したプリウス30は平均燃費は公表程良くはないが、平均して18km/Lでレギュラーガソリン仕様のためガス・スタンドへ行く回数も減り、大きく燃料代が改善している。
しかし、年間の走行距離は然程ないため、ハイブリッドの割高分(購入時割引は一切なく0%であり、オプションも一切付けては頂けなかったことも含めて)を吸収できるかは不明。
また、以前の車は全てセダンやクーペであったため、着座するシートは深く、乗り降りは決して楽とは言いずらいものがあったが、現プリウス30は着座ポイントが高く、この点容易であり、満足している。
悪かった点
良かった点で、記載したように以前に乗っていた車は全て6気筒のため、エンジン回転は滑らかで、走行音(エンジン音、タイヤ音等)も車内に侵入せず車内は常時静かで会話も高速走行時にも通常声レベルで問題無くでき、そうした面で高級感があった。
今回購入したプリウス30は街中走行では、非常に静かで満足出来るが、高速走行時には4気筒の粗さが現われてくる。
4気筒は6気筒並みの滑らかさはなく、振動や遮音レベルも6気筒車並みの対策が施されているわけではないため、高速を含めた走行距離が長くなると多少疲れを感じる。
レクサス・ハイブリッドやトヨタ・サイのようなセダンタイプであれば遮音性は多少良いが(乗車実績から判断)、6気筒程の滑らかさはやはり無い。
この点が不満ではあるが、6気筒ハイブリッドを望めば、価格面で折り合わない。
EV車はまだ、走行距離や真夏の雨の夜間走行時(エアコン、ヘッドライト、ワイパー等の使用時で且つ渋滞)の場合に不安がある。
投稿者
tak様 (2011/2/24)
年式グレード
2010年式 S-LED
年間走行距離
20000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
20.6km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
95%
良かった点
毎日往復約70kmの通勤に使っておりますので、とにかくランニングコストが最高です。
北海道の寒冷地での使用の為、暖房を使わなければ、もっと燃費は伸びると思います。
納車からちょうど2ヶ月で、少しずつプリウスの性格がわかってきたような気がします。
広い意味でこれからが非常に楽しみです。
車暦が FR→4WD→クロカン4WD→4DW→現在プリウス
初めてのFFで心配でしたが、北国の大雪でも結構安定しています。
悪かった点
(1) 燃費を気にしての走行時では、モーターでのゼロスタートでの加速が弱く、他車の迷惑になってしまう。流れに乗ろうとエンジンの力をすぐ使用すると当然燃費が落ちてしまう。そのジレンマが歯がゆいです。カタログ上では強そうなのですがモーターの力がもっとほしいものです。
(2) もともと、車を触るのが好きですが、エンジンルーム内は怖くて手が出せない。
(3) 全てがオートマチックで、運転者と車の間に距離感がある気がする。(例、PTCヒータが起動しているのか?タコメーター位ほしい!、水温知りたいetc.)
投稿者
マドロスパイプ様 (2011/3/1)
年式グレード
2010年式 L
年間走行距離
8000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
28.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
まず第1にあげられるところは、思った以上に燃費が良いところ。
郊外で他の走行車両が少なく、信号などもないところでは制限速度+5km位で走ったが驚いたことに、1日の平均燃費が35km/Lと表示された。
その後、街中走行を続けているが、現在でも29km/Lの平均燃費を保っている。
街中走行で1走行あたりの燃費は17~18km/Lであるが、たまに郊外を走るとまた総平均燃費は向上する。
現在のところ、昨年7月2日の納車以来燃料補給は7回目でまだ満タンに近い。
販売店で、「何時燃料を入れたか忘れることがある」と冗談半分に言われたが、あながち冗談ではないような気がする。
悪かった点
ハイブリッド車は騒音が少なく、特に低速走行時は歩行者が気づきにくく危険だという指摘があるが、結構音は大きく静粛性はあまり代わらないと思う。
次に、ドアを閉めたときの音が若干気に入らない。軽自動車程ではないが音が安っぽい。
エコカー減税等のメリットは、もともとの車両価格から見れば+-:0と感じている。
投稿者
K2様 (2011/3/21)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
13000km
市街地燃費
25.5km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
23.5km/L
都道府県
広島県
運転状況
郊外走行
満足度
80点
次の乗り換え
70%
良かった点
・何と言っても燃費の良さでしょう。夏秋期はメーター値で28km/L以上出ます。
・エンジン停止時でもエアコンが効く。これ最高!!
・PWモードは力強い。高速も何もその・・・
・EVモードで走行できる距離が結構長い。
・初代と比較すると、高速走行時のモーター音が無くなった。静カ~
・思ったより室内スペースが広い。
・運転席にも吊輪?がある。これ、乗降りにラクチン。
・車に近づくと車内灯が点く。夜間はとても便利。
悪かった点
・内装が安っぽい。まあエコカーだから仕方ないか!
・暖房が効きにくい。同上。
・後席に乗ると後部からの騒音(ロードノイズ)が気になる。
・サスに難点がある。
・ドアの開閉音が安っぽい。
・エコカーにエコモードはいらない。
・他にも色々あるが、この価格でそれらを言うには欲というもの。
投稿者
kaz様 (2011/3/27)
年式グレード
2009年式 Gツーリング
年間走行距離
9000km
市街地燃費
15.0km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
90%
良かった点
とにかく燃費が良いところです。計器類を見ながら、ゲーム感覚で燃費を伸ばしていく楽しさに毎日没頭しております。
以前はマーク2のターボ車で生涯燃費が7.5km/Lでしたので、ガソリン代が半分以下となりました。
また、停車時及びモーター走行時の静粛性が格段に良いことです。
特に停車時は全くの無音状態で、隣のガソリン車のエンジン音が気になる程です。
カーオーディオもエンジン音に邪魔されず、クリアな音響で聞くことができるのも良いところです。
悪かった点
加速時及び峠の登坂時にパワー不足を感じます。
1.8Lのエンジンを搭載しているのであれば、もう少しパワーがほしいところですです。
また、夏期の燃費は良いのですが、冬期は室内の暖房にエンジンの冷却水を使用しているため、室温の保持のため常にエンジンが稼動している状態であり、燃費がかなり悪化(12Km/L程度)することです。
寒冷地仕様のPTCヒーターが作動しているものの、全く役に立っていません。
投稿者
たか様 (2011/4/11)
年式グレード
2009年式 L
年間走行距離
20000km
市街地燃費
29.0km/L
平均燃費
28.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
群馬県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
最近、ガソリンが高くなってきているので、燃費がいいことは大変助かる。
それと、満タンで、1100km以上走るので、給油回数が少なくてすむのもよい。
最近、給油のためのガソリンスタンド行列ができていたが、行列に並ばなくてすんで、よかった。
悪かった点
特にないが、スポーツ走行みたいなことをしようとは思わなくなった。
全てが燃費をよくするために作られている感じで、あまり飛ばす気にもならない。
静かすぎて、気づいてもらえないこともたまにある。
おそらく、気づいていないだろうな。と思いながら運転しているので、危ないと思ったことはないが、歩行者が驚いた顔をしているのを見ると、申し訳ないと思う。
投稿者
チョコたんパパ様 (2011/4/12)
年式グレード
2010年式 G
年間走行距離
12000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
18.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
東京都
運転状況
街乗り
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なによりもハイテク感です。
今まで仕事も含めて色んな自動車に乗ってきましたが、今までのが機械とするとロボットというかマシンって感覚が味わえました。
あとは定番ですが燃費により~まで行っても高速代も安いし、今まで数万円かかっていた交通費が数千円で済んでしまう。
このご時世ガソリンが高価格を推移しておりますが、高くなれば高くなるほど「お得!」な気がします。
友だちを載せると静音性にも驚かれ、ちょっと自慢げな気分にも。
他には安全運転になりますね。
今までは2車線道路であったら信号ダッシュをかけたり、反対車線が流れていたりするとイライラしてしまっていましたが、燃費を気にする為にダッシュはおろかスピードも法定速度で流れていると嬉しくなってしまいます。
なんとなく「どうぞ♪」の気分でドライブが楽しくなります。
ハイブリッドカーに一度乗ってしまうと、次からはもう普通の車を買おうとは思いませんね。
悪かった点
悪い所はあまり無いのですが、軽くしている影響か車内の音が外に漏れやすいです。
ハンズフリーで止まっている車内でしたが、外にいた家族の話では外にまる聞こえだったっらしい。。。
音楽も普通に聞いているだけなのに、はたから見ると一昔前の「ドカドカ」うるさいいきがり車みたいです。ウーハーとか付けてそんな車にしてしまえば良いんですが、家族がいるこの年でちょっとイタイ???
