レクサスHS250hの試乗記

ハイブリッドカーの燃費や評価を比較!

人気のハイブリッドカーの燃費や評価を比較、メリットやデメリット値引き情報、お得になる税金や試乗記・チューニングパーツ情報。


レクサスHS250hの試乗記

私が実際にディーラーでレクサスのHS250hを試乗したときの感想をお伝えします。

レクサスHS250hの試乗記

レクサスHS250h(ハイブリッド)

レクサスへHS250hを試乗に行ってきました。
まずは運転席に座り、スタート前にハイブリッドカー独特の儀式の説明を受けます。
シフトレバーの操作はハイブリッドカー独特で、通常のオートマチック車とは異なるので、慣れる必要があります。

まずはスタートして、低速でブレーキを踏んだときに、想像以上の制動力を感じました。
初代プリウスのカックンブレーキ(回生ブレーキ)を少し思い出しましたが、その後の走行では全く気にならなかったので、たまたまそう感じただけかもしれません。

乗り心地は17インチタイヤの標準車でしたが、想像した以上にしっかりとした乗り心地で、フワフワとした乗り心地ではありませんでした。
肝心のパワーに関しては、ゆっくり走行しただけですが、パワー不足の感じもなく、それよりもモーターだけの走行からエンジンが始動する切替えに、全く気が付かなかったことは驚きました。
試乗中に、レクサスHS250hの装備の説明を受けましたが、さすがレクサス!標準で十分以上の装備です。

試乗が終わり後席に座ってみると、後席の床面がフラットなので、足元が広く感じます。
トランクルームも確認しましたが、通常のセダンとして利用するには、十分の容量です。

総合しての感想ですが、欠点が少なく、使いやすいセダンタイプのハイブリッドカーだと感じました。
しかし最近の多くの輸入車では、小排気量のエンジンにターボなどを加えて燃費性能を上げる技術が主流になっています。
エコを目指すのであれば、2400ccではなく2000ccの排気量で同等の性能が実現できなかったのか残念です。

最後に今回の試乗で感動したのは、レクサスのセールスコンサルタントの知識です。
試乗前~試乗後、色々な質問をしましたが、適切で完璧な回答がありました。
通常のトヨタディーラーなどでは「え~と?確か?ちょっと待ってください」等、車のスペックなどは憶えていないことが多いです。
しかし今回説明してくれた方は、もちろんカタログなどを見ることもなく、完璧な説明でした。
車だけでなく、これがレクサスブランドだと感じてしまいました。

スポンサードリンク