レクサスCT200hの試乗記

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


レクサスCT200hの試乗記

私が実際にディーラーでレクサスのCT200hを試乗したときの感想をお伝えします。

レクサスCT200hの試乗記

レクサスCT200h(ハイブリッド)

レクサスへCT200hを試乗に行ってきました。
用意された試乗車は「F SPORT」で、スポーティーなグレードです。
専用チューンされた足回りに、17インチのタイヤ&アルミホイールが装備されています。(標準車は15インチ)

まずは車内に乗り込んで、シートのポジションに合わせようとしたら、シートの調整が手動です。
ショールームに展示されていたCT200hが電動だったので「レクサスなんだから、当然電動調整シートだよね。」と思っていたのですが、ショールームに展示されていたのは「version L」で、このグレードのみ「運転席だけ電動調整シート」なのだそうです。

シートポジションを低めにすると、中央の大きめのセンターコンソールのレイアウトから、FR車に乗っているような雰囲気です。
プッシュ式ボタンを押してエンジンを始動して、慣れないシフトレバーを「D」にセレクトして、ゆっくりスタートしました。

乗り心地は「F SPORT」のためか、かなり固めの乗り心地ですが、私にはボディの剛性感があるので、心地よい乗り心地です。
センターコンソールにはドライブモードセレクトスイッチがあり、「ECO」「NORMAL」「SPORT」の3種類のモードから選択できるようになっています。
と言っても、基本的にプリウスと同じエンジンですから、気持ち良いパワー感はありません。

気に入ったのが、「SPORT」モードを選択すると、今までインパネに表示されていた「ハイブリッドシステムインジケーター」が「タコメーター」の表示に変わることです。
「ハイブリッドカー」=「タコメーターが無い」が主流ですが、やはりエンジンがあればタコメーターを見ることができるのは、車好きにとっては嬉しいことだと思います。

後席の居住性は必要最低だし、荷室の広さもプリウスより狭いので、あくまで二人までの利用がメインの車だと思います。
しかし、さすがにレクサスを名乗るだけあって、安全装備をはじめ、快適装備は十分に備えています。
プリウスと比較すると、1.5倍~2倍の価格ですが、プリウスと比較する人はいないでしょうし、あくまでコンパクトでハイブリッドなレクサスだと感じました。

試乗中気になったのが、後部から何か擦れる音が発生していたことです。
試乗車だけの問題だと思いますが、ちょっとだけ「アレ?」って思っちゃいました。

スポンサードリンク