ドアも軽量化の影響で「パタン」と少々見た目に比べて情けない音が気になりますね。
良い所で安全運転と書きましたが、反面、プリウスの場合はインジケータを気にしてしまい少々意識が前面100%となっていないかもしれません。
特に横の注意が弱い気がします。
あと、決定的なのは他の車に乗ると酔ってしまう。らしいです。
というのも私は運転手なのでそんなに気にしないんですが、家族は他の人が運転するガソリン車とかに乗るとハイブリット特有の「ス~~」といった感じが無くガタガタしている感じがして、酔いやすくなったとのこと。
良い点なんですが、悪い点でもあるってことですね。
投稿者
dreamymickey様 (2011/4/13)
年式グレード
2010年式 Sツーリングセレクション
年間走行距離
9000km
市街地燃費
15.8km/L
平均燃費
17.2km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
東京都
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
100%
良かった点
一番は走行が静かで、何より電気で走る時は空気が汚れないのは一番です。
またメーターが燃費を気にするような作りで、知らず知らずに優しい走行になっています。
ガソリンが高騰していますので、ハイブリッドはやはり強みであり走行距離が非常に長く、一度ガソリン満タンにすると忘れたころ給油といった感じです。
高速などでも頻繁に給油がないので煩わしくないのも良い点です。
CVTとの相性はばっちりでなめらかな走りができます。
とても市場に出回ったのでパーツが沢山あり、取り付けが楽しいのもよかった点です。
悪かった点
想像していたより燃費が伸びていない。また重量が非常に重いため、人が乗るとそのまま人数分重い走りになり、坂道も同様とても重く感じます。
ハイブリットだから仕方ないのでしょうが、バッテリーを積載しているがため、室内の移住空間は狭いです。
冬場真っ先に感じたのが、ヒーターが暖まらない(遅い)寒い!という点です。
なので、純正シートヒーターを高額で装着しました。
車両価格と燃費と比較して"元が取れる"人は多くないような気がします。
まだまだ未完成、プラグインが普通に装備されて日常電気だけで用が足りるようになった時が本当の買い時期に思われます。
おまけで、プリウスは走り過ぎで、どこもかしこもプリウスがたくさんで嫌になることもあります。
投稿者
長坂様 (2011/5/2)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
29.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なんといっても燃費。今まで乗ってた車はどんなにがんばっても、13~15km/L、これがちょっとエコ運転すると27km/L位になる。
自然とエコ運転になるし、1分ごとに出てくる燃費をいかにして伸ばそうかと頭を使うし、ゲーム感覚で楽しめる。
また、電気だけで走っているときの静粛性、当たり前だが電気自動車の感覚も楽しめる。
が、加速が必要となれば、一踏みで2.3リッター相当のパワーで加速してくれる。
まさに一粒で2度おいしい。しばらくは電池のみでは苦しいだろう。現状で最適なシステムと思う。
将来的に電池性能が上がり値段も下がれば、エンジンも小さくてすみ、そうなればさらに車も軽くなり、車のデザイン的にも自由度が上がり、燃費もさらに驚異的に上がり夢の車になるだろう。
悪かった点
今のところ、許せないほどのところは無いが、いろんな評論家が言っているように、足回りがいまいち。
路面のショックの拾い方がきつい。
聞くところによるとショックアブソーバーは4000円程度のものを使っているとのこと、ヴィッツ以下らしい。
車格に合わせてもう少しましなものにしてほしかった。
後、制御用バッテリーが6万円もするらしい。
車が240万、駆動用バッテリーが12万ほど、バッテリーが6万って本体の20分の1とはなんかおかしい気がする。
投稿者
がに黒様 (2011/5/30)
年式グレード
2010年式 Sセレクション
年間走行距離
5000km
市街地燃費
24.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
27.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
ドライブ
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
プリウスの内外デザインすべてが気に入って購入しました。
比較的短納期の約1か月で納車することができ、納車時の新鮮なスタイリング印象は今も思いだされます。
走行距離は現在まで約3000Kmと非常に低走行距離数ですが、ハイブリッド車の宿命ともいえる燃費に関してはカタログ数値には全くとどきませんが、常識的な走行においての燃費をはるかに超える燃費はさすがハイブリッド車であると感じています。
また、スタイリングに加えパワーモードでの走りの素質は、ぜひ味わってほしいプリウスの魅力の一つだと思います。
悪かった点
スタイリングが第一購入動機だったとはいえ、さすがにECOモード走行、特にスタート時のかったるさに関しては閉口しました。
進まないのです。アクセルを踏んでも進まないのですと言いたくなるほどでしたが、冷静に考えこれがハイブリッドプリウスなんだと自分に言い聞かせました。
燃費重視でのモーター駆動スタートを考えると当たり前のことなのですが、未だになれないスタートフィーリングです。
ノーマルでのスタイリング重視でしたが、見るにつけ運転するにつけもっと個性を身につけさせたく、弄りの悪い虫がいつもどうりうずきだしてきていますが、プリウスの個性を崩さず付き合っていきたいと思います。
投稿者
PPPprius様 (2011/7/25)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
12000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
19.0km/L
都道府県
宮城県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
60%
良かった点
乗用車で何も考えず誰でも、どこでも、いつでも約20km/Lで走ってしまう燃費性能は、今のところ世界中見回しても比類なき高性能であることは間違いないと思います。
【プリウス=ハイブリッド=良い買い物=社会的に安定している人が所有している。】勝手な連想ゲームですが、車というのは所有し乗っている人間を如実に現す場合があると思います。
自分がどういう人間であるかは置いておいて、ハイブリッドカーで冠婚葬祭、高級ホテル、デート、近状の買い物、どこへ乗っていこうと嫌味なく受け入れられる稀有な存在ではないでしょうか。
悪かった点
つまらない。トヨタのイベントでサーキットでプリウスを走らせる機会があったのですが、パワーモードにしようが、どうしようが積極的に走ることに関してこれ程つまらない車も珍しいと感じました。
個人の消費者にとっては結局コスト高になってしまうところ。
同じクラスのアクシオやフィールダーと比べた車両価格の差額を燃費や諸経費で元を取ろうとしたら一体何年掛かる事やら。
そんなことをしている内にバッテリーの耐用年数を迎えてしまったらと考えると、今の燃費が良いからと喜んでばかりはいられません。
投稿者
reg様 (2011/7/30)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
21.7km/L
高速燃費
25.3km/L
都道府県
東京都
運転状況
通勤
満足度
次の乗り換え
%
良かった点
良かったところは何と言っても燃費が素晴らしいところでしょうか。
毎日の通勤等で車は欠かせず 休日にはレジャーにと車の欠かせない生活になっていて、今回の新車購入前は3.4リッターV6の4WDでしたので市街地では5km/Lから6km/Lの燃費でしたので給油回数・およびガソリン代も半端なく最近では残業なども減り収入が減っている状態なので、出かけるにも用事を頼まれるにも燃料計が気が気でなくストレスにもなっていましたが、プリウスに変えてから市街地でも20km/Lは十分出せるので、お財布も心情的にもストレスから解放された感じです。
またスタイリングもスーパーカー並みの空力抵抗で気に入ってますし、バッテリー走行が可能なプリウスは、ほんとに静かで気持ちがいいです。
悪かった点
プリウスの悪かったところは、誇大広告による期待値がもともとあったせいか、カタログ記載の燃費ですね。
10モードが38km/L・JC08で35km/Lだったでしょうか?
どう足掻いても30km/Lなんて一般的な走行では無理な数字です。
田舎の車がほとんど来ない長距離な道や深夜の首都高速を意味もなくグルグル走れば可能かもしれませんが、一般的な生活圏内ではありえない燃費の記載。
加えて軽量化やコストダウンのためかプラスチック部品の多いこと。
それから元々静かなせいか、防音にもかなり手が抜けていると思います。
ドアの開閉音は軽の様で、ルーフは普通の雨でも大雨の様な音なので、ドア・天井とデッドニングをしました
後、対外的に「ハイブリットカー=遅い車」と思われているのか、やっかみ半分か後続車がプレッシャーをかけるパターンが多いですね!
まあパワーモードでアクセル踏めば、ついてくなくなる車が殆どですが・・・。
投稿者
うな様 (2011/8/10)
年式グレード
2010年式 L
年間走行距離
12000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
18.5km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
街乗り
満足度
100点
次の乗り換え
45%
良かった点
たまたま親のクルマの買い替え時期と「エコカー減税」が重なりハイブリッドカーを所有することとなりました。
まだまだ「電気自動車」としては、バッテリーカーやモーターアシストなど、機能的にも各社さまざまでバッテリーの寿命の心配などもあったのですが、モーターのみの走行時の静かさや、バッテリー走行からエンジン併用に切り替わる時のスムーズなところを体感すると良さが解りました。
走行中に充電でき、走行可能距離の心配をしなくていいところも、ガソリン車からの乗り換えも問題なくて良いとおもいました。
悪かった点
移動の手段としては万人に受け入れられる十分なレベルなのでしょうが、趣味が「クルマ」と自負している僕としてはおもしろ味に欠けます。
パワーがどうのとか、足回りの味付けがどうのではないのですが、エンジンの回転を上げていった時の振動、うなり音を感じてワクワクしたいと、思ってしまう自分が悪いところでしょうか?
投稿者
タカノツム様 (2011/10/16)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
14000km
市街地燃費
15.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
出張で度々仙台を往復(約700km)走行した場合において、以前乗っていた車(2400cc)の燃費と比較しても比較しきれない。
エコカーと言うことで走行性能に疑問もありましたが、前車よりも燃費を気にしないと加速性能は良いし、速度も知らない間に出ています。(高速道路では。)
普段の運転では燃費を気にして走行に心がけている時、資源を有効に使っていると認識させられますし、家計の為にもなって大変助かっています。
3月11日の震災の日はたまたま仙台出張で帰りも心配しましたが、問題なく長時間かけて帰ってくることができましたし、ガソリン不足にも係わらずガソリンスタンドに並ぶこともありませんでした。
悪かった点
購入価格が高いのがネックとなりました。
車重を軽くするためだと思いますが、車体が貧弱でちょっとCDの音量を高くすると外にも筒抜けになってしまいます。
購入後1年経って洗車後ハッチゲートを開け水滴を拭く時に、点のようなサビを見つけまして早速購入先に連絡を取りクレーム処理としましたが、塗装に関してトヨタの場合には信頼をしていましたが残念でした。
投稿者
のぶ様 (2011/10/28)
年式グレード
2010年式 ST
年間走行距離
12000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
20.5km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
燃費が良いことはもちろんですが、燃費を気にしながらゆっくり走る癖がついたことがすごく良かったです。
おかげでゆったりゆったりとした気分で運転ができます。
以前は意味もなくアクセルを踏み込んでいましたが、現在はそのようなことはありません。
おかげで周りの景色も今まで気づかなっ買ったことも気づくようになりました。
これからの時代はすべてにおいてゆとりが大切であると感じさせられました。
また、ちぇい者しているときは非常に静かです。
悪かった点
燃費は非常に良いのですが、逆にトルクのなさを感じます。
必要以上にスピードを求める走りをしているわけではないのですが、流れに乗るときや、交差点で合流するとき、
右折するときはパワーモードにしないとストレスを感じます。
もう少しトルクがあればよいなと思うことが良くあります。
また、内装は軽くするためにプラスティックを多用しており安さを感じます。もう少し内装の作りに重厚感が必要です。
17インチのタイヤのロードノイズは、もう少し静かであるべきだと思います。
投稿者
チルド様 (2011/11/22)
年式グレード
2011年式 S LED
年間走行距離
20000km
市街地燃費
22.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
福岡県
運転状況
通勤
満足度
60点
次の乗り換え
100%
良かった点
プリウスに乗っています。良い所は
(1)エコカーである事
(2)燃費が良いこと
(3)社内が静かな事
(4)地球環境に貢献している事
(5)次に車を買い換える再にハイブリッド車又は電気自動車を購入したくなる事等、エコカーに乗ってしますと普通のガソリン車には乗れない特性があると思います。その他個人個人ては感じ方が違うと思います。
(6)エコカーの特性を最大限に発揮できる可能性がありそうな所
(7)ガソリン車の走り方では現在の交通事情では交通事故等のリスクが大いにあること等多数ひそんでいると思います。
現在、プリウスが町の中を多数走行しています。
購入した目的はやはりガソリン価格の向上と減税の影響が多きのではないかと思います。
しかし、このような状況の中でも、やはり自分の車は他のプリウスとは違う差別化をはかりつつも、ハイブリット車の可能性を試したく今回の応募に当選致したく思います。
悪かった点
プリウスのS LEDは、Lに比べ、アクセルが重い、ハンドルが重い等の違いがあります。
特にECOモードでエアコンを使用しているとアクセルの重さがあり、踏み込みたいのですが燃費が気になり、アクセルを踏み込めないストレスがあります。
また、サスペンションが固い、タイヤと路面の設置が悪い、高速走行ではある程度安定しますが中速走行時の車の安定が悪い等の不満があります。
エコカーだから燃費が良いという事は間違いであります。
メーカー側で設定している条件だけでは、本来のハイブリット車としての機能は十分に発揮できておりません。
本来持っている、車としての完成度はありますが、そのまま乗り続けるには改善を施さないともったいない気がしています。
お金をあまりかけずに改善する方法して、燃費も向上させる方法を探しています。
投稿者
なが様 (2011/12/5)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
12000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なんと言っても燃費が桁違いに良い、一派よくなるケースとしては、70km一定で走ると基本電池で走り、足りなくなるとエンジンを回して走り、同時に充電する、30km/Lは軽く超える。
また安全運転になった、以前は高速120km位普通に出していたが、燃費が表示され100kmを超えるととたんに悪くなるのが目に見えて表示されると、スピード出す気がしなくなる。
燃費的には80km位で走りたいが、高速ではかえって迷惑になるケースもあるので、80km位のトラックの後をつけてゆっくり走っている、かなり正確な燃費計がついているので、燃費が伸びるごとに喜びを感じる。
他には、最先端の技術を堪能することができるということ、これは実際に自分で乗らないと分からない、感じられない。
また、購入時ちょうどエコカー減税をフルに受けられた。
悪かった点
基本的にハイブリッドカーとしての悪い点はほとんどないが、しいていえば、ハイブリッド分約30万円高い(プリウスの場合、それでも本当の値段をつければ500万とか700万とかいう話もあるので、それを考えれば安い)、その高い分を燃費で取り返すのに、乗り方にもよるが約6万キロ乗らないと元を取れない、お金だけ考えると結構乗らないと元を取れない
また、プリウスに限ってだと思うが、乗り心地、(ハーシュネス)がきつい。ショックをけちって安いのをつけているそうだ。
あとは燃費対策で特別タイヤをつけているが、ハイブリッドだからというわけでないがこの燃費タイヤの乗り心地が悪い。(硬すぎる、燃費のためどうしても仕方ないのだろうが、なんとかして欲しい)
投稿者
タカノツム様 (2011/12/5)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
14000km
市街地燃費
19.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
秋田県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
出張での長距離運転では燃費が良く同じ仲間が私の車で行こうと相乗りして行ったりして、このご時世では大変助かっています。
田舎暮らしでありますので車が必要必要品であり、燃費が良いことは家計にとっても良い。
また、3月11日たまたま出張で仙台市に出かけていましたところ、東日本大震災に合いまして片道320km(往復650km)を帰りましたが、途中での燃料補給無しで帰れました。
停電及び燃料不足でのガソリンスタンドの給油制限に合っても特に気にすることは無かったです。
夏場で冷房をかけても燃費に影響がありません。
悪かった点
3ナンバーでありますが室内の狭さが少し気になりますし、フロントピラーが太く右側前方が見えにくい事があります。
後方視界もあまり良くは無い。
地域的に暖房を取るためにヒターを回すと燃費が極端に悪くなる。
燃費を重視するためか、貧弱なためか室内のCDやTVの音量が外にはっきりと解るのはどうかと思う。
投稿者
skuri様 (2011/12/6)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
22.5km/L
都道府県
通勤
運転状況
大阪府
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
今回、プリウスは燃費、スタイルも良く、高級感も感じたので購入しました。
購入しての実感ですが、燃費に関しても平均20.0km/Lはいってくれますし(これまで1週間に1度は給油しなければならなかったのですが、プリウスにしてからは3週間に1度で済み、助かっています)、乗っていて「カッタルさ」というものも慣れてしまえば問題ありませんし、PWRモードを使えば他車に見劣りすることのなく加速感も楽しめます。(ECOモードはそれなりですが、NRMモードでは結構走ってくれます)。
何よりも先進性のあるスタイリングと、LEDヘッドランプ等がこれまでにないもので、毎日乗っていてもある種の優越感と満足感が得られる点が良いですね。
ボディの色も白が似合う車で、この点も気に入っています。
アイドリングストップ。
悪かった点
悪かったところはあまりないのですが、あえて挙げるとすればブレーキの「キー・キー音」ですね。
低速時に物凄く大きな音がするのですが、このときエンジンも止まっているので余計にこの音が目立ちます。
一度ディーラーで調節してもらったのですが、まだ直っていません。
それと悪かったともろではないのですが、気になるところとしては、アイドリングストップ&ゴーが頻繁に起こりますが、エンジンとバッテリーに負担がないのか気になりますね。
耳にする話ですが、プリウスのバッテリーの価格が他に比べて、かなり高いということなので、耐久性も心配です。
燃費に関しては満足しているのですが、冬場の燃費がもう少し良くなればと思います。(夏場よりも1割は落ち込みますので)
投稿者
ゴルフ親父様 (2011/12/8)
年式グレード
2011年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
さすがに売れている車だけあって納得できる部分が多くあります。
そして、性能面から見ると驚くほど安い車といえると思います。
納車されてから日も浅く、実燃費がどれくらい伸びるのかは不明ですが、23km/L以上を期待しています。
先日、ガラス系ワックスの販促があり、その営業の方がプリウス2009年型で来ていましたが、燃料補給は1000km毎です。と言っていました。25km/L以上ですね。
プリウスの運転のコツは、スタートをエンジン併用で流れに乗る程度までは加速し、その後は電気主体の走行に心がけているとの事でした。ハイブリッドでもアクセルを踏むことが重要です。
10月に契約しましたが、車両値引き25万円、オプション値引き6万円と、ハイブリッドにしては好条件と判断し購入しました。
マイナーチェンジ後は10万円以上値上がりとの事ですね。購入を考えている方は、がんばってください。
悪かった点
なんといっても、燃費を気にしすぎる運転をしてしまいそうになる。
もともと燃費のいい車なのですから、少しくらいはアクセルを踏みましょう。
ECOモードでの発進加速は、周りの迷惑になる。これは止めましょう。
加速中の瞬間燃費が、底に着くくらい低く表示され「この野郎」と思ってしまう。
せめて10秒間の平均燃費表示であれば、もっと運転が楽になると思う。
街の中を走行していると、同じクルマが多すぎる。その分多少のことで個性を出したがる。(私の場合は、ドルフィンアンテナ、ドアノブカバー等)
オプションが多すぎる。されもこれも戸考えているとかなり高価なクルマになってしまう。
燃費を伸ばしたがるために、添加剤等高価なものを与えてしまうようになる(笑)。低燃費車の意味が無くなる。
維持費を安くしようと持っていますが、面白がってなんかしたくなります。
投稿者
ひま耕作様 (2012/1/11)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
18000km
市街地燃費
16.0km/L
平均燃費
16.5km/L
高速燃費
19.5km/L
都道府県
青森県
運転状況
通勤
満足度
98点
次の乗り換え
50%
良かった点
スロットルコントローラーを装着し、アクセルレスポンスを変更したので、加速については満足しています。
高速道路では横風等の影響を受けにくく、安心してスピードを出すことができます。
青森から富山まで走行しても疲れませんでした。
隙間テープ等で遮音をしているので車内は大変静かです。
100km/hでも大声を出さずに会話ができます。オーディオ等もよく聞こえます。
悪かった点
ECO及びノーマルモードでの発進加速は耐えられませんでした。
スロットルコントローラーを装着するまでは、いつもパワーモードで走ってばかりいました。
燃費はカタログのように伸びません。
最初のころは燃費を大変気にしていましたが、ストレスがたまるので気にしないでアクセルを踏むようになりました。
室内は3ナンバーですが狭いです。長距離は家族から不満が出ます。
ドアの開け閉めの音が安っぽいので、デッドニングをしました。
室内がプラスチックだらけで、特にダッシュボードが傷つきやすいです。
また寒くなってくると、ビビり音がダッシュボード付近から出始めます。暖まると大丈夫なのですが、対策に苦慮しています。
後方視界もあまり良くは無いので、車線変更とかは気を使います。ミラー等を増設して対応しています。
寒冷地仕様のためバック灯が一つしかなく、バックの際に「バック灯が一つ切れてるよ!」とよく声をかけられました。
その度に説明をするのが煩わしかったです。
足回りはカーブ等で段差があるとバタバタしやすいです。
ショックも17インチにアップしているので、大きく感じます。ショックを替えてみたいと思っています。
投稿者
ゴルフ親父様 (2012/1/24)
年式グレード
2011年式 S
年間走行距離
18000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
走行中の騒音が少なく、高級車並みの乗り心地です。
もちろん燃費については、通常の1500cc~2000ccの約2倍の数値が出ます。
私のゴルフ仲間ではプリウスが4台、fitのシャトルハイブリッドが1台です。
昨年末マイナーチェンジ前では、プリウスの値引きがあり、フィットハイブリッドシャトルと購入額が同じくらいでしたので今回、プリウスを手に入れることとなりました。
まあまあいいですね。静で燃費のいい車は。
とにかく、郊外の信号の少ない平地を走行するのなら、25km/Lくらいは走ってしまいます。
面白すぎて走る喜びが、ハンドリングやパワー、スピード、テクニックであったのが、のんびり、クルマの性能を違う意味で引き出す方向になります。
悪かった点
燃費と乗り心地がいいので、ついつい夫婦で長距離ドライブへ出かけてしまいます。ガソリン代があまり変わらない状態です。
街中に走ってます。あまり見かけない赤にしましたが、それでも同じクルマが走っているのです。
他のクルマと少しでも見かけを変えようと、少ないお小遣いを捻出し、インチアップや、マフラーの交換をしようと考えてしまいます。
手ごろな車が、少しづつ高価なものになってしまいそうです。
燃費をきにしぎるとかめような走りとなり、渋滞を起こしそうになります。
多少元気に走っても17km/Lくらいは出ますので、しっかり走りましょう。
ノーマル者を運転しているのが、中高年の夫婦が多く、多少のエアロを装着しているのが若者とハッキリしています。
投稿者
プリウス28様 (2012/1/24)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
14000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なんと言っても燃費が良い、今までと次元が違う、ついこの間まで近未来の夢の車が、今実際に乗れる。
また、瞬間燃費、一分、五分燃費が出るので自然とゆっくり運転になる。
高速でも今までは120キロが普通だったが、今では80キロくらいが基本(燃費だけなら70キロくらいがベストだがさすがに高速では迷惑になるので、トラックの後ろをゆっくり走っている)、自然と安全運転になった。
今までは高速に乗るたびに家族と喧嘩になっていたが、今では全くなくなった。
悪かった点
悪いところは基本的にはないが、しいていえば、燃費稼ぎのためにタイヤが硬い。
プリウスだが、足回りが基本的にけちっている(特にショックアブソーバー)せいもありタイヤの硬さがさらに目立ってしまう。
あとは、売れすぎて町中に同じ車があり、個性がなくなってしまった。
更にちょっと大きな駐車場などでは、自分の車がわからなくなってしまいそうになる。
あと気に入らないのはエンジンサウンド、ゴボゴボとツインカムらしからぬこもった音はなんとかして欲しい。
投稿者
プリウス28様 (2012/2/7)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
29.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
郊外走行
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
瞬間燃費表示、一分間平均燃費、トリップリセットからの燃費など、燃費傾向がよく分かり、どういう運転をすれば燃費が良くなるかよくわかる。
また燃費をよくするため自然と安全運転になった。
高速でも以前は120km/h位で走っていたが、100km/hを超えると燃費が急激に悪化するので、今では80km/hから90km/hが基本。
ちょうどいいトラックの後ろをゆっくりと走っている。
悪かった点
静かすぎて歩行者に気づいてもらえないことがある。
売れすぎて数が多くどこに行ってもいるので、個性がなくなってしまった。
大きい駐車場で似た車が多くて間違えたことがある。
エンジンがかかっているときの音がツインカムエンジンなのにこもった音で耳障り。
また燃費をよくするために燃費タイヤを履いているが、硬すぎて乗り心地悪い。
それにサスペンションが安すぎる。特にショックアブソーバーは安物を使っている(5,000円くらいと聞いた)。
230万円もするものだから、もう少しいいものを使えば劇的によくなる。
投稿者
ぽっちょ様 (2012/2/11)
年式グレード
2011年式 S
年間走行距離
20000km
市街地燃費
23.8km/L
平均燃費
24.8km/L
高速燃費
24.3km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
ドライブ
満足度
75点
次の乗り換え
95%
良かった点
2代目使用後現行を追加したが、前者走行115000km購入。
7年4か月特に問題もなく23.5km/L前後を維持(エアコンオン)。
冬季は21km/L、中期25km/L、夏季22km/L程度で推移中。
後者12月30日、外気0度中央道走行790kmエアコンオン、天候小雪~晴れ往復で24.3km/L。
平均80km/hエコモード時、走行10500km、冬季チョコ乗り外気5度以下の場合18.5km/L程度まで落ちる、走行距離10km前後。
郊外山間部往復走行240km、外気温2度以下、天候晴れ往復28.2km/L、2月10日実施エコモード平地~下呂温泉(スタッドレス使用)
以上のようにモニターを上手に利用し、ゲーム感覚で楽しくエコテクが身に着けれる大人のおもちゃである。
常にエコを意識し、記録更新するために、NO空調走行も決して苦痛では無くむしろチャレンジする楽しさがあると思う。
せっかくモニターにあんなに情報があるのだから、最高級車のみが装備を許されたモニター類がこの車にはついている。
悪かった点
エンジン回転計が無い。メーカーいわく定則回転でオンオフだから必要無いらしい。
しかし不意に走行応力がかかる。振動が発生(セルモーターの始動音が全く無い)暖気のため?
エンジンが回っているのに、バッテリーに充電される様子が無い(デフ使用時)。
加速時、エンジン回転と駆動トルクの関係にかなりずれがある。
使用時の利用率にはかなり無駄が多いと感じる。
本当にフルのトルクを使えば、もっとエコできると思う。
投稿者
dara93様 (2012/2/21)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
18000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
岩手県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
通勤距離が50km/日のため、月走行距離が1,200kmを超えます。
前車は「ノア」でしたが、燃費が10km/Lそこそこで、特に最近のガソリン価格では月2万を超えることも度々ありました。
購入時期は、エコカー補助金(全車の廃車で25万)を別所有の軽トラック廃車で申請し、「ノア」はガリバーにてこれも28万で買取していただきましたので、オプション込み実質支払い総額は200万ほどとなりました。
非ハイブリッド車との差額をガソリン価格で元をとるのは無理(10年以上)かもしれませんが、使用ガソリン量は現在以前の4割程度で済んでいます。気分的には楽ですね。
悪かった点
発注から納車まで5ヶ月かかったこと。
その間プリウスマニアなどを回覧し、いろいろな不具合等も確認しました。
リアサスペンションの硬さ、リアドアの遮音性能、フロントガラスが曇りやすい、いろんな異音がする、冬場の燃費が悪い、等等。ほぼ間違いなく該当する不具合は発生しています。
いろんな方が様々な方法で改善している様子を「みんカラ」などで確認し、常に改善に向けて努力しています。
また、プリウス独自の運転方法があり、既存の非ハイブリッド車とは運転感覚が違うこともあり、頻繁に乗り換える人には不向きと思います。
投稿者
サカズキ様 (2012/4/8)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
10000km
市街地燃費
19.2km/L
平均燃費
21.1km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
福岡県
運転状況
街乗り
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
燃費が良いのが一番の武器だと思います。
今までは、2リッタークラスの車では10km/Lは、なかなか行かなかったのですが、約倍の距離を走るし出足や中間加速も2.5リッター異常な感じで加速してくれます。
また、室内の質感も良くシートのすわり心地も硬くもなく軟らかくもなくで、長時間の運転でもお尻が痛くなりません。
モーターとエンジンのいいとこ取り。
プリウスは、「低燃費」「走行性能」「低排出ガス」「静粛性」という4つのメリットを極めた車だと思います。いいクルマだと思います。
悪かった点
低速走行時、ほぼ、音がしないので狭小の路地で自転車やお年寄りが気づかないことが多いので、たまに、事故になりそうになることがあります。
また、バックも後方確認がしずらいです。
燃費は良いのですが、カタログ値にはならないと思います。
エンジンとモーターシステムがあるので仕方ないのかもしれませんが、購入金額も若干高めのように感じます。
室内なのですが、質感は良いのですがシートの見た目が年寄りくさいです。
エアコン入れると燃費落ち、走りがかったるくなります。
投稿者
GT-Z様 (2012/5/21)
年式グレード
2010年式 ---
年間走行距離
km
市街地燃費
24.0km/L
平均燃費
30.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
高知県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
シビックハイブリッドから乗り継いだのですが、燃費に関しては明らかにプリウスの方が優れています。
結構気温に左右されますが、往復80kmの通勤で、メーター読み38.2km/Lを標示したこともあります。
グレードはSでクルーズコントロールなしだったけど、純正品のポン付けで利用できることがわかり(車によっては追加配線がいるらしいですが)、取り付けました。
高速だけではなく通勤距離も長いので市街を抜けての郊外運転が非常に楽になりました。
悪かった点
やはり価格が若干高くなったのが痛いです。
しかも注文してから納車までに8ヶ月もかかり、かなり待たされる結果となりました。
自分は視力があまりよくないので、HIDのヘッドライトが必須なのですが、搭載車種がなかったので、インターネットで注文してハロゲンライトから交換しました。
あと純正ナビは高いですね。
バックガイドがほしかったのでしょうがなしに付けたけど、車外品なら半額位で買えたのではないかな。
投稿者
プリウス28様 (2012/5/21)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
30.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
街乗り
満足度
99点
次の乗り換え
100%
良かった点
なんと言っても燃費が驚異的。今までの車で高速のみでもフタケタがやっとだったが、街乗りでも20km/L以上、高速に至ってはほぼ30km/L、(もちろんおとなしく運転しての話)ガソリン高騰の折とても助かる。
また、燃費計がかなり正確で、燃費を良くしようと自然に運転がおとなしくなる。
以前は高速で120km位は普通だったが、今では燃費計で80km位が一番よくなるので、トラックの後ろをゆっくりと走ることが多くなった。
家族からも高速で怖いからスピード落としてと言われ、喧嘩になることもしばしばだったが、今では一言も文句が出ない。
あと、3ナンバーのせいもあるが、トランクにゴルフバッグ4個が軽く入る(床パネルを外した場合)ので非常に便利。
悪かった点
自動車雑誌などでも評判が悪い足回り、ハーシュネスが強い。
聞くところによると、数千円のショックを使っているそうで、ほぼ同じ足回りのIS200は良いショックを使っているそうで、足回りの評判も良い。
200万円以上する車なのだから(と言ってもホンダの対抗上だいぶ安くしたとのことだが)もう少し良いショックを使って欲しかった。
タイヤもエコ仕様で硬いタイヤのせいもあると思う。
この点はタイヤメーカーに頑張ってもらうしかないが、これからはエコタイヤがメインになっていくだろうから期待したい。
また、エンジン音が負荷が軽いときはほとんど感じないが、負荷が大きくなったときにこもったような非常に不快な音になる(頻度はそれほど多くはないのだが)。
投稿者
skuri様 (2012/5/22)
年式グレード
2010年式 Sツーリング
年間走行距離
km
市街地燃費
22.1km/L
平均燃費
24.8km/L
高速燃費
24.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
100%
良かった点
兎に角「燃費」が良いこと。
これまで週に1度はガソリンを入れに行かねばならなかったのですが、3週間無給油が余裕で出来るようになりました。家族でちょっと「遠出」する時にはプリウスで行くようになり、燃料代がとても助かっています。
それにこれまでと比べて「のんびり」と運転するようになり、事故を起こす確率も低くなったように思っています(これまでも事故はおこしていませんが)。
燃費が良いのに加えて、スタイリングも気に入っている点で、3ナンバーではありますが、見た目もそれなりに重厚感のある高級感もあり、乗り心地も悪くありません。
内装ですが、本革シートではないのですが、汚れも付きにくくしっかりとしており、価格の割にはなかなかの出来だと思っています。(ただ、純正のステアリングはウレタン製で安っぽかったので、ウッド調のものに交換してあります)
車体の色も「白色」を選び、良かったと思っています。
以上全体的に観て、価格の割には「燃費」も良く、4人がゆったりと乗れる室内で、とても重宝しています。
悪かった点
やはり「ここ一番」といった時の「ダッシュ力不足」ですね。
普段は「ECOモード」で十分なのですが、咄嗟にアクセルを踏み込んだときの「反応の鈍さ」には最初かなり慣れるのに時間が掛かりました。
ダラダラと続く長い坂道でも同じことで、後続の車にかなり気を遣います。(まあ、「PWRモード」にすればものすごいダッシュ力が得られるので問題はないのですが。。。) 燃費のことを考えれば仕方のないことでしょうね。
少なくとも「長い坂道」では「NORモード」に設定しています。 まだ経験していませんが、「バッテリー」が上がってしまって交換するとき、かなり価格が高いと聞いていますので(今までのものと比較してですが)、心配しています。
最初「フロア下」あたりの剛性感不足でしょうか、「ブルブル」と震えるような印象がありました(E@TechさんのTune Chip装着後かなり改善され、気にならなくなりましたが)が、しばらくの間乗っていてあまり面白くありませんでした。
最近の新しい車はどれも同じような印象がありますが、昔に比べて「軽量化」のせいでしょうか、ボディの剛性不足が(特に下回り)気になりますね。
以上が「悪い点」ですが、「燃費の良さ」が取り柄の車なのでほかの点はあまり気にしないようにしています(笑)。
投稿者
ジョン様 (2012/5/23)
年式グレード
2011年式 S
年間走行距離
8000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
23.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
ドライブ
満足度
80点
次の乗り換え
100%
良かった点
まず始めに30プリウスのスタイリングがカッコイイ!!
そして燃費が以前乗っていた車と比較すると約3倍に良くなり、ガソリン代がかなり節約できているのがまたイイ!!
走行性能もモーターアシストのおかげで力強く加速し、パワーモードを使用すれば高速道路の追い越し加速等もストレスなくとても気持ち良く走れるのが良い。
なによりも他の車にはないバッテリー走行によるエンジン音無しの無音で走行できるのが近未来の乗り物みたいでとても気に入っています。
そして燃費トライアルという新たな遊び方まで教えてくれました。
悪かった点
エンジン音があまり無く音が静か過ぎるため、普通の車では気にならない様なロードノイズやキシミ音、物がカタカタと動く音等が気になる様になりました。
さらに走行音も静か過ぎるため、歩行者等に気付かれにくく、歩行者をビックリさせてしまったり、歩行者等が急に飛び出して来たりとたまにヒヤッとする事があります。
そして30プリウスの場合だと乗り心地が悪くCPMやリジカラ等の補強を入れたり、足回りをネオチューンにしたりといろいろ改善策を施したがいまだに納得がいきません・・・。
投稿者
かわむら様 (2012/5/25)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
18.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
広島県
運転状況
通勤
満足度
40点
次の乗り換え
30%
良かった点
燃費が良いことが一番です。
近場の旅行だと、ガソリンスタンドを探さなくても帰宅後、自宅付近のいつものスタンドで給油すればよくなりました。
ガソリンの高騰もさほど響きません。
エコカー補助金、エコカー減税で上手く波に乗れた気がします。買い替えのきっかけになりました。
乗り始めた頃は燃費を聞かれたりすると、少しだけ優越感を味わえました。
車いじりが出来なくなってしまったことは、逆にお金がかからなくって良かったと言われます。
チープな内装のおかげで、車内の傷などが気にならなくなりました。
ステアリングはウレタンでしたが、D形の形状は中々良いです。
未来的な内装は安っぽい材料を除けば、案外気に入っています。
悪かった点
町中プリウスだらけで面白くないです。
ギリギリの予算での購入で、燃費重視の購入のため、燃費の悪化しそうなインチアップや、幅広タイヤなどの車いじりに躊躇してしまいます。
タイヤの性能も燃費に組み込まれているということで、低燃費タイヤ交換時の割高感があります。
駐車場から出庫時など、ちょっとした上り坂の段差を超える時のアクセルワークが難しいです。
踏みすぎると通りに飛び出てしまいますし、踏まないとモーター駆動だけでは乗り越えられないし。
フロントドアを開けたとき隙間から見えるフェンダー折り返し部の塗装のいい加減な感じ。
内装の下地処理だけで塗装をやめてしまったかのようなドアなどの薄いグレーのプラスチックパネル部分が安っぽい。
後方視界の見切りの悪さは時々怖いです。
ルームミラー、左右からの目視、ドアミラー、バックモニター、気を遣いすぎます。
リアドアを少し強めに閉めてしまった時の安っぽい音。
カー用品店で聞いた整備士の方の感電死の話以来、ボンネットを開けなくなりました。
投稿者
泉州15号様 (2012/5/26)
年式グレード
2010 年式 S
年間走行距離
30000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
24.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
プリウスが良かったベスト3♪
1. 燃費がいい
とにかく燃費がいい!冬場には暖機運転があり若干落ちますが、それでも20km/L平均で推移しております。
レギュラー仕様だし、満タンで800Km以上走れるのでゆうことございません。
次車買うときは、プリウス燃費がベンチマークとなるので車種が極端に絞られることでしょう・・・。
2.アフターパーツが豊富(ハイブリッドカーと関係ないですが)
マイナー車だとアフターパーツは少ないですが、一番売れているプリウスだと床のカーペットからバイザー、ドリンクフォルダーにいたるまで あり とあらゆる専用、汎用品が売っているので 弄るのには最適だと思います。
3.乗りだし価格(値引き含む)が安い。
ハイブリッド先駆者のトヨタだから、いやインサイトが価格破壊をおこしてくれたからマイナーチェンジで値上がりしたとはいえ、こんだけのシステムで 200万円台前半~の販売価格は大バーゲンプライスです。値引きもそこそこありましたし・・・。
悪かった点
プリウスが悪かったワースト3↓
1.納期がかかりすぎた
売れすぎて生産が追いつかないから仕方ないですが、なにせ納期がかかりすぎ・・・。
僕は 落ち着いた頃に買ったので三ヶ月強でしたが、一年近く待たれた方もたくさんいるとか・・・。
2.あちらこちらで見かけすぎ
売れているから仕方ないですが、ショッピングセンターとかスーパーの駐車場でプリウスに遭遇する可能性は100%です・・・。
それにしても目につきすぎます・・・。
3.外からは静かで、中から結構うるさい
エンジンかからない状態では 歩行者の人は気づいてもらえません。
これは室内からも一緒なのですが、一端エンジンがかかると案外うるさい・・・。
コストカットの影響で内装もチープだし、遮音とかにはお金がかけれてないことがありありと素人の私にもわかるレベルです・・・。
投稿者
ぜん様 (2012/6/13)
年式グレード
2011年式 Gツーリング
年間走行距離
5000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
23.0km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
福岡県
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
60%
良かった点
プリウスGツーリングセレクションに乗っています。
良い所は、とにかく燃費が良い!
最近はガソリンが安くはなってきていますが、2000年あたりの90円/リットルの頃と比べると財布に厳しいです。
出かけるときもレギュラー仕様で23km/L走ってくれれば充分です。
最近はいかに燃費を伸ばすか・・・という事で、ハイブリットカーの燃費を伸ばす走りを極めようと思っています。
あと信号待ち等、静かな所も良いですね。渋滞路にいく時には特に良いです。
悪かった点
燃費の良さと相反するところですが、「走りの楽しさ」はありません。
2台所有のもう一台がレガシィB4という事もあり、運転して楽しい!気持ちいい!は残念ながらプリウスでは味わえません。
「移動する道具」としては100点満点ではありますが、車ってそれだけじゃないですよね!
なので普段使いや込んでいる場所に出かけるときにはプリウス、走っていて楽しい場所や郊外に出かける際にはレガシィと使い分けをしています。
意外と乗り心地もゴツゴツした感じです。
投稿者
ben太郎様 (2012/6/13)
年式グレード
2012年式 G's
年間走行距離
13000km
市街地燃費
27.50km/L
平均燃費
29.05km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
新潟県
運転状況
通勤
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
購入後間もないので資料が少ない中での感想です。
健在の走行距離はやっと2000kmを越えた所でが、先日の給油データーは走行1077.4km 給油37Lで燃費29.12km/Lでした。
何といっても燃費の良さが第一です。
エンジンの稼働も少ないために、エンジン音も気にならず大変静かな所です。
最近はハイブリット車の走行方法で加速時にはそれなりに加速し、目的速度の手前でアクセルを緩め惰性走行にすることで、さらに燃費が上がる事が解り今のメーター上での燃費は31.4km/Lがででいます。
メタ―内に色々な走行データーを示す事が出来るので、毎日走行時の燃費状況を試すのが楽しみです。
悪かった点
燃費向上が目的ですので、走行モードはECOモードなのですが、通常の走行中は全く問題ないのですが、信号待ちスターでは、若干トロイので、後続 車に迷惑を掛け気味です。
あおられ気味の時は、エコモードをOFFにすることで流れに沿うことが出来ますが、エコモードスイッチをON/OFFするのに一寸操作しずらい所にあります。
瞬間的に加速が必要な時に、モードスイッチを操作しやすい所に有ると便利です。
たとえばシフトノブにスイッチが有ると良いと思います。
エンジン音が小さい分、タイヤなどのロードノイズが気になる所かな。
Pに入れるのに、スイッチ操作は面倒です。シフトレバーで入れる事が出来れば、二重手間が解消されると思います。
投稿者
wonder_prius様 (2012/7/25)
年式グレード
2010年式 GL
年間走行距離
15000km
市街地燃費
25.6km/L
平均燃費
24.2km/L
高速燃費
22.4km/L
都道府県
三重県
運転状況
通勤
満足度
98点
次の乗り換え
100%
良かった点
経済走行が可能なところです。
勿論、パワ-ドライブ・エコドライブ・EVモ-ドの切り替えの選択が出来ることも利点と考えられます。
その時々の走行手段や土地環境に応じた走りが可能な点も優れていると感じております。
その走行域は安全運転にもつながります。
他に静かである事も忘れてはいけません。
エンジン稼動状態が少ないので、それらの駆動音が発生しないことで、車内・車外共に静かで快適走行です。
総合的に社会環境や自然環境に優しい車であり、少しながら貢献している自負感にも浸れることです。
悪かった点
ハイブリッドを稼動時は、走行時のトルク性に欠けます。
パワ-ドライブ時はハイブリッド効果を無くし、通常走行ですので、ハイブリッド車の意味もありません。
エコドライブ・EVモ-ド時走行は、発進時や道路状況(急な坂道、段差乗り越え)等の制動力が無く、運転者にそのリスク感とかストレス感を感じる時もあります。
あと利点の反意語的内容になりますが、車外が静かなことで、狭い道路での自転車や歩行者を後方から追い越すことに細心の注意が必要なことです。
そんなことと思われるかも知れませんが、エンジン車の時は、自転車や歩行者は道端に寄って、通り過ごし頂けたことが、静かなことで、道中央から寄って頂けないことがしばしばあり、同じ注意にもハイブリッド車は大きく違います。
投稿者
marumaru30様 (2012/8/7)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
7000km
市街地燃費
24.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
19.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
70点
次の乗り換え
70%
良かった点
やはり、燃費が良いこととノイズが小さいことです。
ノイズに関してですが、エンジンが止まっている時はもちろん、エンジンが掛かっている時も室内に入ってくる音はとても小さいですし、高速走行時の風切り音も小さく、このクラスではトップランクの静粛性があると思います。
それと燃費の良さは流石です。
同クラスのガソリン車に比べて5割以上は燃費が良いですね。
また、加速も同クラスに比べて良いし、モーターのトルクで押される独特の加速感もいい感じです。
悪かった点
一時期、問題となりましたが、ブレーキの効き具合に関しては違和感を感じ、止まる寸前に抜けた感じがあり、リコールに出して違和感は少なくなりましたが、まだ少し感じます。
それとプリウスは、とにかく走っている台数が多いことです。
さすがにこれだけ走っていると、うんざりしてきて、この様な状況になるのが分かっていたのならば、購入しなかったですね。
発売前に予約をした時には、かなりのバックオーダーをかかえていて、それなりに売れるとは思っていたのですが、予想以上でした。
投稿者
えみりさぱぱ様 (2012/8/8)
年式グレード
2011年式 L
年間走行距離
15700km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
9.5km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
街乗り
満足度
70点
次の乗り換え
50%
良かった点
燃料代が以前よりも安くなったというのが最大の魅力だろう。
もう一つはエコに貢献しているという自己満足を満たしてくれることだと思う。
今回のプリウスは、会社所有のものだが、会社にとってもエコや節約ということをアピールできることが最大のメリットだと思う。
後は低速走行時に音が静かだということだ。
場合によってはモーターだけで動くこともでき、かなり静かに走行できるのはかなりのメリットだと思う。
悪かった点
バッテリーの減りが気になってしますことだろうか。
ただ、高速道路で目いっぱい走った場合、結局はガソリンメインになり、エコになっていないこと。
僕以外にも、結構スピードを出している人は、ガソリンを無駄遣いしていることは確かだ。
つまり、エコといいながらガソリンを使っている限り、エコにはなっていない。(確かに、同じ馬力のガソリン車はもっとガソリンを使っているが)
投稿者
Tokky様 (2012/8/14)
年式グレード
2010年式 S-ツーリング
年間走行距離
km
市街地燃費
27.6km/L
平均燃費
24.5km/L
高速燃費
22.1km/L
都道府県
千葉県
運転状況
街乗り
満足度
93点
次の乗り換え
100%
良かった点
プリウスは四季や走り方が変わっても、まず平均燃費が20km/Lを切ることが無く非常に経済的な車だと思います。
これだけの車格・システム・居住性・そして、高経済的な面を見ると。 200万円台前半からの価格は非常にお得に感じます。H社さんのHV車も比較試乗(イン…、CR…)しましたが、装備や、システムの差と、それらを考慮した価格差。 比較するとプリウスの方が、総合的なパフォーマンスは高い様に思います。
ただ、「性能の感じ方や、何処を価値Pointとするか」クルマの好き・好みは人それぞれですから、 どちらが良いかは、それぞれの方々の感じ方・考え方によると思います。
■プリウスは燃費が悪いと言われるが。
「そうでもない」様に、私は思います。
コツは「早めの加速開始で20km/hまで モーター走行。そこからインジケーターバーを「ECO」内一杯まで振り切らせてしっかりE/g+モーター加速し、PWRレベルまでは踏み込まない。法定速度まで上げて、後は、放電にも、充電にもならないパーシャル領域での滑走状態をアクセルコントロールする」と、かなりの高燃費が期待できます。
■燃費について。
「HV車だけあって、良い」
私の所有するプリウスはODO 17500kmで、平均燃費は約24.5km/Lです。
※一度、燃費を徹底的に意識しての市街地走行を行っていた頃は、
・計測走行距離 約900km(高速は100km、周りの他車に合わせた速度で)
・季節は冬~春。
・エアコン使用(適宜)
・スタッドレスタイヤ装着
・トヨタ純正Oil-0W20使用
・荷室に工具満載。主に一人でのドライブ
・近所の買い物、市街地、国道を走行。
で、31.6km/L でした。
国道、空いている早朝に用事で走った事があり、燃費走行を徹底意識した際は、往復26kmで、68.6km/hの自己最高記録を出す事が出来ました。意識を集中させての運転はストレスが掛かるので、もう、チャレンジしたくは有りませんが。
案外と一定速で走る高速よりも、 国道や、都市部の環状道路など、ある一定以上の速度で、アップダウンがあり、程よく流れている交通事情の所を、先ほど申し上げた走行で走ると、思った以上に走ってくれました。
■走行性能について。
乗り心地に関しては、一般走行で、それ程気になる所はあまり無い様な気がします。若干、リアのショックが段差を乗り越え跳ねたとき(特に片輪で)、収まりが荒い感じはすしますが。
私自身 仕事柄、沢山の車を運転する機会があり、テスト走行や試乗を行う事も多いのですが、200万円前後の車で、HV車でこの金額を考えると、日常生活で普通に使用する分には、支障は無い範囲なのではないかなと思います。
ちなみに、通常このような評価は不要だと思いますが…。
少し速度域をもう少し上げて、走りに振った場合の感想ですと
■攻めた走りをした場合
「回頭性が思った以上に 良い」
比較車として当方、前車は91Vitz-RS-TRD-Sport-Mを所有し、ジムカーナ競技に参加していたが、プリウスの走行性能は、巷で言われるほど悪くは無いと思います。
流石にワークスコンプリートMT+補強+LSD車と比べるのは酷だが、しっかりと丁寧に操作して、荷重をフロントに掛けてステアを切ってゆくと、車重と 若干の応答性の遅さを感じるが、足元あたりを軸にしっかり曲がってくれる。整備モードで制御デバイスをカットしてあげると、意外と愉しめます。
■ブレーキについて
急ブレーキや、スリップ時のモーター回生+油圧切替の、独特の感覚については、「馴れ」です。一度、「安全な場所で、迷惑にならない様に」目一杯フルブレーキを掛けたり、滑らせて 自身で体験すると、良いかも知れません。
■高速走行について
「高速走行時の安定性が高い」
比較車として当方、前々の所有車はAuris-s(ZRE152H)のTRD装備一式で、高速や筑波2000を流していたが、その感覚と比較してもプリウスは思った以上に高速走行時の安定性が 良いと感じました。
ノーマルサス(所有車:S-ツーリング)であっても、あのトライアングルシルエットが効いているのか、リ○ッターが掛かるまで速度を上げても あまり車体が浮き上がらず ギャップも全体で沈み込んでいなしてくれる。サスの味付けはかえって高速走行の方が得意分野なのかも知れない。
ちなみにこの際、助手席で携帯電話をいじっていた彼女は私に言われるまで全くこの速度に気付いていなかったです。
悪かった点
■質感について。
「ドアを閉めたときの音が、重厚とは言えず、軽く安っぽい」
パネルを叩くと「The・鉄板」な音がします。ドアのデッドニング、少なくとも制振材の追加はお勧めしたいと思います。(純正は、トランプ大程度の制振材が 申し訳無い程度に付いている)
ちなみに、ドア・フロア・ルーフ・リアフロアのデッドニングをすると、別次元に静粛性が上がり、本来の低騒音性と相まって最高のリスニングカー(ルーム?)になります。
■静粛性について
「良くも悪くも、静か過ぎ」
商店街や、スーパーの駐車場を走る時、静か過ぎて…歩行者が誰も気がつかない。
ホーンを鳴らすのも気が引けてしまい…。歩行者の方が、急にこちらの存在に気付いて 驚いた顔をされる時は申し訳無く思う。
少しでも気付いてもらえる為に、デイライトの装着をお勧めしたいです。(前方から向かってくる方々にしか、アピールは有効とならないだろうが)
■加速性について
走り出してしまえば問題ないですが、急な他車の割り込み等で、減速し一度速度が落ちてしまった場合に、燃費を徹底した走り方ですと、元の速度に戻るのに時間がかかります。
特に登り坂での速度復帰には、モーターだけでの走行が厳しくなります。
と言っても、通常の車ではガソリン走行が当たり前なので、気にする事ではないのですが。 HV車ならではの高燃費に馴れてしまうと、何となくガソリン走行が勿体ない気になってしまうのかも知れませんね。
■「プリウスがいたる所で走っている」
当方、黒(202)のプリウス所有ですが、思わず笑ってしまった経験があり。
以前、片側2車線の国道で信号待ちをしていたら、前方の車と、隣の車が、黒のプリウス。
「珍しい事も有るものだな」と思ったら更に後方の車も黒プリ。
私のプリウスと合わせたら黒プリ4台。が、かたまって信号待ちしてました…。
隣の同じく黒プリの、ご年配のドライバーさんと目が合いました。
たまに、違う色のプリウスが並んでいる事は見ますが。
こんな光景、傍から見たら異様でしょうね。
以上ですが、基本的に悪くない車だと思います。
投稿者
ノブ様 (2012/11/22)
年式グレード
2010年式 ST
年間走行距離
20000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
20.0km/L
都道府県
静岡県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
80%
良かった点
燃費が良いところが大変気に入っています。
最近のガソリン高を考えると本当に良かった。
わたくしの場合、通勤距離が長いこともあり、依然と比べてガソリン代は半部程度に下がりました。
また。走行中の音についても静かであり、車の中で通勤中に音楽等を聞いてリラックスできます。
悪かった点
出だしの吹き上がりが良くありません。
もっそりと発進する傾向があり、右折等の時は気を使って行っています。
また、車体の重量があるために坂道等ではアクセルを同程度踏んでいてもみるみるスピードが落ちます。
高速道路の坂道でもこの傾向は顕著です。
また。夏と冬の燃費の差も激しいです。
投稿者
まさお様 (2013/2/8)
年式グレード
2012年式 L
年間走行距離
20000km
市街地燃費
25.6km/L
平均燃費
21.3km/L
高速燃費
20.5km/L
都道府県
和歌山県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
80%
良かった点
最近またガソリンの価格が上がってきています。その点ではプリウスにして正解だったと思います。
購入当時は10万円の補助金制度や取得税・重量税が免税され、翌年の自動車税も安くなり、経費という点ではプリウスを購入してよかったと今でも思っています。
巷ではプリウスが相当数走行していますが、その補助金でプリウスをある程度カスタマイズできました。
また一般的な話ですが地球にも優しく、家計にも優しいところでしょうか。
低燃費の車ですが、トルクや馬力はそれなりにあり、走行には問題がないと思っています。
悪かった点
良いところでも言いましたが、昨今の道路ではプリウスだらけです。
その多くは燃費を稼ぐために全体の車の流れを無視して「我が道を行く」ドバイバーが多いことですね。
私は車が好きで今までは燃費はあまり考えないで運転をしてきました。
しかし、プリウスを運転して、最初の数か月は、燃費計の動きに常にイライラしてしまい、相当のストレスを感じてしまっていました。
プリウスの燃費は公称38km/Lと謳っていますが、実際は21km/Lから25km/L前後で、その落差に驚いています。
もう一つは、価格を抑えるために、車の作りが重量感のないことでしょうか。
長期間乗るので、やはりそれなりの装備はほしいところです。
でも車体価格200万円というのは仕方がないことなんでしょうか。
投稿者
イッチー様 (2013/3/2)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
10000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
愛知県
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
100%
良かった点
燃費がいいのでガソリン代も助かるが、入れに行く手間もかからずに済む。
音が静かなことと、ゆっくり発進することは長所だと思う。
メータも高級感があり、内装もいいと思う。
夜間帰宅時は電気モーターを使うと、みんなに迷惑もかからない。
友達と温泉旅行に行っても、ガソリン代の人数割りも少なく、友達から感謝される。
今まで帰省するとガソリンを4回も入れていたのが2回で済み、ガソリンスタンドを気にしないで帰省できるようになった。
ガソリンを気にしなくなったことは、ハイブリッドカーに変えて一番のメリットだと思う。
また、静かなことはいいことだと思う。
悪かった点
スタイルがやぼったいと思う。
室内に乗り込むとき運転席の乗り降りはなれたが、助手席以外での乗り降りは結構頭を打つ人が多いのは、スタイルの影響があるのではないかと思う。
後ろの視界は結構見にくく、ナビのバックモニターがないと確認がしにくい。
特に雨の日は最悪になる。
回生ブレーキの音も結構運転していて耳障りになる。音楽等をかけて気を紛らわせる以外に方法はないのだろうか。
楕円のステアリングホイールもあまり効果はないと思う。
ヘッドライトも結構暗いし、フォグランプも暗かった。
交換にかかるお金もばかにならない。
投稿者
ねずみ様 (2013/6/9)
年式グレード
2009年式 L
年間走行距離
8000km
市街地燃費
16.0km/L
平均燃費
17.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
愛知県
運転状況
街乗り
満足度
80点
次の乗り換え
70%
良かった点
燃費にチャレンジしながら運転を楽しむことができます。
その結果、高燃費が得られるということで、楽しんで効果が得られるという一石二鳥だと思います。
郊外なら頑張れば30km/Lも可能です。
また、2台目プリウスは、クルマとしては、興味がありましたが、スタイル、内装ともに絶対いやでした。
現行プリウスは、スタイル、内装も気に入っています。
構えたようなスタイル、内装は囲まれ感が良いです。
悪かった点
思ったよりも燃費が良くないです。
大きな原因の一つがタイヤと走行パターンにあると思います。
タイヤは購入してすぐに、17インチにインチアップしタイヤは普通のタイヤなので、これで15%程度は燃費ダウンしていると思えます。
また、走行パターンは、1km未満の移動が多い買い物が中心なので、その影響も大きいです。
但し、前のクルマが買い物パターンで7km/L程度だったので、その倍以上は走ります。
投稿者
kiki様 (2013/6/12)
年式グレード
2013年式 ---
年間走行距離
11000km
市街地燃費
18.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
23.0km/L
都道府県
奈良県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
70%
良かった点
燃費がいいのが一番です。
ガソリン代が今までの月2/3で済みます。
まだ目新しさもあるのか、近所の人からも燃費、メリットを聞かれ、羨望もありやはり気分がいいものです。
環境的にも、いまはやりのECOであり環境にやさしいのが、流行にのっている感じがいいです。
また、朝早くまた夜遅く運転するときは、住宅街をモーターで運転するとご近所迷惑にもならず気分的にも良いです。
窓を開けて夏に寝ていると、車の騒音で自分も起きたことが何度もあるので、人に同じ迷惑をかけないですむことがものすごく感謝する次第です。
いままで車は五月蝿いもの排気ガスが汚いもの、概念がまったくかわりました。
悪かった点
まだまだガソリン車に比較すると高いです。
購入に当たり、値びきもさほどしてくれなく、引取り車+5万程度の値引きでした。
本当に、燃費でもとがとれるか今までの乗ったことがない車なので、ガソリン車と比較ができないのでなんとも言えず、購入時、価格が高いことが心配でした。
また、まだ購入してそんなにたってないので分かりませんが、電池は寿命があり、どれくらいでだめになるか未知数であり、まだ電池は、エンジンと比べて開発途中でもっといいものが出てきそうで買う時期を非常に迷いました。
また、車の中が狭いのと、電池での運転時静かで、歩行者が気がつかないときがあり、ガソリン車で住宅街を走行していると、歩行者が避けてくれるが音が静かで避けてくれないときがありガソリン車では、ほとんど使用しないクラクション使用してます。
投稿者
koobon様 (2013/10/10)
年式グレード
2009年式 L
年間走行距離
10000km
市街地燃費
21.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
18.0km/L
都道府県
北海道
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
50%
良かった点
モーター走行の清音による優越感と未来的スタイルと未来的室内。
燃費の良さのためのエコ運転の励行。(ゆっくりスタートするので、エコがたまにエゴ運転になり後続車に迷惑をかけてるかもしれない。)
3つの走行モードの内、エコドライブボタンは、アクセルを踏むなという感じでアクセルが戻って来る。
パワーモードは、高速で使うとターボが効いた感じて急加速を始める。(うれしい加速です。スポーツとまではいきませんが、足回りを良くすれば相当良い感じになると思います。)
後付パーツが豊富で購入を迷うこと。
悪かった点
このごろ、ハイブリットでなくても燃費の良い免税車(CX-5やノート)がいっぱい出てて、人々はハイブリットから目が変わってきている。
ハイブリットと普通の車両の価格差をガソリンで換算すれば、その価格差を埋めるためには10年なんていうコラムを見てて悲しくなってます。
また、石を投げれば回りはプリウスでして、個性を出すための改良に頑張っています。
未来的なデザインが良かったと書いていますが、ライト周りのデザインなどは少しがっかりしています。
ハイブリット車イコール燃費ですが、乗ってみて思うのは、運転者がしっかり操らねばハイブリットにならないということでしょうか。
この車は、60キロ前後まではバッテリーがあればエンジンがかからないまま走行(ハイブリバッテリーの容量がが無くなるまで)します。
しかし、運転の仕方が悪ければ常にエンジンをかかったままの状態(ハイブリバッテリーの充電状態)になります。
もう5年乗ってますが、運転手を選ぶということだけは、言えると思ってます。
投稿者
uminchudai様 (2013/11/20)
年式グレード
2010年式 S
年間走行距離
12000km
市街地燃費
20.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
27.0km/L
都道府県
千葉県
運転状況
郊外走行
満足度
90点
次の乗り換え
95%
良かった点
やはり何と言っても燃費の大幅アップでしょう。
以前に乗っていたエスティマは6km/L前後でした。
高速走行でも9km/L前後。年数乗っていたので、どんどん燃費が悪くなってました。月の燃料代も3万前後。
それがプリウスに乗り換えてからは、月にかかる燃料代は1万円以下。
1回の給油で800km前後走ってくれるので大変助かってます。
また大変静かで気に入っています。
内装も材質的にはちょっと安っぽさを感じますが、デザインの面で考えると洗練された感じを受けます。
ハンドルで、だいたいの操作出来るのは便利ですね。
全体的にスタイルも気に入ってますし、燃費の向上は嬉しいですね。
これから少しずつ自分の好みにいじっていこうと考えています。
悪かった点
何といっても出足の悪いところ。
加速が悪いからアクセルを踏み込んだ時にエンジンが始動したら、とても耳障りな大きめな音が車内に飛び込んできます。
この辺の音をもう少し抑えられたらいいと思います。
あと他の方の燃費が、どうしてそんなにいいのか疑問ですねぇ。
私もそれくらい走ってくれると嬉しいですけど。
私の平均燃費は20km/Lくらいなので。
あと車重を軽くしようとした結果だと思いますが、全てのパーツが脆い。
軽くコツンとしたくらいでヒビが入ったり、割れたり。以前のエスティマの時は、かなり丈夫だったので、これにはショックでしたね。
マグネットのステッカーがリアに貼りつかなかったのには、ビックリしました。
あとはリアドアを閉める時のすごく安っぽい音。軽自動車?って言いたくなるようなドアを閉める音にはガッカリしますね。
運転席と助手席のドアはまぁまぁですけどね。
投稿者
oresama様 (2013/12/16)
年式グレード
2010年式 G
年間走行距離
15000km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
大阪府
運転状況
通勤
満足度
85点
次の乗り換え
50%
良かった点
極低速時などモーターの動力のみで駆動できるときや、停止中のエアコン使用時でも、HV(=ハイブリッドビークル)バッテリーの充電が十分であればエンジンを停止できるアイドリングストップ。
減速時にエンジンを停止(速度によってはガソリン供給のみを停止)し、運動エネルギーをモーターによって発電して回収して充電する回生ブレーキを搭載。その結果、ブレーキパッドの磨耗等が少ない。
高速では燃費改善のためにエンジンを極限に近い低回転重負荷で使用している。
加速や勾配への余力が乏しい点には、モーターアシストと敏速な電気変速により対処している。
ハイブリッド車は高速では重量増のため燃費は不利とする意見があるが、実際には時速100kmでのエンジン回転を2000rpm以下と大排気量車並に低くすることで同クラスの通常車両より燃費は良い。
悪かった点
ハイブリッドカーの燃費性能には計測環境の違いにより、カタログ表記の燃費と実用上の燃費の差が大きい場合がある。
制御上、短時間でストップ&ゴーが連続する市街地走行で長所を発揮することができるが、長い上り坂では不利となり、また下り坂では十分エネルギーを吸収することができない。
長い上り坂ではモーターアシストでバッテリーを使い切ると、モーターやバッテリーの重量が負荷となる。
また、長い下り坂ではバッテリーが満充電となると、エネルギーを回収できなくなる。エコカーに厳しい評価を下すことで有名なBBCの自動車番組『トップ・ギア』が専用サーキットで行った2代目とBMW・M3の燃費比較テストを行っている。
「プリウスが全サーキット走行し、M3がその後を追走する」内容で、M3の方が燃費が良かったとしている。
投稿者
高橋 貞則様 (2014/3/7)
年式グレード
2009年式 S
年間走行距離
8000km
市街地燃費
26.0km/L
平均燃費
24.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
広島県
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
55%
良かった点
夏の渋滞でのエアコン使用で真価が発揮される(エアコンがバッテリーで稼動し燃費が非常に良い)。
渋滞や市街地でのストップアンドゴーはハイブリッドの価値がわかる所。
一方、私が住んでいる田舎でヒーターを使用し、信号の無い所を走行すると、エンジンを温めるための暖気が長く(不必要にもエンジンが稼動する時もあり)またタイヤをスタッドレスに履き替えるため、冬場の燃費は極端に落ちリッター当たり20kmくらいになる時もある。
納車からの走行距離と給油量を全てパソコンに入力して、給油時の燃費を全て記録している。
ちなみにこれは、以前に乗っていたフォルクスワーゲンゴルフやトヨタナディアでも行っていた事である。
悪かった点
上記でも述べた事と重複するが、冬場にスタッドレスタイヤを履き、ヒーターを使用すると、信号待ちであろうと暖気運転が長くなり、その分燃費は極端に落ちてしまい、燃費の計算をするとリッター当たり20km位まで落ちてしまいがっかりする事も多々ある状態です。
いままでの所、バッテリーの交換をデイーラーから指摘を受けたことは無いが、これからバッテリー劣化での交換費用を心配している所です。
バッテリーは二つあるとの事だが、確認したことも無く、どこにどんな大きさの物があるのかまったく知らない者です。
投稿者
郁也様 (2014/3/16)
年式グレード
2011年式 S
年間走行距離
5000km
市街地燃費
--.--km/L
平均燃費
29.19km/L
高速燃費
23.00km/L
都道府県
岡山県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
一番はガソリン代の節約ですね。職場で通勤手当は出てたのですが、それでは足らず小遣いの中からの持ち出しが続いていました。
そんな中、燃費の良い車を探してプリウスにしたのですが、車の支払いに通勤手当を回せる様になり助かってます。
それと、燃費向上のためにネットで調べてて、燃費仲間も出来、益々燃費向上してます。
燃費向上のために走行速度は低くなり、前の車を追い越すような事も無くなって、スピード違反で捕まる確率が減りまりた。
あと、ガソリンスタンドへ行く回数が減り、余分な走行と時間が少なくなってます。
悪かった点
燃費にはある程度満足してますが、更なる燃費向上のために出費が多くなり困ってます(笑)(乗り換えてもそれは使えるのですが。)
取付場所がエンジンヘッド、燃料パイプ、吸気、排気等に燃費向上グッズを付けてたらいくらお金が必要か考えたく無くなります。
近場に出掛けると燃費が悪化するため、出掛けるのを控える様になってしまいました。
また、冬場は暖房、夏場は冷房を控えているので快適で無くなってます。
車自体については納得して買っているのですが、ハイブリッドバッテリーでの走行距離が長くなると良いですね。
あと、充電優先、モーター優先をレバーで変えれると、道路事情に合わせられるのですが、付きませんかね。
投稿者
nkun様 (2014/4/9)
年式グレード
2014年式 S
年間走行距離
5000km
市街地燃費
--.-km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
埼玉県
運転状況
街乗り
満足度
100点
次の乗り換え
100%
良かった点
前旧車のFIT(GD1)の燃費が13km/Lでした。
そして、今回購入したプリウスの燃費が20km/Lなので、ガソリンスタンドへ行くのが1か月に一回のペースから2か月に1回のペースになりました。
そのために、ガソリンスタンドからの請求金額からも減り、確実に燃費が伸びているのを実感しています。
そして、ガソリン車より空気を汚さないクリーンなイメージがハイブリットカーにはありますので、自己満足かもしれませんが、後世に少しでも今の状態の環境を渡せるという満足感もあります(環境にやさしい)。
これも、自己満足になりますが、この年になりますと環境にやさしいとか、クリーンエネルギーなどと言う言葉に敏感になってしまいましたので、プラグインまでは手が出ませんでしたが、ハイブリットカーで、少しでもという気持ちにもなっていますので、大変満足しています。
悪かった点
EVエンジンの時、車の音が静かで、特に高齢者やスマホなどを操作されている歩行者が気が付きにくいので、横を通るのが怖い感じがします。
メンテナンス用品になりますが、駆動用バッテリーと予備バッテリーの金額が高価なことです。
今までのガソリン車では駆動用バッテリーなんていう物は有りませんでした。
交換費用が12~13万円と聞き、ビックリしました。
また、補助バッテリーは、ガソリン車でいうバッテリーと違い、使用中にガス発生しない物だそうです。
こちらも通常のバッテリーの3倍ぐらいの金額と聞き、こちらもビックリしました。
投稿者
オーバークレスト様 (2014/8/6)
年式グレード
2009年式 Gツーリング
年間走行距離
35000km
市街地燃費
24.0km/L
平均燃費
25.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
京都府
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
99%
良かった点
なんといっても燃費の良さにつきます。
自分の場合毎日100㎞以上を走行する長距離通勤者にとって、無くてはならない存在となりました。
前車のガソリン車にくらべ、約2倍の燃費向上でランニングコストを抑える事が出来たため、浮いた分をそのままクルマの購入費に充てることができました。
エンジン稼働率が低いので、エンジンオイルの劣化も抑えられていると思います。
また夏の車中泊では、電源やエアコンで重宝しています。
さらに速度を抑える走りに変わったので、安全運転にもつながっています。
悪かった点
プリウスに限った話かもしれませんがハイブリッドシステムにコストがかかっている分、静粛性や乗り心地が犠牲になっています。
たまに違うクルマに乗ってみると、いかに安っぽい乗り心地なのかを痛感します。
ヴィッツなど下の車格のクルマよりうるさいです。
乗り心地の改善は難しいでしょうがノイズについては現在、静音化への対策をいろいろと検討中です。
あえて他に挙げるなら、運転スキルによって燃費が大きく変化する点でしょうか?(これはいろいろ試行錯誤して向上してきました)
投稿者
まつさん様 (2014/8/6)
年式グレード
2014年式 S
年間走行距離
6000km
市街地燃費
17.0km/L
平均燃費
20.0km/L
高速燃費
25.0km/L
都道府県
神奈川県
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
90%
良かった点
ハイブリッドカーの良いところは燃費がよく、ハイブリッドなので常時エンジンがうごいているわけではないので、オイルやエアクリーナーの汚れが少ないし、排ガスも少ないので環境に優しいところです。
随時で燃費表示されるので、ゲーム感覚で省エネ運転が楽しめます。
ハイパワーで運転すること以外はエンジン音も静かです。
運転手のテクニックや忍耐力次第で、燃費が大きく左右される感じです。
悪かった点
実燃費がカタログに表示された燃費と大きくかけ離れてしまい、普通の車にした方が良かったと思うことがあります。
エコモードのときの出足のかったるさも致命的で、後ろの車に煽られてしまいます。
また運転し始めの頃は電磁波の影響からか眠くなったり気持ち悪くなってしまうこともあり、運転も楽しめませんでした。
室内も軽量化を図るために、安っぽいプラスチック素材が多く使われたり、ドアの開閉音も軽自動車並みの軽い音で高級感がほとんど感じられません。
投稿者
Wゆうパパ様 (2014/8/7)
年式グレード
2011年式 L
年間走行距離
67600km
市街地燃費
23.0km/L
平均燃費
21.0km/L
高速燃費
22.0km/L
都道府県
岩手県
運転状況
通勤
満足度
90点
次の乗り換え
95%
良かった点
会社の車両ですが、初めてのハイブリッド車。こんなにも燃費が良く動力性能も不満が無いとは乗ってみるまで思ってもいませんでした。
ある意味プリウスをあまりよく思っていませんでしたが、実際に運転してみると、それなりに楽しめる不思議な車でした。
バンバン気にせず走っても21km/Lとか走るので、ハイブリッド様様です。
不思議とエコランしたくなるのはなぜでしょうか?
やっぱりあの暴力的な加速でしょ。
ターボとはまた違った加速感。普段自分の運転してる車とは全く違う加速感なのでかなり気に入ってます。
悪かった点
Lグレードなのでリヤワイパーが無いこと。クルコンもないので・・・・。
あとは、ドアを閉めた時の音が安っぽすぎる。
ここは燃費と価格を突き詰めた結果なんでしょうから仕方がないですが。
後は、やはり北国ですので4WDがあれば、鬼に金棒間違いなしです。
なぜハイブリッドに4WDを出さないのか不思議です。
重くなった分燃費が悪くなる。そうするとイメージが悪くなるとでも思っているのかどうか・・・・。
運転する身になれば、多少の燃費悪化に比べたら何の問題もないんですがね~。
だってどうやってもガソリン車より、ハイブリッド4WDの方が燃費いいと思うんですが。
投稿者
hiirov35様 (2014/8/11)
年式グレード
2009年式 Sツーリング
年間走行距離
7000km
市街地燃費
17.2km/L
平均燃費
18.5km/L
高速燃費
24.5km/L
都道府県
福島県
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
50%
良かった点
・前車がV35スカイライン2500(ハイオク指定)だったため、ガソリン代が半分以下になった。
・パワーモードだと前車とほぼ同じ加速が堪能できる。
・アフターパーツが大量に出ているので、意外とかぶらないカスタマイズができる。
・車として先進の技術が使われているので、良くも悪くもレシプロエンジンよりも異なるステージにいるような気がする。
・モーター走行独特の無音の世界が堪能できる。
・(迷惑をかけない程度)低燃費走行の効果がレシプロに比べてかなりわかりやすい。
・先代20よりもエクステリアが洗練され、乗りやすくなった(見た目的に)。
・同じ車に出会う確率が多く、人それぞれのカスタムが見れる(頻度が多い)。
・燃費が良いので、出かけるのに躊躇しない(これが一番かも)。
・燃費向上アイテムをモーター・エンジンと切り分けて使用できるので効果測定が面白い。
悪かった点
・前車と比べて、とにかくうるさい(ロードノイズ)。
・装甲が薄く、ドア開閉音が安っぽい。
・リア座席のリクライニングが無い。
・内装の質感がいまいち。
・コストダウンを追求した車でもあるのでサスペンション構造など、改善しようのない問題も多い。
・オーディオの音漏れが酷い。
・空力を出すためにヘッドクリアランスを狭くしているので、頭が当たる。
・ガラスも薄い?のでエンジン音や外部音も大きい。
・意外とホイールが重い(Sツーリング)。
・ハイブリッドインフォメーションがもう少し無駄に多いをうれしかった(今回運転燃費など)。
・スタートの暖気運転が少し気になる。
投稿者
白プリ様 (2015/5/9)
年式グレード
2013年式 Sツーリング
年間走行距離
11000km
市街地燃費
25km/L
平均燃費
25km/L
高速燃費
--.-km/L
都道府県
千葉県
運転状況
通勤
満足度
70点
次の乗り換え
20%
良かった点
なんといっても燃費が良いところです。
ガソリンの価格が上がっても、殆ど影響がありません。
次にEV走行ができる事。
早朝 深夜に出勤するので、ご近所に迷惑を掛けずにそーっと出掛けられるのはありがたいです。
あとは…あまりありません。
あっ!購入時に免税だったこと。
以上です。
悪かった点
悪いことは、結構あります。
まず 回生ブレーキ ガチャガチャうるさくとても気になります。
そろそろ2年ですが、未だに慣れません。
プリウスに限ってかもしれませんが、次に乗り心地。
後期型なので、改善されているようですが ゴツゴツ ガタガタ 最悪でした。
ネオチューン&Tunechipでだいぶ改善されましたが、まさか 新車購入後 出費があるとは思いませんでした。
あと純正タイヤの煩さには驚きでした。
早く買い替えたいです。
投稿者
ヤマゲン様 (2015/12/3)
年式グレード
2012年式 G's
年間走行距離
5000km
市街地燃費
13.5km/L
平均燃費
19.0km/L
高速燃費
21.0km/L
都道府県
滋賀県
運転状況
街乗り
満足度
95点
次の乗り換え
95%
良かった点
なんと言っても、音が静かで燃費がいいところ。
街乗りでも燃費がいいところと、信号などで停車しているときにEVモードに切り替わると音が静かになるので、室内でテレビや会話の声、ナビゲーションの音声案内が聞き取りやすいところ。
高速道路での走行においては、さらに燃費がよくなるところ。
バイブリッド用のバッテリーを積んでいる割には室内空間は広いところ。
空力面でも、燃費を上げるために空気抵抗を減らす工夫がされているところ。
充電状況が分かる、ディスプレイが付いてるところ。
悪かった点
冬の季節になると、水温がなかなか温まらず燃費が悪化すること。
モーター音が、もう少し静かでもいいと思う。
ガソリン車に比べると値段が少し割高になってしまうところ。
思ってるほどEVモードに切り替わらないところ。
EVモードに切り替えてもすぐに終わってしまうところ。
もう少し、EVモードで走れるスピードを上げて欲しい。
デジタルメーターのため、速度の安定が難しいところ。
投稿者
ねこのて様 (2016/2/8)
年式グレード
2014年式 S
年間走行距離
15000km
市街地燃費
21.04km/L
平均燃費
20.5km/L
高速燃費
18.5km/L
都道府県
岐阜県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
90%
良かった点
プリウスαも所有しているが、αより車重が軽いこともあり、燃費も良く走りも若干軽やかです。
走りを追及すれば断然ガソリン車の方が良いと思いますが、燃費も良くてそこそこ走るとなるとプリウスが良いと思います。
アクアも息子が乗っていますが、燃費は良いが走りがもう少し~という感じです。
走りに拘らなければ、アクアでも全然問題ないとは思います。
最近はガソリン価格も安くなりましたが、またいつ高くなるかもわかりません。
ガソリン代にビクビクしながら、車を運転していても楽しくなですよね!
その点、ハイブリッドは安心とまではいかないにしろ、左程心配もいりませんので良いと思います。
悪かった点
走りを追及する人には物足りないと思います。
プリウスでいえば、トラクションコントロール等が邪魔をします。
せめて解除ができれば、もう少し楽しめるのかな?って思います。
これもトヨタのハイブリッドに限ってだと思いますが、たまにエンジン始動時に嫌な振動があります。
ガソリン車のアイドリングストップ車はどうなのかわかりませんが・・・
結構、ドキドキします。それがなければ、行動を走る分にはハイブリッド車は良いと思います。
投稿者
加賀 匡様 (2016/5/7)
年式グレード
2014年式 G
年間走行距離
10000km
市街地燃費
20.4km/L
平均燃費
22.0km/L
高速燃費
24.0km/L
都道府県
愛知県
運転状況
ドライブ
満足度
90点
次の乗り換え
90%
良かった点
当然、日ごろの燃費が向上したことです。
私はバイクに乗っているのですが、バイクよりも燃費がよく、継続距離が長いため、お財布を気にしながら走行することが減りました!!
走行時の音もなく、スムーズに走るため、同乗者はよく寝れます。
ハイブリッドならではの燃費により、自分自身が燃費走行をするようになりました。
モーターの力により、アトキンソンサイクルによる出力不足をモータのトルクにより補っているため、加速性にも問題なく加速していきます。
モーターの出力は同じ排気量のガソリン車と比べ加速がよいのもとても好感的です。
車検時での減税も大きくいいこと尽くめです。
悪かった点
ハイブリッドのため、逆に静か過ぎて、運転手としては眠くなる、といった現象が発生しております。
そのため事故にあうようなことが多く、多くの人が乗っているため、かぶりが生じてしまい。
何も考えず駐車場にとめて、止めた場所を忘れると見つけられなくなってしまうことです。
よかった点にある、継続距離が長いといったが ぎりぎりまで軽量化をして、ハイブリッドバッテリーの経年劣化により寿命がきて、載せ替えをした場合に対しての費用を考えると プラスマイナスの判定だと0であり、その0にするためにするためにも最後まで使い切るということを考えると、相当長く乗らなければならないということです。
さらに静かというメリットは逆に異音が気になるやすくなる。ということで他人の車に乗ったときの異音があった場合とても気になるのがデメリットです。
燃費走行をするようになってから、危険が増えたことです ぎりぎりまで粘るため 燃費を優先するため、周囲の安全への意識が下がったことが一番の悪いところです。
投稿者
ao様 (2016/6/8)
年式グレード
2013年式 S
年間走行距離
12000km
市街地燃費
26.0km/L
平均燃費
28.0km/L
高速燃費
26.0km/L
都道府県
福岡県
運転状況
通勤
満足度
80点
次の乗り換え
90%
良かった点
やはり1番は燃費が良いので、単純に毎月のガソリン代が半分以下になった。
エアコンが電気式のコンプレッサーのため、エンジンのパワーダウンが無く、燃費も気にせず1年中使用できる。
ブレーキが回生ブレーキのため、ブレーキをあまり使用せずブレーキパッドの負担が少なくなり、ブレーキパッド及びブレーキローターの寿命が延びた。
エンジンが7割程しか稼働していないため、エンジンオイルおよびオイルフィルターの交換サイクルが延びたので経済的である。
特に信号待ちの時はオーディオ機器やテレビの音がよく聞こえる。
悪かった点
電子スロットルのため、反応が鈍く、ecoモードは全く使えないし、普通とecoの燃費が変わらないのでecoモードの必要性がない。
またecoモードを使うとスタート時、特にアクセルの反応が無いので、スタートが鈍く後続車の迷惑なるため改善してほしい。
いつも室内が静かなため、特にタイヤのロードノイズが良く聞こえるため、リアのタイヤハウスの廻りを改善してほしい。
コストダウンのため、室内の内装のプラスチックがチャチですぐに傷つく。
シートのホールド性や作りが悪く、長時間の運転で腰が痛くなる。 商用車のシートのはうが優れている。

スポンサードリンク